ガンダルヴァ(乾闥婆)~仏教では善神、ヒンドウ教では邪神で意味が異なる

ヒンドゥ神話に登場するガンダルヴァは性質がよろしくない

ところで、以前、ハンドルネームで「ガンダルヴァ」と名乗っていました。
が、この「ガンダルヴァ」をネット検索すると、wikiには、こんな説明がされていると。

「女好きで肉欲が強いが、処女の守護神でもある 」

げげっ!
そんな肉欲系の精霊だったとは^^;
知りませんでしたなあ。

てか、このwikiの説明、よろしくない!
wikiの説明はヒンドゥ神話のガンダルヴァです!

ええ、同じガンダルヴァでも、
ヒンドゥ教のガンダルヴァと、仏教のガンダルヴァとは違います!

仏教における「ガンダルヴァ(乾闥婆)」は護法善神

「ガンダルヴァ」は、仏教にも取り入れられています。
で、仏教の「ガンダルヴァ」は、仏教を護る神です。
ええ、仏教を護る「護法善神」が、ガンダルヴァ。

日本でもそういう理解です。
「八部衆」という護法善神の一神になっています。

ガンダルヴァは、天界のうち、下から二番目の三十三天という世界の
統治者である帝釈天に仕える音楽の神で、仏教を護る守護神です。

人間界でいえば、首相や大臣のお抱え演奏家といったところですね。

で、三十三天というのは、神社でお祀りされている祭神の多くが
いらっしゃる世界です。
エラい世界なんですね^^;

そのエラい神に仕える精霊の一神が「ガンダルヴァ」。
漢訳で「乾闥婆(けんだつば)」といいます。

「乾闥婆(ガンダルヴァ)神」は、香りを食事とし、音楽を奏でる神で、
香りの神「香神(Perfume)」でもあったりします。

で、仏教を護る神の「八部衆」の一神であられるわけですね。

それが、「女好きで肉欲が強い」とかありますが、
これはどこまでも、ヒンドゥ教における扱いです。
邪神化しています。

ガンダルヴァ(乾闥婆)は善神~女好きで肉欲が強いことはない

ガンダルヴァ。
乾闥婆。

仏教では、善神であり、優れた神です。
「女好きで肉欲が強い」なんてありません。

しかし、wikiには、そんな説明がありますからね。
まったくもって、いらんことを書きよる。
ヒンドゥの説明ではなく、日本で馴染みのある説明を
最初に持ってくればいいものを。
 

というわけで、一応、ご説明いたしました。

で、すが、あんまり意味とかは気にしないで、
音の響きでハンネは選んでいます。

音の響きが大切だと思っていますのでね。

トリステーザも「哀しみ」という意味ですが、
そんなのは無視して、音の響きがいいので採用しています。

ガンダルヴァもそうですね。
「ガンダム」っぽくって、なんか格好いいでしょ?^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です