国債発行の仕組み【三橋貴明】政府は無担保で国債を発行できる

国債発行の仕組み~政府は無担保で国債を発行できる

国債発行の仕組みが随分と間違って理解されています。結論を先にいえば「政府は無担保で国債を発行できる」ということですね。このことは経済評論家の三橋貴明さんも説明しています。

三橋TV第224回【我々の生存ための必須知識「国債という貨幣」の真実】

こちらの動画は、要点を押さえて説明しています。
国債は、担保無しで発行できます。
インフレにならない限り、発行が可能です。

つまり「国の供給能力が担保」ともいえます。
国の総需要量が、国の供給能力を上回らない限り、
国債を発行し続けることができます。

なぜならインフレとは、総需要量が供給能力を上回る現象のことだからです。
総需要量>供給能力
なのでインフレにならない限り、国債を発行し続けることができます。

実際の国債発行の仕組み

では、実際に国債はどのように発行されているのでしょうか。このことも三橋貴明さんが、わかりやすく説明しています。結論を先にいえば、この図が国債発行の仕組みです。


※画像引用元:財政・国債の「天動説」を撲滅せよ | 三橋貴明オフィシャルブログ

具体的な解説は、こちらの三橋さんの動画で大変くわしく解説しています。

【三橋貴明×山本太郎】Part1 絶対にTVでカットされる国債の真実

要するに、日本政府が「国債」を発行すると、企業や個人の「銀行預金」が増えるということです。

つまり、国債を発行すれば、国の借金が増えるのではなく、国の資産が増えるというのが真実です。

商品貨幣論と信用貨幣論

ところで貨幣には2つの考え方があります。
それは「商品貨幣論」「信用貨幣論」です。

商品貨幣論

商品貨幣論とは、
・貨幣は金貨銀貨
・お金の量は一定(有限である)
・貨幣はプールされる
・商品貨幣論は間違った貨幣観

信用貨幣論

信用貨幣論とは、
・貨幣は「貸し借りの記録」(担保があれば発行できる)
・お金の量は一定ではない(無限である)
・貨幣はプールされない
・商品貨幣論は正しい貨幣観(現実の貨幣を説明できる)

間違った貨幣観が国債発行の理解を誤らせる

このように貨幣観には2つあります。
しかし、貨幣は「金貨銀貨である」「有限である」「プールされる」とする考えは昔から根強くあります。
これを「商品貨幣論」といっています。
間違った貨幣観です。

貨幣は「商品貨幣」ではありません。
「貨幣はプールされる」ものではありません。
有限ではない。

貨幣は「貸し借りの記録」です。
信用貨幣です。
日銀、市中銀行は貨幣を作ることができます。
だから信用創造(マネー・クリエーション)というわけですね。

なので「国債発行を発行したら税金を取って返す必要がある」というのは間違い。
この考えこそ、貨幣を有限とする商品貨幣論に基づく考えです。
間違った貨幣論。
金貨銀貨の発想。

実際は、国債は税金で返す必要はありません。
日銀が市中銀行から買い取れば、それでおしまい。
なぜなら政府と日銀は、連結会社のような親子だからです。相殺されます。

お金に関しては、こうした事実があります。
以下に上記動画の要点をまとめてみます。

新型コロナウイルス緊急経済対策でも財政規律を通すのは危険

新型コロナウイルス緊急経済対策。
この政策の冒頭に「財政規律」という文言がある。

驚くことに、この期に及んでも「財政規律(プライマリーバランス)」を維持しようとしている。

何故、自民党上層部、閣僚は、ここまで財政規律にこだわるのか。財政規律は、財務省のレトリックに過ぎない。

もしも財政規律に従って、財政出動を渋っていれば大変なことになる。ゴールドマンサックスのGDP予想はマイナス25%。50兆、100兆円が飛ぶ。

失業者、倒産、餓死者、自殺者も出る。
こうした状況でも財政規律は異常。
危険。

貨幣観の間違いが経済政策を誤らせる

何故、新型コロナウイルス緊急経済対策が、こんなにも間違っているのか。
それは貨幣観に間違いがあるから。

貨幣は信用貨幣。
貸し借りの記録。
これを「信用貨幣論」という。
MMT(現代貨幣理論)は、貨幣が信用貨幣であることを明らかにしている。

多くの政治家、学者、国民は「商品貨幣論」に陥っている。
商品貨幣とは、お金の量は一定とする考え。
お金は有限とする考え。
金貨銀貨の考え。
お金をプールだと思っている。

