Perfume「Vitamin Drop(ビタミンドロップ)」に聴くベースのおかしさと音楽理論の破綻と革新

Perfumeを一番最初に知ったのが「ビタミンドロップ」でした。
テクノ音楽が詰め合わさったものの中に、「ビタミンドロップ」が入っていました。

ビタミンドロップ(Vitamin Drop)といえば、

こんなものを思い浮かべますが、
いえいえい、同じビタミンドロップといっても、Perfumeがほとんど無名で売れない時代に出たものです。

Perfumeを知ったきっかけがビタミンドロップ

たまたまニコ動に上がっていた「テクノ詰め合わせ」の中にこれが入っていて、「おお!」と。
この平成の時代に、「こんな昭和的王道テクノポップが」と思ったものでした。

なかなか良く出てきいて、特にコードなどの和声感が面白く、YMOを思い出して懐かしく思い、それでPerfumeに関心が出てきたという塩梅ですね。

しかし、子供らしき声で歌っている落差といいますか、奇天烈ぶり。

なんともミスマッチで、「なんじゃPerfumeって?」
ということで、知ったのが最初でした。

ビタミンドロップはベースラインにおかしな箇所がある

で、この「ビタミンドロップ」、ベース進行にオカシなところがあります。

音楽的には完全に破綻していて、音楽を知らない人がPCで音楽やると、こんな感じになるみたいなものです。

けれども、音楽的に破綻しているにもかかわらず、「んん??」と興味を惹きつけるものがあります。

音楽的にはおかしな箇所がありながら、勢いとノリでやってしまっている、面白い作品だったりします。

このアルバムに収録されていますね。
Perfumeの「ビタミンドロップ」。

「ビタミンドロップ」は、音楽の掟を破っています。
ベースの進行が特に「オカシイ」。

最初の「心に封をして♪」から始まる8小節です。
ここは、最初の4小節、あるいは6小節は、ロックンロール的に「ペダルポイント」でベースを鳴らすことが多くなり、これがまた「自然」に聞こえたりもします。

で、7小節目と8小節目は、王道の「ドミナントで進行」で終止させるところでしょう、普通は。

ですが、あえて意表を突く、型破りな進行にしています。

この最初の8小節が、全体的におかしな動きで、アッパーコードと、ベースとが合っていない感じもして、進行自体がすごく違和感があったりします。

またサビの部分も、ヨッパラった感じで、フラフラした和声感で、ウネウネとした音がいっぱい入っています。
よおく聴くまでもなく「変」だったりします。

壊れた音楽に聞こえたビタミンドロップ

最初これを聴いたとき、「壊れている」「変だ」と違和感を憶えまくったものです。

ですが、この「壊れっぷり」が面白く、なんか妙な味があったりします。

で、こうして意図的に「現代音楽化」し、曲を壊すことで「新しさ」を出していることが、中田ヤスタカ流なのでしょう。

たぶん、「意図的」か「感性」だけで、こうしたことをやっているんだと思います^^;
このことは、他の曲を聴いて分かったものでした。

坂本龍一さんは、「中田ヤスタカは音楽を知らない」と酷評しています。
音楽に精通した人が聴くと、中田サウンドは、パーで、ハチャメチャに聞こえるようです。

「ビタミンドロップ」は、ベース進行がオカシイのですが、複雑なポリフォニックな音を入れ、何が何だか分からないカオスな状態にして、リズムの勢いだけで聴けるように錯覚させている楽曲だったりします。

現代音楽なのか素人音楽なのか見極めが難しい~ジョン・ケージな中田ヤスタカ音楽?

「ビタミンドロップ」もそうですが、大胆な音楽的手法であり現代音楽なのですが、下手すれば音楽を知らない「ど素人」のようなアレンジです。

今、パソコンがありますので、いい加減に音を並べてコードを付けてもそれらしく聞こえたりもします。

中田ヤスタカの曲は、こんな「偶然性の音楽」なところもあったりします。

ですが、これって戦後の現代音楽の世界です。
ジョン・ケージの「偶然性の音楽」さながらです。

ある意味、「現代音楽」の手法を、大胆にポピュラーミュージックに取り入れているともいえます。

まあ、いい加減なところも結構ある中田ヤスタカ音楽ですが、これが商業化して、成功もしていますので、ホント、不思議です。
まさに「第二のYMO」って感じですね。

Perfumeはアイドルなのに玄人好みの凝った音楽性が魅力

Perfumeはアイドルなのですが、音楽的にはものすごく凝ったことといいますか、ハチャメチャな音楽をやっています。

しかも、何度か書いていますが、アイドルと、難易度の高い曲を組み合わせた「まぜるな危険」状態、「水と油」が組み合わさったもので、アイドル好きと、マニアックなテクノ愛好家の両方を惹きつけていると。

アイドルなのに玄人好みの凝った音楽性が魅力なのがPerfumeってところでしょう。

しかしPerfumeは、娘のような年頃のアイドルです。
こうした「アイドルの曲を聴いてマス」とか、「ファンなんですぅ」、なんてことを、同年代の中でいうのは、最初の頃、かなり抵抗感がありました^^;

今ではNHK紅白にも出ていますので知名度がありますので安心ですが、6年位前は、ヤバい趣味を持っている輩に思われそうで^^;
ホント、なんかコッソリ隠れて・・・みたいな所がありましたね。

ところが、以前勤めていた会社の同僚らと集まったとき、カラオケでPerfumeをいきなり歌い出すのがいて「おおお!」と^^
いやあ、彼とは話しが盛り上がったものです。

音楽的に破綻していてもオモシロイのが中田ヤスタカ

そんなエピソードもあったりしますが、Perfumeもそうですが、中田ヤスタカが作る曲には、こうした「音楽的に破綻」しているものが時々あります。

「音楽理論なんかどうでもいい」といった感じで^^;
ノリとセンスだけでガシガシやっている感じですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です