ジョルジオ・モロダーはテクノポップを完成させ世界に広めた功労者

テクノポップは、クラフトワークとかが代表とされています。
ですが、私としてはジョルジオ・モロダー(Giorgio Moroder)を挙げたいですね。

なぜかといいますと、ジョルジオ・モロダーは、
ポップスとしての音楽性も優れていると思うからですね。

ジョルジオ・モロダーは、YMOにも影響を与えていますが、
当時はヒット曲プロデューサーでもありました。
 

たとえな有名な「ザナドウ」。
1980年に発表されたオリビア・ニュートンジョンの代表作です。
世界的にヒットした曲ですね。

今聞いてもいいですね。
元気が出てきます。
これをプロデュースしたのがジョルジオ・モロダーです。
彼はポップスとしてのセンスは抜群でしょう。
 

ちなみにドナサマー(DONNA SUMMER)も手がけています。
1977年の「I feel love」ですね。

こちらはテクノそのものです。
ピコピコしています^^;
90年代からのダンスミュージックとそう変わりありません。
 

で、このピコピコとしたフレーズが、70年代以降、ミュージックシーンを席巻します。
日本では歌謡曲にも使われていきます。
先駆けは、山口百恵あたりだったと思います。

この手のピコピコは、ドイツのタンジェリン・ドリームのプログレにも
通じるものがありますが、どこかユーモラスでありながら美しく聞かせるのは、
ジョルジオ・モロダーが元祖ではないかと思います。

ジョルジオ・モロダーは、テクノをポップスに見事に昇華させた第一人者ですね。
ちなみに彼はアインシュタインの特殊相対性理論をモチーフにした音楽も作っています。
それが「E=Mc2」ですね。

E=Mc2という、特殊相対性理論を題材にした曲です。
ユーモアがありますね。
ユーモラスたっぷりなジョルジオ・モロダーだからこそ、
テクノ自体が、面白さがあるのかもしれませんね。