天界の神でも邪神(悪いヤッカ)になる~アーターナーターの護経

天界の神でも邪神になる~天人には悪いヤッカもいる

天界の神は「天人」と言われる天徳を有する生命です。パーリ仏典には、善行をした者が往ける世界としています。

ちなみに天界へ往く方法には6種類くらいあります。
⇒天界・天上界へ行く6つの実践方法と、もっとも優れた悟り・解脱の方法

しかしながら天界の神といえども、性質が良ければ「善神」になり、性質が悪くなれば「邪神」になるといいます。

実際に、そういう実例があります。「ヤッカ」という低層天界(アストラル界)に住む神は、
・生き物を殺す、
・盗みを働く、
・嘘は付く、
・変態行為はする、
・酒好き大騒ぎをする
といった神(邪神)で、善を破壊するといいます。

そういう神もいるわけですね。

こうしたことは、パーリ長部仏典・第32経「アーターナーティヤ経」にあります。漢訳では「阿吒曩胝経」というお経ですね。

原始仏典 長部経典3

原始仏典(パーリ仏典)長部経典32「アーターナーティヤ経」

この「アーターナーティヤ経」には四天王界には性質の悪い天人(精霊)もいる」とあります。その代表が「悪いヤッカ(神霊)」であると。

で、性質の悪いヤッカは、
・生き物を殺し
・盗みをはたらき
・邪な性行為をし
・嘘をつき
・酒を飲み(五戒を守らない)
・品行が悪く
・性格も荒々しく
・どう猛で
・凶暴。
・人に危害を与え
・お釈迦さまを嫌い
・仏道修行者の邪魔をする
そういう者(神)もいると経典にはあります。

ひょえ~~~となりますね^^;つまり五戒といった道徳を守らず、人にすら危害を及ぼす神霊です。

実は、四天王界という天界には、悪いヤッカのように問題のある神々がいらっしゃるんですね。まさに、これこそが「触らぬ神に祟り無し」なんです。

四天王界は人間界に近い天界

そもそも人間界に近い「四天王界」下層の領域です。ヤッカ、ガンダッパ、ナーガといわれる精霊がいます。日本では、お稲荷さん、天狗、みーさん(蛇神)、龍神、河童などと呼ばれています。

で、この領域になると、人間界に近いためか、「性質が悪くなる精霊」となってしまうケースもあるといいます。

こうしたことは、こちらの本でも述べられています。

「結婚してみたら奥様は超霊媒だった!」ですね。ここには天界の神が、邪神化していくケースが紹介されています。

人に取り憑いて、呪い殺すようにもなった龍神のケースが、この本には紹介されています。

こうしたことは原始仏典(パーリ仏典)の「アーターナーティヤ経」の記述と一致します。

悪いヤッカから身を護る「アーターナーターの護経」

で、話しをパーリ仏典に戻しますと、先ほど紹介した「アーターナーティヤ経」には、「アーターナーターの護経」というのがあります。

お釈迦さまが生まれ故郷のマガダ国にある霊鷲山(りようじゆせん)にいたとき、天界の三十三天から「毘沙門天(ヴェッサヴァナ)」が降臨されます。

このとき毘沙門天は、「ヤッカ(神霊)には悪意を持った者もいます。仏弟子や在家の者に危害を加える者もいます。そこで守護のために「アーターナーターの護経」を護持されることをお勧めいたします。」と言って、お釈迦さまも、弟子にこの護経を勧めています。

要するに悪神から護るためのお経ですね。それが「アーターナーターの護経」です。
その内容は、次の通りです。

明らかな眼をもち、光輝にあふれたヴィパッシ仏に帰命する。

すべての生き物を憐愍するシキ仏にも帰命する。

煩悩を洗い流した苦行者であるヴェッサブ仏に帰命する。

魔の軍隊を打ち破ったカクサンダ仏に帰命する。

完成者でありバラモンであるコーナーガマナ仏に帰命する。

すべてのものから解脱したカッサパ仏に帰命する。

すべての苦を除く、この教えを説いたサキャの子であり、光輝にあふれたアンギーラサ(ブッダ)に帰命する。

世間において寂滅に達し、あるがままに眺め、中傷せず、恐怖を離れた、それら偉大な人たちは、明知と実践とをそなえ、恐怖を離れて、天と人とを利益した、偉大なゴータマ仏に帰敬する。

母神の子であり、大きな輪を有す太陽が昇るところ、それが昇るとき、夜は消滅する。太陽が昇ったとき、昼と称され、そのところにある湖は深く、水の流れ込む海は深い。

このようにそこにおいて、それを「水の流れ込む海」と人々は知り、これから「この方角が東である」と人はいう。この方角を守護する、名誉ある大王は、ダタラッタという名前の、音楽神たちの統治者である。

その場所から亡者と、中傷する者と、陰口をいう者と、凶暴な殺生者と盗賊と詐欺者とを連れ出せといわれるところ、これから「この方角は南である」と人はいう。

この方角を守護する、名誉ある大王は、ヴィルーラという名前の、妖精たちの統治者である。

母神の子であり、大きな輪を有す太陽が沈むところ、それが沈むとき、昼は消滅する。太陽が沈んだとき、夜と称され、そのところにある湖は深く、水の流れ込む海は深い。

このようにそこにおいて、「水の流れ込む海」と人々は知り、これから「この方角が西である」と人はいう。この方角を守護する、名誉ある大王は、ヴィルーパッカという名前の、竜神たちの統治者である。

楽しいウッタラクル洲、そこに美しいシネール山がそびえ、人々はわたしのものという執着をもたず、愛執をもたずに暮らす。これより「この方角が北である」と人はいう。

この方角を守護する、名誉ある大王は、クヴェーラという名前の、霊人たちの統治者である。

かれらもまた、太陽の種族であるブッダを見て、
偉大にして、恐怖を離れたブッダに帰命する。
人中の貴人よ、あなたに帰命する。
人中の最上の人よ、あなたに帰命する。
あなたは巧みに大衆を観察する。
人ならぬ者も、あなたに礼拝する。

わたしたちはつねに聞いている、「あなたたちは勝利者ゴータマに礼拝するか」と。
それゆえ、わたしたちはいおう、「わたしたちは勝利者ゴータマに礼拝する。明知と実践とをそなえた覚者ゴータマに礼拝する」と。

比丘たちよ、このアーターナーターの護経を学びなさい。

比丘たちよ、アーターナーターの護経に習熟しなさい。

比丘たちよ、アーターナーターの護経を記憶しなさい。

アーターナーターの護経は、比丘と比丘尼と男の在家信者と女の在家信者を保護し、守護し、害をなくし、平穏に暮らすために役にたつでしょう。

世尊はこのように説かれた。それら比丘たちは歓喜して世尊の教説を信受した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です