人類滅亡の期限は2031年だった:奇跡のリンゴの木村秋則さん

木村秋則さんが語る人類滅亡の期限

「奇跡のリンゴ」で知られている木村秋則さん。グレイ型宇宙人に遭遇していることでも有名ですね。グレイ型宇宙人のUFOにも搭乗しています。

で、木村秋則さん。グレイのUFOに乗船したときに、地球が滅びるまでのカレンダーを見せられたといいます。「人類滅亡の期限」です。これまた有名な話しです。

この話しは木村さんの「奇跡のリンゴ」に載っています。木村さんは人類滅亡の期限を教わったといいます。

で、人類滅亡の期限は意外と短いと語っています。

が、その人類滅亡のX(エックス)デーは公開していませんでした。人類が滅亡するエックスデイがいつなのかはずっと謎でした。

人類滅亡の期限は2031年だった

ところが、そのエックスデーがついにわかったといいます。こちらの動画で、それを聞き出した人が言っています^^

地球カレンダーの残りの枚数 温暖化の本当の原因:秘密喫茶 居皆亭(いるみなてい)vol.33 ~ 高野誠鮮 × 三上丈晴 ~ 1/6

なんと人類滅亡の時期は2031年だといいます。

2031年。

本当に2031年に人類滅亡は滅亡?

しかし、これはどうなんでしょうかね?2031年に人類が滅亡する時期というのはどうなのでしょうか?

ちょっと胡散臭いといいますか。そもそも、この手の不安めいた「予言」を出すこと自体が胡散臭いんですね。率直に言えばいかがわしいです。信用できません。

もし2031年が「滅亡」というのなら、それは人類の滅亡ではないでしょう。今までの社会の有り様が終わって、新しい文明がスタートするという意味でしょう。

解決策を提示しない予言は信用に値しない

そもそも、こうした不安を煽る情報そのものが眉唾なんです。

で、もし木村さんが宇宙人から教わったというならば、それは幻覚であり半ば夢も混じっているんじゃないでしょうかね。サイキック次元特有の妄想です。この可能性があります。

で、もし本当だとするならな、その宇宙人は邪悪でしょう。性悪。よく言えばイタズラ好き。修羅のような性格です。

そもそも論になりますが、解決策を提示しないのは、やっぱり「おかしい」んですね。子どもも悪ふざけのようなものです。

で、これを宇宙人が示したとするならば、そんな宇宙人は質の悪い邪霊と同じですよね。不安だけを残すことになるからです。人を不安にさせておきて解決を提示しないのは性悪といっていいでしょう。

実際、グレイ宇宙人には邪悪な宇宙人がいるといいます。木村さんが遭遇したのも邪悪な宇宙人かもしれませんね。

なので、こんな情報など信じないほうがいいですね、信用に値しません。

そもそも不安を煽る人騒がせな情報です。まともに相手をする必要はありません。こんな情報を真に受けるほうがどうかしています^^;

奇跡のリンゴの木村秋則さん宇宙人に遭遇

で、最初に書いた通りですが「奇跡のリンゴ」の木村秋則さんは宇宙人に遭遇しています。

先述の通りで、このことは木村さんご自身が著書に書いています。

木村さんは何度かUFOを目撃したり、宇宙人と遭遇しています。グレイタイプの宇宙人ですけどね。グレイ。レプテリアンとかドラゴニアンと同類な邪悪なのがいると言われているグレイです。

そんな宇宙人と遭遇している木村さんは、家の上空をUFOが回っていたり、道ばたでグレイ型宇宙人に遭遇したり、グレイ型宇宙人が家に入ってきたりしているといいます。

あと宇宙人に連れ去られてUFOに乗船したり。人体実験みたいなこともされたみたいですね。グレイと縁があるんでしょうね。

神秘体験もしている木村秋則さん

あと木村さんは龍神を目撃しています。不思議な体験をいくつもしています。龍神目撃体験そのものは「ホンモノ」だと思います。

一部、解釈が「ちょっと違うかな」というのはあります。ですが体験していることは事実ですね。

体験したことを「どう解釈するか」が、実は大切になってきます。

でも木村秋則さんの不思議体験の数々はホンモノでしょう。解釈が微妙なところもありますが。

人間型宇宙人がもたらす情報おすすめ

それにしてもグレイタイプの宇宙人は、ちょっと苦手ですね^^; で、グレイ型宇宙人がもたらす情報もなんだかなといった感じを受けます。グレイに代表されるペル型宇宙人は生理的にダメです。キモい。

私は基本的にスルーですね。

宇宙人情報は、エル型のヒューマノイド型の宇宙人の情報に耳を傾けています。金星人、シリウス系、カシオペア系などの人間型宇宙人がもたらす情報に重きを置いています。

ですので木村さん情報はほとんどスルーです。この2031年人類滅亡説は、まったく信用していません。妄想か、邪悪な存在がもたらすガセ情報だと思っています。

2030年グレート・リセット

追記。
この記事は、2020年に書いていますが、そういえば2030年は「グレート・リセット」の年といわれていますよね。

「グレート・リセット」は、2021年の今年のダボス会議でも話題になったテーマです。

「グレート・リセット」は最近、注目されているキーワードです。ダボス会議の会長であるクラウス・シュワブ氏は、2020年に「グレート・リセット」という本も出しています。

グレート・リセットは、ネットで検索してもわかりますが、要するに、今まで続いてきた資本主義がリセットされて、新しい時代にシフトすることですね。

端的にいえば、2030年のグレート・リセットによって、
・格差(貧富の差)が解消
・デジタル技術による全世界の人々を一元管理
・CO2削減などによる地球規模の環境改善

が実現するといいます。というか「実現する」という強い意志ですね。

しかし実質「デジタル社会主義・共産社会」の実現です。

つまり、人類が滅亡する2031年の前年の2030年には、世界はこうした「デジタル共産社会になる」ということです。これがグレート・リセット。

木村さんが宇宙人から教わったという「2031年人類滅亡」。その前年に、世界は共産社会になるというわけですね。てか、国際金融資本の連中が、強引にでも世界を共産社会、ワンワールドにしてしまおうということなんでしょう。

が、グレート・リセットと、2031年人類滅亡説。なーんか裏にあるなーと思えてきますね。予定調和的に進めようとしている邪悪な存在がいるってことじゃないんですかね。

しかし、こうした邪悪な動きに対して、ホワイトな存在も多くいることも事実です。2031年滅亡説は眉唾といいますか、一つの計画じゃないんですかね。

いろいろと見えてくるよ思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です