陰気が嫌われる理由は穢れ・ネガティブ・不浄だから

陰気が嫌われる理由は穢れ・ネガティブ・不浄の状態だから

陰気は改めたほうがいいですね。
陰気は嫌われるからです。

何故、陰気が嫌われるかといえば生命力を奪うからです。
生命力は陽気です。

明朗、明るさ、楽しい、快適、ハッピー、オープンといった状態は、
生命力が活性している状態です。

反対に陰気は、暗い、収縮、重たい、苦しい、不幸、閉鎖的といった状態で、
生命力が萎えていく状態です。

なので人は本能的に陰気を嫌い、遠ざけようとします。
だから陰気な感じは改めたほうがいいんですね。

改善の仕方は、後述しますが、
そのそも陰気が嫌われる理由は、
陰気とは、その本質が穢れ・ネガティブ・不浄だからですね。

ちょっとショッキングかもしれませんが、
そういうことだったりします。
でも陰気は、ほとんどが改善できます。

仏魔天狗界という陰の気の強い世界

ところで久しぶりに霊学の世界に戻っています。
江戸時代の末期から明治にかけて登場した
宮地水位が著した「異境備忘録」は興味深いんですね。
⇒異境備忘録

異境備忘録/幽界物語

異境備忘録では日本の霊界のことを述べています。
で、仏教者は下層の魔界にいるといいます。
その世界は「仏魔天狗界」

仏魔という「天狗界」です。
なーんていーますか、妙に納得してしまいます。
いえいえ決して茶化しているわけではないんですが
とても納得します。

日本の仏教は陰の気が強い

といいますのも日本の仏教って、
・陰気
・重たい
・暗い
の三拍子がそろっているとしか思えないからです。

お寺にいっても重々しい。
てか、陰気ですね。

その陰気さは「伝統の重み」という言い方もされるかもしれません。
が、いやあ、やっぱり重たくて陰気です。
決して悪口ではないのですが。

陰気は穢れ・悪業となる

結局「陰」であることは、どういう理由であろうと「穢れ」になります。
「悪業」にもなっていくんですね。

って、これはかなり手厳しいかもしれません。
ショッキングに聞こえる人もいるかもしれません。
が、事実ですね。

「陰気」は、それ自体が咎(とが)になります。
人から煙たがれもします。
敬遠されます。

これってまさに「穢れ」です。

陰気は問題を引き起こす

で、陰の気は何かと問題を引き起こします。

宮地水位の「異境備忘録」には興味深いことが述べられています。
悪魔・魔とは「天地開闢の際に生じた陰の気が堆積した存在」であると。
こう説明しています。

ええ。
「陰の気」が悪魔・魔性になるわけです。

ネガティブさは「魔」ということですね。

陽気を発動することがおすすめ

なので常に「陽気」を発動して、
陽気を養うことが勧められるわけなんです。

古来より、陽気が大事であることが言われています。
このことは霊界の様では、はっきりしてくるわけです。

で、陽気を養うこと自体が「禊(みそ)ぎ」にもなるわけです。
「天晴れ」になるわけですね。
⇒天晴れ

「ポジティブシンキング」もそうです。
これは陽気を養う現代版の修養です。

と、こう書きますとショックを受ける人も出てくるかもしれませんが、
霊学的に見ますとこのようになります。

霊学・神道・仏教・道教・自己啓発のすべてには共通したものがあります。
それは「陽気が善」ということです。

適度の明るさ・楽しさ・快適さが善・徳になる

ただし興奮して大騒ぎをするのは「陽気過剰」です。
陽気過剰は「陰」と同じになります。
「過ぎたるは及ばざるがごとし」の通りです。
極陽は反転して極陰になります。
こうした違いはちゃんと見抜いていく必要がありますね。

本当の陽気は「それ」「徳」に開けることで生じてくる明るさ・楽しさ・快適さですね。
静かで明るいエネルギーです。

それを
・仏教・・・心の浄らかさ ⇔ 心が不浄
・神道・・・天晴れ、祓(はら)い ⇔ 穢(けが)れ、魔
・道教・・・陽気 ⇔ 陰気
・自己啓発・・・ポジティブ ⇔ ネガティブ

と言っています。
心の浄らかさ、天晴れ、陽気、ポジティブは全部同じことです。

それぞれにおいて切り口や表現を変えて言っているわけですね。
大本は同じエネルギーです。
徳・源泉・宇宙意識・真我のエネルギーです。

いろんな世界で言われていることは、
全部つながっているわけなんです。
同じ事を別の表現で言っているんですね。

陽気・ポジティブ・天晴れ・心の浄らかさを身につける方法

では、陰気を改める方法、
ひいては陽気・、ポジティブ・天晴れ・心の浄らかさを身につけるには
どうすればいいのでしょうか。

それはシンプルです。
ポイントは
1.認知行動療法
2.マインドフルネス
3.ポジティブシンキング
の3つになります。
中でも認知行動療法マインドフルネスは効果があります。

行動療法、瞑想(マインドフルネス)を行っていくと認知が変わります。
認知とは、自分が受ける様々なことに対して思いを抱くことをいいます。

陰気な人の場合は、とかくネガティブ、否定的に受け止めます。
こうした受け止め方(認知)が陰気を増長していきます。

ですのでまずネガティブ、否定的な認知を
「あるがまま」にしていくようにします。

無理にポジティブになろうとしないで「あるがまま」
というのが大事な点です。

「あるがまま」にしていくことで、
自ずとナチュラルなポジティブが生じてくるようになります。

認知行動療法やマインドフルネスがすごいのは、
無理にポジティブにしなくても、
結果的にネガティブにならなくなるってことなんですね。
ここがすごいところです。

もっともダイレクトにポジティブシンキングをする
古典的なやり方もあって、これも効果があります。

陰気を改善する裏技

あと、これら認知行動療法を行っても効果が無かったり、
手っ取り早く陰気を改善したい方には裏技があります。
それは、
1.ヒーリング(天啓気療)こちら⇒
2.浄霊(秋月せいらさん)こちら⇒
です。

眉唾に思われかもしれませんが人によって効果が著しく出てきます。
陰気には意外と邪気や霊が関わっている場合があります。

邪気が蓄積している場合は天啓気療のヒーリングがおすすめです。
餓鬼などの霊が関わっている場合は秋月せいらさんの浄霊がおすすめです。

お二人とも信頼できる方ですので、
気になる方を受けてみることをおすすめいたします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です