映画「モテキ」は長澤まさみよりも森山未來

「モテキ」をツタヤから借りて見ました。

2011年に話題になった映画でしたね。
ですが、「まあ、恋愛ものなんか、いちゃついた軽薄なものだし、若い人向けでしょう」と思い、全く関心はなかったです。

ですが、ツタヤに行くと、ランキング1位になっていたり。
で、どういうものかを思い、試しに見てみました。

サブカルなノリが多い映画「モテキ」

そもそも「モテキ」ってどういう意味なのか。
「汽笛(きてき)」とか「夷狄(いてき)」と関係する言葉かと思い、「もしかすると純文学的な要素があるのかも」などと勝手に思い込みレンタル。

テレビはサッパリ見ませんが、映画は見ます。
映画は、CMは無いですし。
早送りもできます。

で、「モテキ」。
冒頭からエロ路線。
「ええ?下品な映画なのかなあ」と思い、「借りて失敗したかなあ」と思ったものです。

ちょっと家族一緒に見る類ではありませんね。
エロで下品です。

しかし、所々、サブカルなノリが出てきます。
といいますか、この映画、サブカルチャーな作りです。
これが、予想外に面白かった。

特に主人公役の森山未來。
彼が面白かった。

モテキは、森山未來があってこその映画でしょう。

他の誰かがやったら、たぶんつまらない、単なる下品な作品に終わったと思います。

自然体の演技が板に付いている森山未來がすごい

森山未來は、すごい。
この人、いい役者です。

演技が自然で、嫌味がなく、フツーに演じているのがすごい。
どこまでが地で、どこまでが演技なのか、その境界が分かりにくい。

森山未來は逸材かもしれない、
そういう感じを受けたものです。

森山未來は「ALWAYS 三丁目の夕日 ’64」の医師役でも登場

で、森山未來を検索していきますと、
なんと「ALWAYS 三丁目の夕日 ’64」で、若手医師として出ていたではありませんか。

この映画に出てくる「菊池孝太郎」という医師です。
これが、森山未來。

まったく気付かなかった!
モテキの藤本幸世と、ALWAYS 三丁目の夕日の菊池孝太郎が同一人物!

いやあ、これは驚き。
全然、雰囲気も何も違う。

森山未來、すごすぎ。

彼は、評判の役者かもしれない。

と、思い、検索すると案の定。
森山未來を絶賛する役者が多数。

同業の役者が、彼を称讃しているわけです。
そうだろうなあ、と納得。

森山未來は、本格的な役者ですなあ。

「僕達の戦争」での森山未來

そういえば、これも見たことがあった。

「僕達の戦争」
これも森山未來だった。

彼は、その作品毎にキャラが違う。
すごいぞ。

役者の中には、どんな役になっても、たった一つのスタイルしか貫けない人もいます。

が、森山未來は違う。
千変万化に役作りができる。

すごい役者だなあ、と感心。

女優陣も豪華なモテキだが森山未來があってこその作品

モテキは、女優も豪華ですね。
磐田市出身の長澤まさみも出ています。

モテキに出ていた長澤まさみさんも素敵な女優さんです。

ですが、やはり、この映画は、森山未來によるところが大きいかな。
この映画は、邦画の中でも飛び抜けた映画かもしれません。

森山未來が演じるオタク系が主人公、心の中のツブヤキが小説的で、これが面白かったですね。

これ、「うる星やるら」というアニメに出ていたメガネという高校生の言い回しになていると思った。

森山未來が演じる藤本幸世に似ています。

「モテキ」とは「モテる時期」のこと

ちなみに「モテキ」とは「モテる時期」という意味のようです。
知らなかったのですが。

こうしたことは運命学で見ると、よく分かります。
人が異性から好まれる時期というのは、確かにあります。

しかし、人によっては全く無い人もいます。

不思議なことに、モテ期といわれる時期は、成功もしやすい時期と重なるケースも多々あります。ですので、この時期、恋愛だけでなく、物事が全般的にうまくゆくようになります。

成功者が、異性で失敗するのも、実はこうした運期の作用があったりします。

人生の妙味です。
そして、こういう落とし穴があることを予測し、
警鐘を鳴らすことができるのもまた運命学という特殊技術だったりします。

サブカルな作りの「モテキ」はやっぱりおもしろい

それにしても映画「モテキ」。
サブカル路線の作り。

音楽もマニアックなものが使われています。
こういう辺りは、ツボですなあ。

岡村靖幸の曲「カルアミルク」が使われたり。

サブカル・ミュージカルって感じもします。

森山未來、大した役者ですなあ。

ずっこけキャラを演じながら、長澤まさみとの共演。
サブカル路線と、マニアックな音楽。
それと平成の大役者と思える森山未來のパフォーマンスで、モテキは下品でエロな作品に成り下がっていません。

森山未來が面白い。
よかったですね。

ただし、この映画は家族一緒に見ることはできないのが、玉に瑕です^^;
一人でこっそり見る類なのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です