超能力へのバッシング・魔女狩り~怖れの表れ

本物の超能力はわかりにくい

こちらのジェームズ・ランディの話しからの続きになります。
ジェームズ・ランディ~Mr.マリックとメンタリストDaiGoのネタ元

ジェームズ・ランディは、超常現象を頭ごなしに否定・批判をして、多くの超能力者・霊能者を潰したようです。

しかし、ランディは極端過ぎますね。世の中には、本物の能力者もいるからです。
 
けれども、本物の能力者はわかりにくい。
「本物の能力」なのか
「なんちゃって」なのか
あるいは「手品」なのか。

この辺りの見極めは難しいですね。

超能力へのバッシングは起きやすい

なので、本物の能力者は、手品に勘違いされることはしないで、真摯に行うことが多いように思います。時に起き得るバッシングにも耐えながらも、誠実に行っていると思います。それと、公明正大さが大事になってくると思いますね。
 
と、こんなことを書いていますが、ワタクシも怪しいエネルギー使いをするときもありますので、ジェームズ・ランディのことは、頭の片隅にはあります。

決して他人事ではないんですね。やはり批判され、疑われる要因があることは、自覚しておかないといけないかなあと思っています。

で、自分でヒーリングなどをやていながら結構、批判的といいますか、懐疑的でしてね^^;

やはり冷静になって見つめる姿勢は欠かせないと思うんですね。できるだけ誤解されないようにすることは大事だと思います。

またこの手の歴史を調べて勉強するようにしています。これも欠かせません。

神秘への怖れから起きた「魔女狩り」

そもそも超能力や霊能力へのバッシングは、今に始まったものではありません。

中世の頃の「魔女狩り」があります。

「魔女狩り」は凄まじかったですからね。「魔女狩り」は、12世紀から行われています。18世紀までの600年間行われたといいますからね。しかしアメリカでは、19世紀になっても行われていました。

超能力や霊能力をはじめ、超常現象を批判し、バッシングする風潮は、実は、昔からあるんですね。根強くあります。

「魔女狩り」では、怪しいことをすれば火あぶりや、水攻めの死刑です。当時は、薬草を調合しただけで、「魔女だ!」と言われて、火あぶりにされてしまったとか。

凄まじいですね。

魔女狩りの本質は、神秘・未知への怖れです。

だから現代においても、ジェームズ・ランディのように、極端になってまでも超能力を否定する輩が出てくるんでしょうね。その本心は、異常な怖れです。未知なるものを認めたくない怖れ。

気・エネルギーには違いがある

 
超能力といっても、手品を使って、それらしくできてしまう世界です。

ところで、気・エネルギーには、実は種類や性質、発生源の違いがあったりもします。

また思い込みや暗示で、効果や効能を感じることもあります。

しかし、肯定的に受け止めることで、気やエネルギーは、その効果を促進させる一面もあって、なかなか微妙な世界だと思っています。

超能力を禁止したブッダ

ちなみに、ブッダは、解脱した初期の頃は、神通力をバシバシ使っていました。が、途中からは使用を控えるようになります。

その理由は、当時にもジェームズ・ランディのような手品師がいたからのようです。
 
当時は「ガンダーリー」という魔術を使う人がいたようです。

が、ブッダは、このような魔術と、仏道修行の副産物で生じる神通力が一緒にされることは「恥である」といって、神通力を無闇に使うことを戒めるようになります。
 
今風に言えば、ジェームズ・ランディが再現できる超魔術と、本物の能力(神通力)が一緒にされる(誤解される)ことを控えたということなんだと思います。

まとめ

 
不思議な能力には、微妙なところもありますので、やはり副産物・おまけとするほうが無難かなあと思ってます。エンタメとして見るならば、手品も本物の能力も、どちらも面白いですけどね^^;
 
この手の能力は、微妙なところがあったり、ピンからキリまであると思いますが、自分も片足を突っ込んでいる世界ですので、あんまりこういうのを書きますと、ブーメランとなって返ってくることも起きそうですので、この辺りにしておきます^^;

まあ、本気にならずに、おまけくらいに向き合うのが、ちょうどいいんじゃないかと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です