浄化と無我のプロセス~定と念の二つのワンネス

想念。
思い。

一体、これはどこから生じてくるのか?
「私」って?
「思い」は私?
 

想念。
思い。

実は、これが生じる理由は「ありません」。
ただ、わき起こってきているだけです。

「原因」があって「結果」がある。
という法則があるので、原因があるから想念・思いがわきあがるんでしょ?
と言われますが、確かに原因はありますが、原因は、その前の結果でもあります。

想念、思い、思考は連続しています。
連続している流れです。

で、想念、思い、思考は、ただわき起こっています。
マクロの視点からみると、「ただわき起こっている」ように見えます。

厳密にいえば、サンカーラというエネルギー(意識)の中から、
縁(よ)りて起きているといいますね。

しかし、縁(よ)りて起きているといっても、
そこには、自分でコントロールして、
自分の意図通りに思いは生じているとは限らないわけです。

自分が意図して、思いを作っているのは、限られた場合なわけですね。
ほとんどは「雑念」として、ただわき起こってきています。
 

で、その雑念が生じてくる潜在意識・深層意識(サンカーラ)が、
穢れていると、ネガティブな雑念がわき上がる傾向になるわけです。

反対に、潜在意識・深層意識(サンカーラ)がポジティブだと、
ポジティブだったり、楽しいことがわきあがりやすくなるわけです。

あるいは、潜在意識・深層意識(サンカーラ)がクリーンになってくると、
あんまり雑念とかもわかなってきます。

なので、潜在意識・深層意識(サンカーラ)を浄化していくことも
実際は必要になってくるわけですね。

潜在意識・深層意識(サンカーラ)から生じる思いは、
ただ単に「縁(よ)りて起きて」います。
コントロールはできません。
で、これを「雑念」と言っているわけですね。
 

で、問題になってくるのは2つあるわけです。

1.潜在意識・深層意識(サンカーラ)が穢れ・よどみ・不浄であると、
  普段から気分が優れず、憂鬱、ネガティブ、マイナス思考になりやすい。

2.「縁(よ)りて起こる」想念・思い・思考を自分と思い込み、振り回される。

この2つ。

だから、

1.穢れ・よどみ・不浄を浄める「浄化のプロセス」
2.想念・思い・思考を自分と思い込むことから離れる「無我のプロセス」。

の両方のアプローチが必要になるわけです。
 

しかし、伝統的な修行方法においては、
無我になる方法は数多く説かれていますが
浄化が弱かったり、曖昧です。

が、こもやむを得ません。
1000年前から2500年前に作られた方法論です。
昔は、現代ほど複雑な心になることもなく、シンプルだったでしょう。
昔は、心の浄化を、それほど強調しなくてもよく、
体育会系の縛り式(べからず戒行)でも充分効果があったのだと思います。

ところが現代は、そうでではありません。
複雑に絡み合い、エテールレベルやアストラルレベルまでよどみ、
精神的におかしくなってしまっている人も出てきています。

現代においては、浄化のウェイトがものすごく高まっています。
浄化無くしてはダメ。

ところが、その浄化の仕方が難しかったりします。
効果の高い方法がわかりにくかったりします。

浄化の王道は、善行、積徳、心の高揚(天晴れ)、
穢れを払うなどの長年にわたって実践する方法になります。

しかし、裏技的な方法もあります。
それが、天啓気療によるヒーリングや、
神棚で神さまの浄化パワーと加護を願うとかの方法です。
OSHOのダイナミック・メディテーションもそうでしょう。

浄化の方法には、いくつもありますが、
そうした浄化の方法が必要なわけですね。
現代においては欠かせません。
といいますか、浄化だけに絞って行う必要もあるくらいです。
 

で、想念・思い・思考を自分と思い込むことから離れる「無我のプロセス」
として、二つの方法が提唱されていますね。
それが

定・・・宇宙意識と完全に一体になる
念・・・五感を通して入ってくる情報と完全に一体になる。

どちらも一境性(ワンネス)です。
ワンネスには2種類あるってことです。
宇宙意識とワンネスになるのか、
外界のものとワンネスになるのか。
この二つ。

ブッダは、この2つの両方を推奨された。
宇宙意識・真我と完全に一体になる、溶け込む道。
見る、聴く、味わう、感じるものすべてと一体化する道。

二つのワンネス。

実は、そういうことだったりします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です