気が出るきっけは瞑想と善性だった

気がでるようになったのは瞑想だった

私が気功体質になったのは、気功とかの修行をしたからではなく、瞑想を続けている中で、自然に活性化してきたものです。

ええ、気功とかをやっていたのではなく、自然に気が活性し始めたものです。

最初「これは何なんだ?」と不思議に思ったものです。で、ネットで検索して初めて「気」ということがわかったものです。

意図的に気を活性するのはおすすめではないことを体験的に感じています。自然の摂理の中に、こうした気が活性するメカニズムがあると思っています。

善性を自然に習得する中で気が生じることもある

気が活性するメカニズムは、人が「善性」を体得しようとする、そのプロセスにおいて、副産物のように生じてくるように思います。

善性そのものを会得するというよりも、そういう気持ちのベクトルですね。

気楽な感じで(ここ大切)、ほがらかに、「善性っていいじゃん」みたいな自然な感じでやっていますと、体質もあるかもしれませんが、気が活性するようになります。
副産物ですね。

あと、感受性が強いこともあるかもしれません。
感性と知性をシャープに磨いていこうとするプロセスも大切だと思います。

善性とは?~自然体でありリラックスのニュアンス

で、善性って何?

なーんて言われそうなのですが、あんまりアタマであれこれと考えて定義付けしようとすると、おそらく伸び悩むと思います^^;

善性とは、自然な有り様であって、浄心であって、リラックスでもあって、力んでいない有り様であって、と、いろんな言い方もできると思いますが、この辺りのニュアンスですね。

あんまり思索的になったり、哲学的になったり、あるいはイデオロギー、教義的になりすぎないほうがいいですね。

気が活性すると天候などの影響を受けるときもある

で、時々天気の影響を受けて、腰が痛くなったり、頭が痛くなるなどの不調を訴える人もいますが、もしかすると、「気」と関係しているんじゃないかと思っています。

「もしかして」というのは控え目な言い方なのですが、本音では「関係がある」と確信しています。

こうしたケースも気功体質と言えるかもしれません。
身内に、自分の体の具合で、天気が崩れるのを数日前から予報できる人がいます。
で、よく当たる^^;

こうした感性の向こうに霊感とか霊能といったものがあると感じていますが、これは何もオカルトではなく、合気道や瞑想とも関係しています。

合気道では、植芝盛平が有名かもしれません。
植芝は、40代のときに、突如、クンダリニーが活性し、合気に目覚めています。

しかし、植芝は電磁波体質になってしまい、電線のある所が苦手になり、電車に乗れなかったといいます。
気が活性すると、感受性が強くなるんじゃないかな。

気は気分と関係があり気の停滞も起きえる

「気」は「気分」と関係があります。
「気」が関係する心理状態もありますね。

心理状態のすべてが「気」と関係しているとは思いませんが「気」と関係している心理状態があります。

気の巡りが悪くなる、つまり、気が身体のどこかに停留するような感じになると、気分がすぐれなくなります。

で、気が停留する理由に、運動不足、栄養素不足、考え過ぎ、感情の爆発、心身が気に馴染んでいない(偏差)といったことのほかに、気候、場の雰囲気、存在が発している波動といった外部要因が意外とあったりします。
なので、エソテリックというのが言われ始めるようになったのだと思います。エソテリックは、外部からの悪影響を遮断したりするテクニックが多いですからね。

気の話しはわからない方にはわからない世界

しかし、気がわからない人や、わかりにくい人にしてみれば、この手の話しは、ちんぷんかんぷんだと思います。

といいますか、妄想や、それここ気のせい(思い込み)と思う人が大半以上になると思います。

で、「あんた、おかしいとちゃう?」と思う人が必ず出てきます。

もうね、こういうのは体験済みです^^;
下手に言えば「はあ???(何言ってんの?、アタマ大丈夫?」みたいな目で見られますから^^;

しかし、わかる人にはわかる。
ツーカーでわかります。

なので人を選んで話しをする必要があります。
無闇に言わないほうがいい。

それだけ、現代はロジカル脳や思索脳に偏っていて、またロジカル脳や思索脳が盛んな人には、こうしたエネルギー的な世界は認知できません。

かくいう私も、昔はちんぷんかんぷんというよりも、そういうものもあうかもしれないが私には関係無い、なんて思っていたものです。

なので、気のことは、「わかる人にしかわからない」というのは仕方無いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です