悟りとは?悟りを開いた人50人に聞く

悟りとは?悟りを開いた人50人に聞く

これは驚きですね。
ものすごく興味深い記事です。

悟りを開いた人50人にインタビューした調査結果です。「悟りとは何か?」がわかる記事です。
⇒「悟りってどんな状態?」悟った50人に詳しく聞いてみた

こちらの記事でまとまっている通りですね。悟りに興味関心のある方にはおすすめのコンテンツです。

ちなみに、この手のリサーチ(科学的なリサーチ)には、エリコ・ロウさんが翻訳した「悟り」はあなたの脳をどのように変えるのかというのもあります。

が、こちらのサイトのは、「悟りの状態」にフォーカスしてあり、しかもポイントが押さえてあります。

またわかりやすい。
素晴らしい記事です。
以下、まとめてみました。

なお、この記事の最後にある「PNSEには誰でも入れる」という箇所は間違った見解です。ここはマーティン博士と記者の見解です。悟り・覚醒体験者の見解ではありません。

この箇所は別ですね。
誤解されやすいと思います。

けれども悟り・覚醒体験者の調査・統計そのものは信用できるのではないかと思います。

悟り・覚醒体験者50人にインタビュー

カリフォルニア?のマーティン博士という人が「悟っている」「覚醒している」と言われる人を12年間で2500人以上にコンタクトしたそうです。
さらに500人と連絡を取り、そのうち50人を選別してインタビューしています。

・50人は全員白人(おそらくアメリカ人ではないかと思います)。
・男性78%。女性22%。
・平均年齢53歳。
・悟り・覚醒を初めて体験した平均年齢は41歳。
・瞑想実践者86%。瞑想をしたことがない14%。

悟り・覚醒の進み方の傾向

悟り・覚醒の進み方の傾向としては、

・通常の意識からだんだんと変化していく。
・最終段階では自我の意識がなくなる。
・雑念や感情、自己効力感が消える方向に進んでいく。

自己効力感とは「人生をコントロールできる」と感じる思い。一般的に自己効力感が高いほど幸福感を味わいやすいといいます。

けれども悟り・覚醒の最終段階になると、自己効力感が消える。そうなると「人生はただ目の前を流れていくだけ」という思いとなって、コントロールする思いがなくなるといいます。

これは興味深いですね。
最終フェーズでいわゆる本当の意味の「あるがまま」が生じるということなのでしょうね。

「悟り・覚醒」に共通した体験

「悟り・覚醒」で最も共通した体験

・自我の感覚に変化が起きる。
・拡張する自我(本当の自分感)、消滅する自我(エゴ)感
・通常の意識で感じる「自分」とは「全く異なる自分」を感じる。
・「自分」という感覚が「広い空間いっぱいに拡大した」。
・「神との一体化」「イエスとの一体化」「精霊との一体化」の感覚。
・「自分」が自分の身体だけに収まっているのではなく、より大きな存在であるとい感覚。

これは一瞥体験が起きたときの感覚ですね。仏教で言うところの有身見が消滅(空を如実に体験)することになります。

ただし「拡張する自我」という感覚には

1.変性意識・・・通常の意識が広がり神秘体験をする
2.空体験・・・異次元的な空、無、広がりを感じる

の2種類があります。
変性意識体験は単なる体験で、体験の後には変容も起きず、何も残りません。文字では伝えきれないニュアンスですが、この両者は決定的に異なりますね。

自我の認識の変化

この自我の認識の変化について

・突然訪れた・・・70%
・数日間から数ヶ月間かけて段階的に訪れた・・・30%
・宗教を持たない人は、突然の自我の認識の変化に戸惑う。
・何かの精神病にかかったのではないかと勘違いする。