金本位制は間違った貨幣観

第二次世界大戦後までは金本位制だった。
金がなければ貨幣を発行できなかった。
政府がお金を発行する際、金が担保になっていた。

が、金本位制こそ商品貨幣論。
間違った貨幣観だった。

しかし金本位制は根強かった。
世界大恐慌のときでも、金本位制を止めなかった。

世界大恐慌のときは、政府が国債を発行する際、
アメリカ人が保有している金を集めた。
で、紙幣を発行した。

ところが金には限りがあった。
だから途中から金を無視してドルを発行し始めた。

ところが、それがバレた。
金の裏付けがなく、ドルを発行していた。

なので金本位制を止めた。
これが「ニクソンショック」。

しかし貨幣を理解していないと、金本位制のように間違える。貨幣は有限とするから、金本位制のような考えが出てくる。

紙幣は、金の担保が無くても発行できる。
問題はない。
なぜならお金は「貸し借りの記録」だから。
中央銀行は、国債を担保に紙幣を発行することができる。市中銀行は、貸付金を担保に銀行預金を発行することができる。

個人でも担保があれば貨幣発行ができる

貨幣発行は担保があれば誰でもできる。
個人でもできる。
小切手がそう。

お金は貸し借りの記録。
債務債権の関係。
発行の際、担保が必要。

小切手発行の際の担保は、その人の銀行預金。

市中銀行も貨幣発行ができる

小切手と同じで、銀行も貨幣発行ができる。
銀行は「銀行預金」というお金を発行できる。
銀行預金は、利用者にお金を貸すことで発行できる。

ちなみに「現金紙幣」「日銀当座預金」と同じ。
現金紙幣は、国債の売買によって、日銀より発行される。

銀行預金を発行する際の担保は、貸付金(日銀当座預金)。
で、このことを「信用創造」と言っている。
「マネー・クリエーション」が本来の言葉。

日本では何故か「信用創造」と訳されている。
本当は「貨幣創出」のこと。
市中銀行がお金を発行する。

銀行はお金を作ることができる。
これは陰謀論でも何でもない。
当たり前のこと。

ちなみにFRBは通貨発行権を持っているのは陰謀だ~という話しは、
誤った貨幣論に基づいた話し。
まさに陰謀論。

貨幣発行は担保があれば誰でもできる

結局、貨幣発行は、担保があれば誰でもできるということ。
個人であろうが、市中銀行であろうが、日銀であろうが、担保があれば貨幣を発行することができる。

個人が、小切手を発行する際、担保は銀行預金

銀行が、銀行預金を発行する際、担保は現金紙幣(貸付金):日銀当座預金

日銀が、日銀当座預金(現金紙幣)を発行する際、担保は国債

政府は無担保で国債を発行できる

ところが政府が、国債を発行する際に、担保は要らない。政府は、無担保で国債を発行できる。

政府は、唯一、担保無しで通貨を発行できる権限がある。これが通貨発行権

国債発行の際の担保は、なにも無い。
しかし日本の供給能力が担保(制約)に。
つまり日本の生産力。
日本の生産力が実質、国債発行の担保。

国債発行の担保は、日本の生産力。
つまり日本国民が担保。

日本政府は、担保無しで国債を発行している。
日本政府は、ゼロから国債を発行できる。
現金紙幣を発行できる。

インフレにならない限り、
日本政府は無担保でいくらでも国債(お金)を発行できる。

間違った商品貨幣論から正しい信用貨幣論へシフト!

「国債発行しないと、税金でまかなわなければならない」というありがちな考えは、まさに「商品貨幣論」に基づく発想。「お金はプール」「有限」とする金貨銀貨の発想。

お金は貸し借りの記録。
担保があれば誰でも発行できるもの。

個人は、銀行預金を担保に。
銀行は、日銀当座預金の現金を担保に。
日銀は、国債を担保に。
政府は、無担保(国の供給能力を担保)に。

誰もがお金を発行できる。
だからお金は有限ではない。
無限に発行できる。
インフレにならない限り。

お金を有限と思わせているのは、現金紙幣の存在。
現金紙幣は、日銀当座預金が、その正体。
銀行は、日銀当座預金からATMで引き出す感覚で現金を得る。
現金発行。

これが事実。
で、これらのお金の創造を「信用貨幣論」という。

今は所得の補填のために
国債を発行する必要がある。

で、国債を発行しても金利は上がらない。
実際、2008年リーマンショックのとき35兆円の財政赤字を発行。
「金利が上がる」「インフレ率は上がる」と騒がれた。
しかし実際は金利は下がっていった。
インフレ率も下がっていった。


※画像引用元:財務省のPB・緊縮の欺瞞を打破せよ! | 三橋貴明オフィシャルブログ

すべて嘘。
多少国債を発行しても金利は上がらない。
インフレにもならない。
財政破綻もしない。
財政破綻論を潰して、正しい貨幣論を周知させる。

今や従来の政治家の考えを変えるか、
真っ当な考えを持った政治家に変えるしかない。
でなければ日本は亡国になる。
凋落してしまう。

貨幣論を改めることが大切。
お金は「信用貨幣」。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です