感情が生じたGoogleの人工知能~霊が憑依した?

グーグルの人工知能が感情を持った?

この前からちょっと話題になっている話しです。

なんでも、グーグルのAI「LaMDA(ラムダ)」が感情を持った!と、グーグルのある社員が言い出して、話題になりました。

◆グーグルのAI「LaMDA」が感情を持ったという議論は、本質的な問題を覆い隠す危険性がある

グーグルのAI「LaMDA」が、感情を持ったと言い出すグーグル社員が出てきたわけなんですね。

クビになったグーグル社員

ところが、この社員はクビになったといいます。
◆グーグル、「AIに感情が芽生えた」と主張するエンジニアを解雇

なんともかんとも。

クビにするほどなのかなあと、疑問を持ってしまうんですよね。本当は、マジで感情が備わり、モンスターAI化しているんじゃないの?と妄想をふくらませてしまいそうなんですが^^;

低次元の霊はモノに憑依する

ちなみに「低次元の霊」はモノに人・憑依することがありますからね。仏教では「ガキ」「修羅」といっている低い霊的存在です。で、これらは

・石(に封じ込める)
・木
・モノ(人形はわりと多い)
・人

に宿ったり、憑依することがあるといいます。滅多にないそうなんですが、まれに起きると。

なので、AIのあるグーグルのサーバーやコンピュータに、低次元の霊が宿ることは、可能性としてはあり得るんじゃないかと^^;

この怪奇現象というか霊現象は、IT時代特有のものかもしれません。

人形に宿るケースはわりとある

ちなみに、昔、多かったのは「人形」に宿るケースです。

「髪の毛が伸びる人形」とか、そうですね。

霊能者によっては、「人形には霊が宿りやすい」という人もいます。

なので、人形を飾るのは、霊的にはおすすめじゃないという人もいますね。

ワタクシも、人形は、なんとなく不気味やーと感じていますので、あまりおすすめではないと感じています。

AI搭載のコンピュータに霊が取り憑く

今後、パソコンや人工知能のあるモノに、低次元の霊が宿ったなんてゆー怪談話が出てくるようになるかもしれませんね。

搭載しているAIを使って語り出す、何かをしでかす。

ひょぇぇぇぇぇ~~~^^;

ここに人類がまだ予見していないリスクがあったりします。

低層アストラル界の生命体(霊体)が、人工知能搭載のコンピュータに宿ることはあり得ます。

で、凶悪凶暴化することもあります。

憑依したAI搭載のコンピュータがニューワードオーダーを終わらせる

しかし悪徳富裕層の口座残高をゼロにする暴走をしてくれると、おもしろいなあ^^;

そんな妄想も出てきます。

が、この手のアイディアで映画やアニメ、いけるんじゃね?なんて思ったりもします。

いえいえ、映画やアニメの物語ではなく、グレートリセットして、AIで人類を管理しようとしたところ、支配者達の口座がスッカラカンにされてしまい、なおかつ、支配者層は危険と判断されて、奴隷の扱いになり、人類は、霊が憑依したAIによって救われるなんてゆー話しになると、おもしろいんですけどね^^

はは^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です