インド占星術のダシャーシステムの神秘~ダシャーが変わればその人自身が変わる

インド占星術には、ダシャーシステムという
運期を推し測る優れた技術があったりします。

ヴィムショタリ・ダシャー、チャラ・ダシャー、ヨーギニ・ダシャーなど
実は複数の方法があったりします。

中でもヴィムショタリ・ダシャーは、
その的中率と精度の高さで知られています。

ヴィムショタリ・ダシャーは、
・マハーダシャー・・・120年周期の運勢
・アンタラダシャー・・・マハーダシャーを9サイクルに小分割した運勢
・プラティヤンタラダシャーアンタラダシャーを9サイクルに小分割した運勢
という三段階になっているのが一般的です。

またネイタルの月が座している星座のナクシャトラの支配星が
ダシャーの始まり(の惑星)になります。

で、ダシャーは、インド占星術で使用する9つの惑星に、
それぞれ惑星周期(運勢期間)があてがわれています。
マハーダシャーの場合は、

・太陽期・・・6年間
・月期・・・10年間
・火星期・・・7年間
・ラーフ期・・・18年間
・木星期・・・16年間
・土星期・・・19年間
・水星期・・・17年間
・ケートゥ期・・・7年間
・金星期・・・20年間

という惑星周期になっています。
9つの惑星周期を合計すると120年になります。
つまり、マハーダシャーは120年周期に巡回しています。

人間の寿命は80才~90才ですので、
一生涯に全てのマハーダシャーが巡ることは、まずありません。

で、ダシャー(運勢)の中でも、大事なにはこの「マハーダシャー」です。
 

不思議なことに、ダシャーが変わると、
その人の考え、雰囲気、環境、人間関係なども変化していくようになります。
だからこそ運勢も変わってしまうわけですね。

インド占星術では、それぞれのダシャーは、
それぞれの複数の過去世が表出する時期ともいっています。
輪廻転生を前提にしています。

ダシャーが変われば「その人自身が変わってしまう」というのは、
過去世のカルマがダシャーになってあらわれるという意味です。

人は、その生涯の中で、いくつかの過去世の業を顕現するというのが、
インド占星術の考え方だったりします。

ちなみに
太陽期は父性的、
月期は女性的、
火星期は攻撃的、
ラーフ期は波乱、
木星期は保守温和的、
土星期は修行的、
水星期は知的、
金星期は享楽的、
といった言い方もできると思います。

ダシャーが変われば、人が変わってしまうというのは、
数多くの事例があります。
本当に多い。

ある時期から、だんだんと変わっていくようになる。
考えや性格が変わってしまう。
環境も変わってしまう。
人間関係も。
一言でいえば雰囲気か変わってしまいます。

それが、よい変化になるのか悪い変化になるのかは、
ダシャーの質次第です。

バイロンの「朝起きたら 有名になっていた」というのは、
ダシャーのエネルギーの中では起きえています。

しかし、あえてダシャーとか言わなくても、
ある時期から、「なんとなく自分が変わった」という節目があることを、
ほとんどの人が体感していたりもします。
で、これとダシャーの節目が重なっていることが多かったりします。

で、ダシャーのことを知っていると、人が変化したり、変節する姿や、
人間関係の質が変わったことから、ダシャーが切り替わったことや、
そのダシャーの質を、ある程度、推測することもできます。
無常そのものです。

帰納的に、インド占星術をはじめ、
いくつかの占術は、何故か的中します。

宇宙の深淵なる法則に基づいているような気がしますね。
不思議なものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です