一緒にいると疲れる人は波動(無意識)がネガティブ

一緒にいると疲れる人は波動がネガティブ

一緒にいると疲れる人とは、波動がネガティブな人をいいます。

波動とは無意識のことです。無意識がネガティブ過ぎると、一緒にいると疲れるようになります。これが答えですね。

というのも、ネガティブな波動というのは、
・重たい
・暗い
・よどんでいる
・周囲のエネルギーを奪い取る
・とげとげしい
・黙っていても批判や悪口オーラが出ている
といった状態だからです。

で、こうした波動(無意識)であると、一緒にいるだけで疲れてくるようになります。「生命をおびやかす有り様」とも言えます。

一緒にいると疲れる人の特徴や傾向

で、「一緒にいると疲れる人」をネットで検索しますと、こういうのがあります。

◎一緒にいると疲れる人ってどんな人
https://miror.jp/press/column/11081
◎いるいる!「一緒にいると疲れる人」にありがちなこと7つ
https://cancam.jp/archives/378297

なるほど^^;
たくさんありますね。

こうした状態は、先ほどもお話しした通りで、波動がネガティブな状態ですね。「生命をおびやかす有り様」です。

それと大事なことは、受け取る側の感性もあります。受け取る側が徳や命の意識に開けているかどうかですね。

これが欠けていては、その受け手の判断はお話しになりませんから。エゴマインド主体の感性ではアテになりません。

で、そもそもこの手の分析は役に立つところはありますが、魂を磨くという点においては、あまり役に立たないこともあったりもします。

結局、どこまでも「分析」だからですね。

「ネガティブさ」は一緒にいると疲れる最たる原因

そんなこともありますが、しかし項目としては、「ネガティブさ」はダントツでしょう^^;これはもう破壊力がすさまじいですからね。

あと「相手のテンションを下げる」言葉、言い方、態度。これもヤバい。

ネガティブな言葉や「テンションを下げる言葉」は、そもそも使用しないほうがいいですからね。ええ。

特に文章やネットでは避けたほうがいいでしょう。

ただ、リアルの場合は、その話し方や感じから、ネガティブっぽい言葉が、かえってインパクトを与える言葉になることがありますからね。

たとえば「首を絞める」なんかそうですね。話しの文脈では、かえっておもしろおかしくなります。リアルの場合と、文章やネットの場合とでは違ってきますね。

文章やネットでも愚痴やネガティブ系はマズい

しかし、言葉の使い方もさることながら、やはりその中身ですね。

問題は中身。
話し方もそうです。

で、文章やネットの場合は、愚痴やネガティブなことばかり書いていたり、SNSでも投稿しているはヤバい。抑制が効きませんから、人から聞いた重要な話しも漏らす恐れがあります。てか、あり得ます。

なので、即行で危険フラグ立ってしまうんですね^^;やっぱりヤバいですよ。エネルギーも吸い取られそうになりますから。

2ちゃんねる(今は5ちゃんねるですか)もそう。スレッドによってはヤバい。

そうそう今朝、「恵方巻」のことで、5ちゃんねるでは、どういうことが投稿されているか覗いてみたんですが、気が滅入りそうになりましたね^^;

さすがダークサイドパワーの総本山だけはあります。相変わらず破壊っぷりがすさまじいですね^^;

悪(生命エネルギーを傷つける存在)には近づかないこと

しかし、リアルであれネットであれ、

「一緒にいると疲れる人」
「テンションを下げる人」

は避けたほうがいいですね。

経験上、何一つ、いいことがありませんから。ホント。

避けたほうがいいといえば、無慈悲に思われるかもしれませんが、逆なんですね。遠ざけることは、むしろ慈悲的です。

というのも生命エネルギーを傷つけることが「悪」の本質だからです。

ええ。悪の本質とは、命を損ねることなんです。

最初に書いた「生命をおびやかす有り様」というのが、まさにこれ。「生命エネルギーを傷つける」ことです。

生命エネルギーを傷つける、損なう、おびやかす、壊すということ自体が、自他共に悪行為になります。

生命エネルギーを傷つける・損なう・おびやかす・壊す存在は避ける

生命エネルギーを傷つける、損なう、おびやかす、壊すことは、またそういう意識を持つことは、ホント、何一ついいことがありませんからね。

まったくいいことがありません。
いじめにも遭いやすくなります。

なので言葉にしても、言い方にしても、態度にしても、生命力を活性するような有り様が理想かもしれませんが、ノーマルな感じがいいんですね。「ふつー」なのがいいんです。

陰気・クヨクヨと悩むこともよくない

あと陰気にならないことですね。
クヨクヨと思い悩むこともしない。
カラリとしていること。
天晴れ。

そうしてあーだこーだと考えて、「乖離」してしまうと、ますます酷くなりますので、考えすぎないことですね。

批判し過ぎないこと。
物事を否定ばかりしないこと。

これを続けていけば、自分も他人も「生命エネルギーを傷つける」ということが無くなっていきます。

命そのもの」に触れることが大切~

もっとも、一番効果が高いのは「命そのもの」に触れることですね。宇宙意識、サムシンググレートといってもいいのですが、言葉で説明すると仰々しくなってしまいますが、天然自然の理に開けていくことですね。

そうすれば、いい塩梅の有り様が理屈抜きでわかるようになります。

智慧が開かれてきます。
自分が見えてくる。
一緒にいると疲れない・心地よくなります。

上記で紹介した記事のように、教条的に書き出さなくても、直感的にわかるようになります。

で、そういう領域に開けるためには、善行、積徳、いまここ、自己観察、ハートの祈りなどを行っていくことなんですね。結局、ここになってくるんです。

あと天啓気療のヒーリングを受けるのもおすすめです。即効性があります。
https://www.youtube.com/channel/UCuom4_TOQ4NgCp75dvoMtRw/videos

と、まあ、そんなことを思ったりします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です