Roland MC−8~元祖DTMな音楽専用コンピュータのマイクロコンポーザー

Roland MC−8は日本のローランドが1977年に開発した、
世界初の音楽専用の自動演奏コンピュータですね。
マイクロコンポーザーという代物です。

ちなみにローランドは画期的な電子楽器を数多く出しています。
MC−8はその一つです。

MC−8シーケーンサーには、音符を数値データに置き直して入力し、
自動演奏をさせています。

当時、最もよく使われたのが、
16分音符が奏でる複雑なアルペジオ演奏です。

この16分音符は、ピコピコと鳴ることから、
それで「ピコピコサウンド」と言われるようにもなったものです。

で、この「ピコピコサウンド」が元祖テクノです。
当時、テクノといえば、このピコピコと鳴るサウンドが定番でした。
MC−8はこの時代、大活躍します。

MC−8の実際の使い方などの操作については、
ありがたいことに、今ではYouTubeにいくつか動画も上がっています。

MC-8 Programming

こちらの動画は、安西さんによる解説動画ですね。
MC−8の実際の使い方を解説されています。
 

Roland MC-8 MicroComposer Unboxing & Demo

こちらは、倉庫に眠っていたMC−8でしょうか。
外観が新品そのもの。
レアなMC−8です。
 

MC−8は世界初の音楽専用コンピューターといったところです。
音程、音の長さを全て数値化して、一音づつデータ入力していくという
事務作業が必要な代物だったりします^^; 

この頃から、音楽データを作る専門職として
「マニュピュレーター」というのも出てきました。

松武秀樹さんは、シーケンサー打ち込みの仕事を「マニュピュレーター」として、
新ジャンルの仕事を開拓した一人だったりします。

それにしても当時は、あこがれのMC−8といった感じです。
なんたって、価格がたしか120万円でしたから(たしか)。

120万円のシーケンサーなど、今では考えられませんね。
今では、スマホでもできる時代です^^;

お金のない学生は、自作したり改造したりして、
なんとか先端の楽器もどきを手に入れようとしたものです。

Roland MC−8は、当時は、こんなにも高かった。
当時は、頂点の電子楽器の一つでしたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です