ニコラ・テスラのフリーエネルギー発電機の作り方

ニコラ・テスラのフリーエネルギー発電機の作り方

これは面白い動画です。

ニコラ・テスラのフリーエネルギー発電機の作り方

フリーエネルギーといいますか、
大気中から電気を取り出す方法です。

ニコラテスラが発見した方法といいます。
これのやり方を動画で解説。

日本国内でも電気の取り出しに成功した人もいるとか。

「でんぱつ君」でフリーエネルギー発電
http://ameblo.jp/atom-green-0201/entry-11493905206.html

詳細はわかりませんが、
こうした技術が実用化できるといいですね。

エネルギーを、各家庭で取り出すことができるようになれば、今ある各種の社会的問題の多くは解決できます。

フリーエネルギー発電機の回路図

ニコラテスラの方法といわれる、この発電装置の作り方は、動画や上記のブログに回路図もありますね。

パーツは、

・ゲルマニウムダイオード(1N34)4個
・100UF50V電解コンデンサ2個
・0.2UF50Vセラミックコンデンサ2個

これを用意して組み立てればOKのようです。

ちなみに部品はこちらで調達することができます。
◆秋月電子通商 – 電子部品・半導体 【通販・販売】
http://akizukidenshi.com/catalog/default.aspx
◆RSオンライン
http://jp.rs-online.com/web/
パーツショップからネット通販で入手できますね。

フリーエネルギー発電機に必要な部品

ちなみに、この「ニコラ・テスラのフリーエネルギー発電機」に必要なパーツは次の通りです。

ゲルマニウムダイオード(1N60) 4個
100μF 50V 電解コンデンサ 2個
0.22μF 50Vセラミックコンデンサ 2個

ダイオードIN34がありません。
ですがIN60でも代替できます。
ほぼ全て通販でそろいますね。

パーツは、このようにして組み合わせます。

ニコラ・テスラのフリーエネルギー発電機は鉱石ラジオ?

しかし、「ニコラ・テスラのフリーエネルギー発電機」と言うのは、厳密にはフリーエネルギーではないでしょう。
鉱石ラジオの技術を活かした方法のような気もします。

フリーエネルギーといえば、そうなのかもしれませんが、大気中の電波を拾って増幅し、電力化していると思います。
空気中に電波が飛んでいないと、発電できませんし。
電波に依存していますので、果たしてフリーエネルギーと言えるかどうか。

どうなのでしょうかね。
本当にニコラ・テスラのフリーエネルギー発電機なのでしょうか。
よく分かりませんが。

フリーエネルギーは本当にあるのか?

ちなみにフリーエネルギー。
何らかの電源なりを使わずに、それ自体で動き続ける永久機関でもありますね。
Yo

uTubeにも「フリーエネルギー」の動画がたくさんあります。海外に多いですね。YouTubeにもたくさんあります。

「free energy」で検索するとたくさんできてきます。
https://www.youtube.com/results?search_query=free+energy+

しかしながらYouTubeにある動画のフリーエネルギーは、その多くは「フェイク」のようですね。ニセモノ。

本当のフリーエネルギーは、YouTubeには上がってないのでしょうか。もしかする、ホンモノもあるかもしれません。

実は既に開発されているフリーエネルギーの噂

ところでフリーエネルギーには、昔からきな臭い話しが結構あります。ま、陰謀論の世界では、よく言われていることですが。

実はすでにフリーエネルギーは何種類も開発されているといいます。

しかしエネルギー利権の関係から、フリーエネルギーを公開しようとすると、潰される、消されるという話しが、昔からあります。

で、もしもこれが本当なら、トランプ大統領が健在の今の時代こそ、ディープステート(深層国家)の暴露とともに、木っ端微塵に粉砕していただいて、フリーエネルギーを世の中に公表していただきたいものです^^

でもディープステートも、ロスチャイルド勢力の一翼であって、実はディープステート云々は、仲間内の勢力争いという話しもありますね。

しかしフリーエネルギーには、早く世に出て欲しい、そんな期待もありますね。それだけ社会を真に平和に導くインパクトがあります。

フリーエネルギーがもし世の中に広まり浸透すれば世界は変わります。社会基盤(インフラ)も檄変わります。
なんか楽しみですね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です