太平洋戦争開戦の真実がわかる「英米合作經濟抗戰力調査」がダウンロードできない

いやー、こうしてブログを付けていますと、たまーに「こわーい」ものを感じさせるときがあります。

ええ。

実は、今日、気づきましてね。

何が「こわーい」ことかといえば、実は、昨日、こちらの記事をアップしました。

太平洋戦争が起きた本当の3つの原因【林千勝】

記事は、実は、予約投稿になっているんですね。

が、昨日の記事は、推敲しないまま予約投稿設定をしていたんです^^;

なんか文の構成などが、かなり酷く^^;、あいやーと思って、手直しをしたわけなんです。
 

で、で、で!
修正しているときに、あれ!!?と気づきましてね。

な、なんと!

東京大学所蔵の資料として、PDF公開されていた秋丸機関の報告書「英米合作經濟抗戰力調査」が、ダウンロードできなくなっているんですね!

わを!

(@△@)


 
この資料は、日本が開戦に踏み切った「真実」が書いてあって、林千勝さんが発掘した超弩級お宝資料の一つなんですね。

で、林さんの著書にも、「ネット上にある東大のアーカイブで読むことができる」と載っているんですね。が、それが今では読むことができなくなっています。

どっひゃー

えー、なんですかー、これーーー。

なんか圧力があったんですかね?

 

東大のアーカイブのリンクは、こちらの記事に書いてあります。確かめてみてください。

太平洋戦争が起きた本当の3つの原因【林千勝】

ちなみに、昨日書いた記事は、おおよそ推敲しました。てんでおかしな記事になっていましたのでね^^;

 

しかしまあ、日本が開戦した本当の理由は、今でもタブーなんでしょうね。

ついこの前までは、東大のアーカイブで自由に閲覧できていたわけです。それが今ではシャットアウト。

それだけ、林千勝さんの影響は大きいんでしょうね。

太平洋戦争の真実が、世の中に広まってきているということなんだと思います。

 

で、これを裏付ける「英米合作經濟抗戰力調査」は、マジもんの一級資料ですからね。「英米合作經濟抗戰力調査」を読めば、日本は、

  • フィリピンから西に向かい、イギリスの補給経路を断つ。これにによって戦争に100%勝てる。「陸軍」は「完全勝利プラン」を立案していた。
  • またアジアを植民地から解放できる
  • ただし、アメリカとは戦わない。太平洋にも行かない(太平洋で戦闘をしない)
  • 昭和16年の開戦の決定は、この100%勝利プランに基づく上での判断だった

という緻密な計画を立てていたことがわかりますからね。

 
ちなみに、これは「陸軍」の「秋丸機関」で研究&解析していたわけです。

陸軍です。

「陸軍」が「日本100%完全勝利計画」を綿密に作り上げていたわけですね。

通説とは、真逆。

むしろ、後述するように、「海軍」が暴走したんですね。

海軍の「山本五十六(やまもと-いそろく)」と、「永野修身(ながの-おさみ)」のこの2人が本当の戦犯だったわけです。本来の作戦に無かった真珠湾攻撃をして、日本を敗戦に追い込んだ張本人。


※wikiより引用。山本五十六永野修身

東京裁判で死刑になった「東条英機」は、愛国者だったわけです。本当は無罪。

東条英機は、真珠湾攻撃が起きたことの知らせを受けた時に、想定外の作戦が遂行されたことに愕然とし、「これで日本は負けた(当初の作戦は遂行できなかった)」と、自宅の布団の上で声を上げて号泣したといいます。

東条英機は、心底、日本を愛おしむ愛国の人だったわけですね。

 
学校で教わっているような

・陸軍が暴走した
・勝ち目の無い無謀な戦争を始めた
・日本はアジアに対して侵略戦争をした
・東条英機はA級戦犯者

というのは真っ赤なウソ。
すべて本当に真っ赤なウソ。

 

太平洋戦争が始まった理由は、学校で教わった話しとは全く異なります。

学校で教わったことのほうが「真っ赤な嘘」なわけです。

通説としての「日本開戦」の理由は、戦後のGHQによる「作り話」なんですね。

日本が、二度と欧米に立ち向かわなくするために、日本人を骨抜きにするための占領政策の一つなんです。

その代表的な洗脳こそ、「戦争開戦の理由」なんですね。

本当は、日本は、自衛のために、アジアの植民地解放のために、100%勝つプランも立てた上での開戦だったわけです。

が、お花畑な「山本五十六」と、超売国奴スパイの「永野修身(おさみ)」という極悪エリートによって、日本は原爆は落とされるわの、徹底した破壊を受けることになったわけです。


 

彼らだけではないんですね。

当時は、ロックフェラー財団の息のかかった共産主義者が、近衛政権に入り込み、政権中枢から、日本を破壊。

近衛文麿自身が、日本と天皇制度を破壊しようとしていたという、なんともクレイジー過ぎる時代だったわけですね。

林千勝著「日米戦争を策謀したのは誰だ!」p204より引用

そんな話しは、神谷宗幣さんのCGSでたっぷりと聞くことができます。
⇒神谷宗幣 CGS 林千勝

 

で、ま、そんな話しを、こちらの記事で書いたわけですが、それにしても、東大アーカイブの資料が読めなくなっていたのは、驚きですね。

ちょっと怖いですね。

「英米合作經濟抗戰力調査」を読めば、戦争の真実が、誰の目にもわかるわけです。

が、その一級資料が封印されてしまった。

こわーーですね。。。

「真実に向き合う」というのは、こういうことが時にして起きるんですよね。真実が知れ渡ることによって、都合が悪くなる勢力がいるんです。

 
ま、こうした話しは、林さんが体験した怖い話しからもわかります。たとえば、こちらですね。一橋大学附属図書館で体験し話しです。

【林千勝先生㊹】西安事件の真実!林先生が体験した怖いエピソードも初公開!


しかし、13:30からの話しが興味深いんですね。林さんが高エネルギー状態の神がかり的になって、分厚い本を1時間で覚えてしまったという話しです。また「これが大事だ」という資料がカンでわかるとか。

すごいですね^^

林千勝さんは、何らかの使命を持って生まれてきた感じもしますね。

 
そんな林さんの経歴などは、たとえば、こちらの動画でわかります。

【特別配信!林千勝先生㉜】林先生はナゼ、近現代史研究家の道を歩んだのか?


ちょっと普通ではありませんね^^;

 

こうしたある種の「神がかり的な人」が最近は出てきていますね。

参政党の「神谷宗幣(かみや-そうへい)」さんもそうです。


※写真引用元:神谷 宗幣@参政党

参政党もすごいですね。
ここも「神がかって」います。

参政党のことは、また別の機会に書いてみようと思います。

 

しかし、まあ、ちょっとビックリ。
で、ちょっと怖いですね^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です