「奥義」とは「気」「雰囲気」~気を数値化できると社会は変わる

奥義とは気の世界

いろんな世界で「奥義(おうぎ)」がいわれていますね。
奥義。
真髄のことですね。

で、奥義とは「気」ですね。
気。
気こそが奥義であり真髄になります。

気は言語化が難しかったりします。
なので禅では不立文字(ふりゅうもんじ)とも言ってもいます。
言葉で表現するのが難しいからですね。

しかしながら現代では心理学も発達していますし、
「気」を言語化できる材料は、昔に比べればそろっていると思います。
けれども完全に言語化はできませんね。

「気」こそが、物事の深い部分であり、深奥になりますね。
ある意味「曖昧なことは気」といった方がいいかもしれません。

世の中は曖昧なことが多い

で、実際、世の中には「曖昧」なことが多いですね。
ビシっと線引きできないことが多い。

たとえば音楽のカテゴリー。
いろんな音楽ジャンルがありますよね。

ところが実際は、明確に区分できないジャンルもあります。
曖昧なジャンルにカテゴライズされる楽曲も多いものです。

ちなみに30年くらい前は、カテゴリーを決められない不明瞭な音楽は、
レコード化されなかったといいます。
宣伝がしにくいのが、その理由だったようですね。

ですので昔は、音楽には「必ずジャンルがある」「ジャンルに収まるべき」
という考えが、根強くあったものでした。

ジャンル分けは、売り手やサービスを提供する側にとっては、
必須のものだったりします。
これがないと管理もやりにくくなります。

ツタヤなどのレンタルDVDでは、カテゴリー分けしていますね。
しかし、これが意外と煩雑。

カテゴリー分けされても探し難い。
いっそうのこと、単純に五十音別に並べてもらったほうが大助かり。

ジャンル分けはあまり意味をなさない

結局、ジャンルとかはあまり関係なかったりしますね。
良さそうなものは、直感で判断して、楽しんだりします。

天才音楽家には、ロック、テクノ、アンビエントと脈絡なく
変貌を遂げている人もいます。

ですが、根底は一緒です。
「雰囲気」です。
空気のような、心地よい「雰囲気」が一貫しています。

物事は、見た目の様相ではなく、
その根底に流れている雰囲気のようなものが、案外重要だったりします。

この雰囲気を単に「気」ともいいます。
しかしこの「雰囲気」は重要。

気を数値化できると社会は変わる

様々な世界の「奥義」と呼ばれるものが「気」の世界です。
それだけに物事の本質が、ここにあります。

そしてこの「気」を数値化し、客観的に判断できるようになれば、
現代社会の問題のほとんどは解決するでしょう。
社会は大きく変わりますね。

悪意で行っているのか、善意で行っているのか。
こうしたメンタル部分を数値化できるということです。

心の状態を客観的に判断できるようになるわけですね。
もしもこれが可能になれば世界は変わります。

心は気と関連している

心は「気」と連動しています。
日本人は、これが分かっていた。

「気持ち」「気分」といった言葉もあるくらいです。
この気感に優れてているのが日本人。
というか、日本という風土。

オカルト話しになりますが、各種の予言で、「日本が世界を変える云々」
とかありますが、これはまんざらでもなかったりします。

真意は、上記のことにあると思っています。

「気」を測定し数値化できれば、世界は変わります。
気感に優れた日本人に期待するのは、こういうところもあったりします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です