一瞥体験は爆発的に空間大に広がったり、無我を感じたり、流れを感じますが、中には時間をかけて認識の変化が起きることが、この調査からわかります。

悟り・覚醒の段階によって自我の感覚は異なる

悟り・覚醒の段階によって自我の感覚は異なる。

◎初期の段階
・自我は拡張した感じ
・あらゆるものに繋がっている感覚。

◎途中の段階
・自我は残っていて、時々自我に引き戻される。

◎最終段階
・自我という感覚は完全に消滅。

「空(広がる意識)」と「個我(エゴ)」が混在する状態が続き、次第に個我感が減っていくようになります。

思考や感情の変化について

思考や感情の変化について

・思考は減少し、消滅していく。
・ネガティブな感情も減少していく。
・最終段階では一切の感情を感じなくなる。
・その直前は、非常に強い「思いやり」「喜び」「愛情」が渾然一体とした感情になる(四無量心)
・これが強い幸福感となる。
・特にいいことがなくても幸福に満たされる。
・「悟っている」「覚醒している」と言われる人たちの中には、こうした幸福感を持っている人が多い。

これもよく言われることですね。思考は減少し、最終的には無くなるといいます。

またネガティブな感情は減り、その代わりに、理由の無い幸福感が生じるようになります。

仏教でいう「四無量心」です。
これに満たされるようになります。

しかし最終フェーズになると、こうの幸福感も消えて「ただある」となるようです。

認知の変化

認知にも変化が起きます。

・「今」への集中が強くなる。
・今、目の前に起きていることを深く味わおうとする。
・3次元のものが2次元に見え、世界が止まったように感じる
・初期段階では、過去や未来の思考に引きずり込まれる。

物事が「二次元的な写真」に見えるというのは実際にあります。で、この事実を知りませんと、視覚に異常を来したのかと思います。

何故、二次元的に見えるようになるかといえば、集中力が高まるからです。「今」への集中が強くなると、距離感が薄らぎ、時に消えます。そうなると見ているものが平面的に感じられるようになります。

自動車の運転に集中すると、この現象が起きることがあります。あまり集中モードにならないようにするなどの配慮も必要になります。

外部刺激に対する心の反応の変化

外部刺激に対する心の反応の変化。

・過去の記憶に興味がなくなる。
・他人の過去にも興味がなくなる。
・記憶そのものが薄れてしまう場合もあるとか。

こういうのもあります。
記憶が薄れてしまうというのは、人によりけりかもしれません。けれども自分や他人の過去のことは気にならなくなります。

世界観の変化

世界観にも変化が生じる。

◎キリスト教徒
・初期の段階・・・「神、イエス、精霊」という世界観で、この信念が強まる。
・最後の段階・・・別の信念に移行する。

◎宗教を持たないスピリチュアル系の人
・最初の段階・・・「すべてとつながったエネルギー」「意識」という表現を取る。
そういった信念を持つ。
・段階が進むにつれ・・・別の信念に移行する。

◎別の信念とは?
別の信念とは、どういうものなのだろうか。

論文では「自分の経験の真実に、より確信を持つようになる」「神」や「仏」「意識」「大いなるもの」などといった外部のものではなく、自分自身がそうしたものと融合してしまい、「神」や「仏」「意識」「おおいなるもの」という認識がなくなる、というような感覚なのかもしれない。

とありますが、「別の表現」というのは、自らの体感に基づく表現を取ることだと思います。

自分の感覚、体感に基づいた表現を取るようになります。おそらくこのことを、ここでは言っているのではないかと思います。

まとめ

ここで紹介されているリサーチ結果は信憑性が高いですね。大変納得します。

それにしても、アメリカですら500人とか2500人とか、かなりの数の人が悟り・覚醒体験をしていることがわかります。

中には勘違いも混ざっていると思いますが、この体験者の多さに、大変驚きます。

日本とは違って、オープン・公開しやすい環境なのかもしれませんね。日本の場合は、なかなか面倒なことが起きやすい傾向です。

特に仏教の文脈になると、いろいろと試されたりして、試練やら、いじめみたいな仕打ちを受けるケースもあります。

実際、詳細なことを語って、禅関係者から猛攻撃を受けて、消えてしまった人もいます。

魔界めいた人達がいるのも悟り・覚醒の界隈です。アメリカと違って、日本はまだオープンにしにくい環境のような気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です