中山七里は40代後半の遅咲きデビューの作家

中山七里は40代後半の遅咲きデビューの作家

「さよならドビュッシー」の原作者「中山七里(なかやましちり)」さん。

なんとなく気になりましたので、調べてみますと、
なんと、48歳でデビューという、遅咲きの方ではありませんか!
wikiにもあります。⇒中山七里

1961年、岐阜県の呉服屋の家に生まれる。
幼稚園に入る前からどこでも常に本を読むような子供で、保育園の保母さんにも「本を書く人になりたい」と言っていた。

1970年代半ば、映画『犬神家の一族』を観て横溝正史と江戸川乱歩にはまり、江戸川乱歩賞を知って受賞作を読みつくす。

そして自分でも書いてみようかと思い立ち、高校時代から創作を始める。
大学時代、「謝罪」というタイトルで東大の安田講堂の落城の話を書き、江戸川乱歩賞に応募したところ予選を通過した。
その後も小説新人賞などに投稿していたが、就職とともに創作から一旦離れる。

2006年、大阪単身赴任時にファンだった島田荘司の『UFO大通り』のサイン会に行って初めて生で小説家を見て、「今小説を書かなければ、もう一生書かないに違いない」と思い立ち、難波の電気屋でノートパソコンを買い求め、20年ぶりに執筆を開始した。

この時に書いたのが『魔女は甦る』であり、このミステリーがすごい!大賞に応募したところ、最終審査まで残るも落選。しかし2009年、『さよならドビュッシー』で第8回このミステリーがすごい!大賞を受賞し、48歳での小説家デビューとなった。

受賞作のほかに「災厄の季節」(のちに『連続殺人鬼カエル男』として刊行)も同賞初のダブルノミネートし、話題となった。

ペンネームは本人の故郷にも程近い岐阜県下呂市にある渓谷・中山七里(飛騨木曽川国定公園)にちなんでつけられた。

なんとも泣けてくる経歴ですなあ。
中山七里さん。

名前も故郷の飛騨木曽川の「中山七里」から採用していると。
自然をも愛する方なのかもしれません。
「粋」を感じさせますなあ。

中山七里さんがハマった映画「犬神家の一族」は大野雄二さんの音楽が秀逸

それにしても「映画『犬神家の一族』を観て横溝正史と江戸川乱歩にはまり」
というのは、よくわかります。

私もこの映画は好きです。
しかも、この映画がきっかけで、ミステリー小説にハマったこともあるくらいです。
中山七里さんと、なんか似ている^^;

「犬神家の一族」は傑作映画です。
ええ、音楽もよかった。
いや、音楽がよく、この音楽で作品が引き立ったと思いますね。
音楽は大野雄二。

どこか切なく、悲しみを帯ながらも叙情性が強く、
鮮やかで美しい旋律が印象的な名曲です。

「大野マジック」とでもいうべき、フルートが奏でる旋律とトリル。
そして豊饒なストリングスのアンサンブルが印象的です。
聞く者を切なくも耽美的な感動に誘います。

大野雄二さんは、昭和50年代、テレビや映画で
音楽を手がけています。

有名なのはルパン三世の「カリオストロの城」での音楽。
大野節が炸裂しています。

この「炎のたからもの」は、歌が入っています。
この歌はちょっとイマイチに感じるため、
本当はインスト版がいいんですけどね。

中山七里さんは音楽好き?

中山七里さんの作品タイトルを見ていると、
どうも音楽好きのようです。

作品名のほとんどが「ピアノ曲」「音楽」ですので。
ざっと上げてみますと、

さよならドビュッシー

さよならドビュッシー 前奏曲(プレリュード)

おやすみラフマニノフ

いつまでもショパン

追憶の夜想曲

贖罪の奏鳴曲

ご覧の通りです。
こんなに音楽関係、しかもピアノ曲を題材にした
ミステリー小説を書いていたんですね。

いやあ、調べるまでは知りませんでしたなあ。
まさかこんなに多くの音楽関連のミステリーを手がけていたとは。

「のだめカンタービレ」とゆードラマがあったことは知っていましたが、
中山七里さんのことは、華麗にスルーをしていました。

中山七里さんは印象派が好きなのでは?

中山七里さんは、映画「犬神家の一族」にハマったといいますいので、
おそらく大野雄二さんの音楽にも惚れ込んだと思いますね。

とゆーか「犬神家の一族」の映画以前に、
大野雄二さんの音楽に惹かれたのではないかと。
そんなことを思ったりもします。

というのも大野雄二さんが好みなら、
ドビュッシーが好みになるのもうなずけるからです。
どちらも印象派。
受賞作&デビュー作も「さよならドビュッシー」ですし。

印象派が好きな方は、物事を映像・ビジュアルで脳内に描く傾向もあります。
ですので、中山七里さんの創作も、おそらく、ビジュアライズするやり方であろうと。
映像が先にあって、それを言語化・文章化するやり方であろうと。
そう推理します。

で、中山七里さんのことを調べていきますと、
インタビュー記事に「映画を想定して作品を作った」とあるではありませんか。

中山七里さん『映画を作るつもりで、この本を書きました』
https://ebookstore.sony.jp/stc/article/campaign/434/

ああ、やっぱり。
脳内に映像を描くタイプなのでしょう。

うーん、なんだか親近感をおぼえます。
それと「48歳でデビュー」というのがいいです。
いや、ホント。

2006年の45歳のときに島田荘司に会って、
「今、小説を書かなければ!」との思いに駆り立てられて、
ノートパソコンを買って、そうして執筆活動。

で、受賞と。
受賞作が「さよならドビュッシー」。

なんかいいですなあ。

幼少期おける衝動や願望はその人の一生の指針となる

人は、幼少の頃に、この現世の生涯において、
自分がどの方向に行くのかを漠然と感じています。
言語化できない状態なのですが、漠然と感じています。

しかし社会生活に馴染み始めると、
様々なルールや社会常識、価値観の中に入り込むことで、
「自分がやりたいこと」がわからなくなってしまうことがあります。

ですが、心の奥にはその衝動を宿しています。
たとえ抑え込んだとしても。

中山七里さんは、45歳で、その衝動と向き合い、挑戦。
家庭を持ち、奥さんと二人の娘を持つ父親。

それでも執筆活動の再開です。
幼少期からの「本を書く人になりたい」という衝動に駆られて。
そうして衝動を形にしています。

素晴らしいですなあ。
人生のターニングポイントを感じて、怖れず、ひるまず、果敢に挑戦。
生き方として、いいですなあ。
共感共鳴します。

それにしても、幼少期おける衝動や願望は、その人の一生を形作る。
たとえ、それが世に認められるものでなくても、理解されにくいものであっても、
その人の指向性は、幼少期において表れています。

中山七里さんのエピソードを知って、改めて、そう思います。
そして、幼少期の衝動は、誰もが形にしたほうがいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です