ゆるっとラウンジ

ゆるっとした感じで日々思うことや感じることを書いています。

無自覚のまま乖離して逃避・耽溺・夢中になることの危険性

スピリチュアル・バイパッシングという言葉 スピリチュアル・バイパッシング。 なんだかまた新しいスピ用語が出てきたのかな、 と思って調べてみると、ふむふむ。 スピリチュアル・バイパッシング。 自分と向き合うことを避けたり、 […]

五鬼運財法という幽霊を使った風水の方法

風水の秘法に「五鬼運財法」というのがあります。 秘法といっても、今では随分と公開されてしまい、 もはや秘法秘術ではなくなった感もあります。 五鬼運財法は、「水法」と言われる風水のやり方の一つで、 水の流れを読み取ります。 […]

ハートの瞑想・祈り・ハートのプレゼンスのやり方~マインドフルネスに代わる日本人向けの方法

ハートの瞑想。 とてもパワフルです。 愛と平和に満ちあふれ、自ずと喜びがわき上がる優れた瞑想です。 いくつかやり方があります。 この前の講座では、3種類のやり方をご紹介しました。 参加された方は、そちらの方法のうち、合っ […]

愛(ハート)・慈悲が人間性と霊性を高め進化させる~テクニックやメソッド以前に大切なこと

愛(ハート)・慈悲を持ち高めることは欠かせない 私は20代のときに、宇宙的存在と遭遇して、 それ以来、人間が変わってしまったものです。 と、書くと、異常を来した人であるとか^^; アレになってしまった人に思われるかもしれ […]

話し言葉では声音(こわね)も大切~言葉の調子、言い方、口調を良くすることのお勧め

聞き取りにくい「書き言葉」 さて、今日は確定申告を提出。 会場のアクトへ行ったところ、受付前でアルバイトの大学生風の女性が、 「ごて◎△◇×◇◎△」と。 はて??? 「え?」と聞き返すと、 再び、「ごて◎△◇×◇◎△」と […]

エーテル・オーラ・雰囲気と人間関係~エネルギーの同化を避け状態を良くする

エーテル体~肉体と同じサイズのエーテルのボディ エーテル次元というのは、気、プラーナが動いている世界をいいます。 肉体と同じサイズで、肉体にピッタリと重なっている気の体があり、 これをエーテル体といいます。 このエーテル […]

悟りの航海図~悟り系で行こう

久しぶりにアジャシャンティ。 アジャシャンティ 目覚めのとき アジャシャンティ、いいですね。 素晴らしい言語化。 的確であり、適切です。 この言語化の巧みさは、欧米人ならではなのかもしれません。 アジャシャンティは悟って […]

発達障害は人間関係のあり方に問題提起する~縁・相性・仲良し・ウマが合うこそが健全な人間関係

発達障害というカテゴライズと差別的な名称が気になる 「発達障害」。 最近、よく見聞しますね。 ADHD、アスペルガー、自閉症。 ・社会に出たらミスばかりする ・雑談が苦手で、周りから“空気が読めない人”と言わ […]

プラスの言葉・ポジティブな言葉と自然体で生きる・自分らしく生きることと素直さ・浄心

自然体で生きるとか、自分らしく生きるといった話しになりますと、 「いや、それはわかっているけれども、できなくて」 といったことが往々にして生じるかもしれません。 実際、こういうケースは多いと思います。 しかしこういう状況 […]

職場の人間関係が酷いなら我慢しないで転職がおすすめ~古い価値観・常識にとらわれない

人間関係は「似たもの同士」が仲良し 「なくて七癖、あって四十八癖」のことわざの通り。 人は、どんなに立派な人であっても、クセはあるものです。 まして、普通人なら、クセだらけなんですね^^; で、結局、人間はクセのある者同 […]

波動レベル(高い・低い)をキャッチする観察視点は欠かせない

それにしても「観察の視点」は大事だなあ、と。 つくづく思います。 自分がどう感じるか、どう思うか、何を好むか。 それが、どこから来ているのか、というところまで観察できると、 いいんですね。 存在の波動レベルでいいますと、 […]

天界の神でも邪神になる~アーターナーティヤ経に登場する悪いヤッカ(神霊)

天人には悪いヤッカ(神霊)もいる 天界の神は天人と言われ天徳を有する存在です。 パーリ仏典には、善行をした者が往ける世界としています。 ちなみに天界へ往く方法には6種類くらいあります。 https://www.yurub […]

スピリチュアリズムとは霊性に目覚め開かれること~お釈迦さまもスピリチュアリストだった

ドーリン・バーチューが、自らが言っていたスピリチュアルを、 2017年に全否定していたということ。 正直なところショッキングでしたね。 しかしながら、ドーリン・バーチューが言っていたスピリチュアルは、 本来のスピリチュア […]

努力について~個我の世界と真我の世界とではやり方が異なる

「努力」。 努力は大切。 しかし、努力は、足かせになることも事実なんですね。 うーん、ややこしい^^;   第四図、第五図になってしまいますが。 ちなみに、第四図、第五図。 これね、差別的な感覚を与えかねないの […]

「いじめ」「仲間はずれ」は起き得ることとして対策・対処を講じる~陰気さが原因の場合は改善を

いじめの原因は多岐にわたる いじめ。 時々聞きますね。 原因はいくつかありますね。 しかしながら大概は、誰しも「いじめ」に遭ったり、 「仲間はずれ」に遭うなどの経験をしています。 「いじめ」「仲間はずれ」に遭っていない人 […]