リスト「ラ・カンパネラ(鐘)」の本質はテクノ・ミュージック

リストの作品は、難しい曲が多いと言われています。
リスト自身、巨大な手を持った人だったようです。
その身体能力の優位性を駆使して、作曲もしたんじゃないかとも思います。

とはいっても、パガニーニの超絶バイオリン演奏を聴いて、大感激。
それで超難しいピアノ曲に取りかかるようになったとか。

その第一弾が、有名な「鐘(ラ・カンパネラ)」。
オクターブを越えるピコピコサウンドを奏でる超絶技巧でも有名な曲ですね。

ラ・カンパネラ パガニーニによる超絶技巧練習曲集 第3番 / 横山幸雄

これですね。
どこかで必ず、一度は聞いたことのある名曲だと思います。

鐘(ラ・カンパネラ)」は現代のピコピコ・テクノと同じ

ですが、「鐘(ラ・カンパネラ)」は、今で言う、テクノに似ていますね。
ピコピコ言わせています。
これ、今でいうところのシーケンスフレーズです。

Giorgio Moroder/E=MC2

ネバーエンディング・ストーリー テーマ曲

こういった作品ですね。
ピコピコと16分音符のフレーズが鳴り響きます。

昔はコンピューターがありませんでした。
なので、「人力テクノ」をやるしか無かったのですね。

しかし、リストの「ラ・カンパネラ」のコンセプトは、テクノサウンドと、そう変わりがありません。
リストが現代に生きていたなら、間違い無く、テクノをやっていると思います。

リストはイケメンで女性にモテた~今でいうジャニーズ系?

ところで、リスト。
正式には「フランツ・リスト」。
ハンガリー人です。

当時、大変モテたようです。
女性ファンが、すんごく多かったといいます。

確かに、肖像画を見ると「イケメン」ですね。
「きゃーリスト様」って黄色い声がこだましたかどうかは知りませんが、とにかく、大モテだったようです。

顔立ちを見ても、今でいうところの「アイドル」でしょう。
昔のジャニーズのような存在だったのかもしれません。

リストもご多分に漏れず、音楽家に多い、浮き世を流した人だったようです。
あれま。

そういえば昔から音楽家には、女性関係でスッタモンダする人も多かったりします。
が、若かりし頃に異性関係でスッタモンダが多すぎますと、大抵は晩年がよろしくありませんが。
リストは、晩年、虚血性心疾患・慢性気管支炎・鬱病・白内障に冒されたといいますが、さていかに。

「鐘」はパガニーニによる超絶技巧練習曲集にインスパイアされた

とまあ、アイドルタレントなリスト。
パガニーニの超絶技巧曲に刺激を受けて、早速、「鐘」を作ったといいます。

なので、「パガニーニによる超絶技巧練習曲集」といった具合に、
パガニーニの冠を曲名に付けてもいます。

「ラ・カンパネラ」はリストを代表する曲でもありますね。

ラ・カンパネラは手が大きくないと演奏が難しい

この曲は、オクターブ演奏の「離れ技」が妙になりますので、手が大きくないと、弾くのが難しいとか。

この点、西洋人は、身体が大きいですので、手も大きかったりします。
西洋人の女性も華麗に弾いています。
たぶん、フンフンと鼻歌交じりで、あらよっと簡単に弾いているのかもしれません。

しかし、手が小さいモンゴリアンになりますと、ラ・カンパネラは、演奏がちょっと苦しくなるといいます。
ですが、盲目の天才の辻井伸行さんにかかれば、難曲もイージーにすら映ります。

THE BEST(含:ラ・カンパネラ)/辻井伸行

辻井伸行さんは、素晴らしい才能の持ち主ですね。
目が見えなくても、鍵盤の位置が感覚で分かるようです。
身体感覚と能力が卓越しているんでしょうね。

ラ・カンパネラの「かね」は「鐘」だがマネーとしての「金」の曲もある

ちなみに、「ラ・カンパネラ」とは「鐘」のことですね。
ゴーンとなる鐘。
マネーとしての「カネ」ではありません。

ちなみに、「マネー」としての「カネ」は、フライングリザーズが、
昔、テクノポップとして発表しています。

The Flying Lizards / Money

I want money
That’s what I want

と、「カネが欲しい、欲しいのはカネ」と歌い続けるアレなものです^^;
グローバリズムへの恨み節として、もっとストレートに歌ってもいいんじゃないんですかね^^;

とまあ、難曲の一つ、リストの「ラ・カンパネラ(カネ)」でした。