ピコピコサウンドこそ元祖テクノ~Roland MC-8 MicroComposerを駆使したジョルジオ・モロダーやYMO

さて、PerfumeとYMOからの続きです。

PerfumeにYMOの再来を見たわけですが、
このYMO、今でも素晴らしいと思うくらい、ハイクオリティなことをやっています。

しかし、当時の新しい音楽やテクノロジーが使われていました。
それを「和製」化したともいえます。
たとえば初期に作られたファイアークラッカー

この曲は、ピコピコと鳴っている16分音符のシーケンスフレーズがあります。
が、これは当時、「MC−8」という音楽専用のコンピュータが開発され、
このマシーンで自動演奏されているフレーズになります。

「シーケンサー」というコンピュータです。
ちなみに日本のローランドが開発しました。

元祖打ち込み!これがテクノの源流 MC-8 だ!

このコンピュータが演奏する16分音符のアルペジオがピコピコと鳴っていることから
「ピコピコサウンド」と言われるようになります。

これが元祖テクノです。
当時、テクノといえば、このピコピコと鳴るサウンドが定番でした。
 

しかしこのピコピコサウンドは、YMOがオリジナルではありません。
欧米ではすでに奏でられていました。
そして欧米にテクノのルーツがあります。

YMOの場合、アメリカで著名だったジョルジオ・モロダーの影響を強く受けています。
たとえば「Baby Blue」。

似ているんですね。
ジョルジオ・モロダーもYMOとほぼ同じ時期です。
音楽も、シーケンスフレーズが鳴り響いてピコピコしています。
ジョルジオ・モロダーもMC−8というシーケンサーを使って、ピコピコとやっています。

ジョルジオ・モロダーはテクノポップを完成させ世界に広めた功労者

ジョルジオ・モロダーの楽曲は、当時のアメリカンポップの醍醐味がよく出ています。
「分数コード」の使用です。
つまりテンションノートを使用したコードですね。
当時はベースとアッパーコードを綺麗に分離する形で使っていました。

たとえばC ⇒ F ⇒ F/onG といった進行です。
最後のGのコードを分数コード「F/onG」とするのがミソです。
Fのコードを押さえてルートはGをベースにするコードです。
ひねりを加えた偽終止のような形になります。
こうすると浮遊感が出てきます。
綺麗に解決しないため「んん?」と感じるのですが、これが浮遊感をかもし出します。

分数コードは、アメリカのポップス、日本のニューミュージックのシーンでも多用されていました。
松任谷由実や小田和正のオフコースといった音楽では随所で使用され、独特の深みを出しています。

ちなみにこの形をおもいっきり崩したのがYMOです。
アッパーコードの中にもテンションを入れて
「不協和音」にしながらも聴かせてしまうという荒技を繰り出します。

ちなみに中田ヤスタカもYMO的なコードの使い方をしています。
前衛的なサウンドを作るのですが、一歩間違えれば、とんでもない音楽にしてしまうため、
高い音楽センスが要求されます。
 

話しを戻して、70年代の終わりから増速してきた
このピコピコサウンドが、ウィルスのように世界中に広がっていきます。
そして猫も杓子もテクノポップ。ピコピコとやり始めます。

現在でこそ音楽理論は分かりやすくなっていますが、
当時はYMOサウンドの仕組みを解明できていないプロも多かった感じです。
ジャズをやっている人なら簡単なことですが、
ポップス畑の人にはYMOは難解な音楽だったようです。

そのためYMO的な音楽を模倣するのも上手く出来ず、
中途半端な模倣も多かったのも事実です。
真似ができないと諦めて、ビジュアル系に特化していったミュージシャンもいます。

Jポップの台頭もこの後くらいからの80年代の終わりから90年代に入ってからでした。
高度な音楽性よりも、オシャレで分かりやすく、「売れる音楽」へシフトしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です