原油先物がマイナス価格になった理由

WTI原油先物がマイナス価格になった理由

4月20日、ニューヨーク・マーカンタイル取引所の
WTI原油先物がマイナス価格になりました。

ちなみにWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)とは、
アメリカの西テキサス地方で産出される原油をのことをいいます。
WTIはニューヨークマーカンタイル取引所(NYMEX)で取引をしています。

で、WTI原油先物がマイナス価格となったといっても、
5月の先物価格がマイナスです。
マイナス37ドル
史上初、先物価格がマイナス価格になったといいます。

ちなみに5月だけがマイナス。
6月は下落気味ですが、マイナスになっていません。

では、何故5月の原油価格がマイナスになったのでしょうか?
その理由は、
1.原油の需要が減っている
2.原油価格そのものが3月6日以降下落している
3.アメリカでは原油の保管場所が一杯で無い
4.WTの原油はタンカーで横付けのできないオクラホマ州
この4つであるといわれています。

原油の需要が減っている

まず原油の需要がそのものが減ってきています。
これは新型コロナウイウルスの影響です。

新型コロナウイウルスの感染拡大を減らすために、
アメリカでもロックダウンを行っています。

そのため経済活動そのものが低迷。
したがって原油の需要が減ってきています。
これは原油の価格が暴落する要因です。

原油価格そのものが3月6日以降下落している

そもそも2020年3月6日以降、原油価格が下落しています。
2020年3月6日のOPECプラスで、コロナの影響を見据えて、
石油生産国で協調減産の要請をしています。

ところがロシアサウジアラビアが反対。
両国は増産体制に。
このため原油価格が下落しています。

この時にすかさず、アメリカの原油先物取引「WTI先物」も暴落。
1バレル60ドルが30ドルに下落しています。

ですので、WTI原油先物価格が暴落する予兆は、
既に3月時点であったというわけですね。

アメリカでは原油の保管場所が一杯で無い

で、原油価格が下落している中、
原油そのものの需要が減ってきていることは、先述の通りです。

原油の需要が減ってくると、原油が余ります。
余剰。
しかし余った原油の保管に困ることになります。

実際、アメリカでは原油の保管場所が一杯で、もうありません。
アメリカでは原油の貯蔵タンクが一杯になってきています。

WTの原油はタンカーで横付けのできないオクラホマ州

あと、これも原油の保管とも関係しますが、
WTIという原油は、オクラホマ州で受け取ります。
ここはアメリカのど真ん中です。
内陸地。

内陸地だと、タンカーで原油を受け取ることができません。
直接、オクラホマ州へ行って原油を受け取るしかありません。

しかし原油の量が膨大です。
何千何万バレルがあります。
仮にタンクローリーを使っても輸送コストがかかる。

WTI原油はリスクなので売り払ってでも手放したい

以上の複数の理由から、5月のWTI原油先物が
マイナス価格になったといわれています。

3月上旬から原油価格は下落傾向なことに加えて、
原油をタンカーに配送することもできず、
オクラホマ州という地の利の悪さがたたって、
WTI原油そのものを保有することがリスクになったというわけですね。

こうした状況では原油の保有そのものがリスクです。
なので先物で購入することは避けたいわけですね。
お金を払ってでも(売却してでも)原油を誰かに渡したいわけです。

それでマイナス価格になったわけですね。
売ってでも原油を手放したい。
輸送コストをかけるよりも、売り払ったほうがトク。
損切りです。

先物取引ととは何か?

ところで「先物取引」とは何でしょうか?
「先物取引」とは、将来、購入できる権利を買うことをいいます。
将来、商品を購入するための契約ですね。

購入する日を決めて、いくらの金額で購入するのかを決めて取引すること。
これが「先物取引」です。
先物取引は、あずき、小麦、原油などが対象になっています。

本来の先物取引

先物取引といえば投機目的に思われていますが、
本来の先物取引は、そうではありません。
原材料を入手するための「リスクヘッジ」になります。

たとえば1年後に100リットルの石油を入手できる権利を、
前もって購入するわけです。
こうすると1年後、確実に石油を購入できます。

将来、もし価格が高騰して購入しにくくなるかもしれません。
こうした価格の高騰を見越して、先に購入の契約をする。
これが本来の先物取引です。
リスクヘッジ。

投機目的としての先物取引

しかし先物取引は投機目的にもなっています。
原油は要らないけれども「価格が上がりそうだから」
という投機目的で先物取引に参入する人がいます。

本当に欲しい人にとっては先物取引はおすすめです。
投機目的は、リスクがありますのでおすすめできません。
投機目的はリスクが大きいからです。
価格が上がるが下がるかは、実際のところわかりません。

本当にあずきなり小麦、原油を必要としている人が行うのが先物ですね。
利ざや目当てでの先物取引はリスクの大きい投機になります。

WTIのマイナス価格は続くか?

WTIの原油は需要が無くなってきています。
今回は取引の期限が4/21。
売買の期限。

で、先述の通りで、5月に原油を受け取っても保管ができません。
そもそも保管料が高額。
保管できる場所もない。
原油そのものが売れない。

なので売りたい人が殺到した。
みんなが一斉に投げ売りした。
投げ売りで暴落してしまった。
手放したいのでマイナス価格になった。

今の状況は、石油を貯蔵できる設備があれば、タダで原油が手に入ります。
ところが、これができる人はいません。

今のところ6月の原油はマイナスになっていません。
ただし6月の原油は16ドルに下落しています。
7月はまだ下がっていない。
5月の原油だけがマイナスになっています。

けれども現在の原油の情勢を踏まえると、
マイナス価格になることは、しばらく続くようにも思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です