オスカー・ピーターソン「WAVE」〜クラウスオガーマンのアレンジが冴え渡る

ストリングスの美しい名曲。
今日は、隠れた名曲をご紹介。

ジャズピアニストでは有名なオスカーピーターソンが奏でる「WAVE」。

YouTube

Oscar Peterson Wave

で検索してみてください^^;
 

うーん、わんだほー。
編曲は、いつもの如くになりますが、アレンジの魔術師・クラウス・オガーマン。

オガーマンは弦の達人ともいうべきストリングスの使い方が上手です。

オスカーピーターソンのWAVEでも、見事に綺麗なフレーズを乗せています。

中でも、3分54秒あたりから始まるところは、まさに「オガーマン・マジック」。

ホルン系の音を静かに流しながら、徐々にストリングスの音色が聞こえてきて盛り上がっていきます。

これと比例して、オスカーピータソンのアドリブも冴え渡ります。

ピアノの「オスカー・ピータソン」ですが、スタンダードなジャズ演奏が特徴です。

懲りすぎて、可聴が不可能なジャズよりも、オスカー・ピータソンのような、自然さが残っているジャズがいいですね。

素直に「音楽」として楽しめます。

ちなみに「WAVE」は、ボサノバの巨匠、アントニオカルロスジョビンの曲ですね。言わずと知れた、名曲です。

このオスカー・ピータソンの「WAVE」は、「Motions And Emotions」に収録されています。

素晴らしいアルバムです。

曲名 ”Wave
演奏 Oscar Peterson
作曲 Antonio Carlos Jobim
編曲 Claus Ogerman

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です