コロナと東京都知事選2020

コロナと東京都知事選

東京ではコロナ第二波ということも言わ出していますね。ここ数日、感染者は軒並み100人超えです。「コロナ再燃」って感じですね。

で、7割以上が20代・30代であると。で、感染源も繁華街、居酒屋、風俗のようですね。

コロナ第二波の中、今日は東京都知事選。小池百合子さんが再選ですかね。山本太郎さんも頑張っていますが、まだメジャーにはなれないかもしれません。

しかし小池さんが再選すると、ちょっとヤバそう。地震などの天災地変が起きるんじゃないかと思います。

やっぱりいろいろと問題があるからですね。天界の神々の中には、お怒りになって、大地を揺るがすことをするかもしれませんね。気になります。

コロナ対策は手洗い・粘膜触らないの2つ

ところでコロナは、アメリカ、インド、ブラジルで猛威を奮っていますね。が、基本的に、手洗い、外出時に粘膜(目、鼻、口)を触らないければ感染しません。これは藤井聡さんが言われています。

で、マスクはエチケット。ソーシャル・ディスタンスは、日本ではまったく意味なし。やらなくていいでしょう。3密はそこそこに。

3密以上に大事なのが、外出時に粘膜(目、鼻、口)を触らない。で手洗い。これが大事ですね。

コロナ第二波?

で、先ほども書いた通りで、コロナ第二波か?というにも出てきていますね。で、感染者と感染源に特徴がハッキリしてきています。⇒東京都で67人が感染 全体の4割が夜の街、経路不明は20人

日本では居酒屋、バー、キャバクラーといった飲み屋や風俗がコロナの温床となっているいうのは、藤井聡さんをはじめ何人かの識者が指摘していたことですね。

こうしたお店や労働者には手厚い補償をして1~2ケ月は完全に休業していただき、コロナ封じに徹したほうがよいと思いますね。

印象になりますが、今やほとんどが東京へ行って感染してくるケースが多いような。

今日は東京都知事選

が、そんな東京。東京といえば今日は都知事選ですね。

小池再選にアラートを発するかのような「女帝小池百合子」。売れているようですね。

山本太郎も頑張っています。山本太郎は具体的かつわかりやすい政策が魅力。日銀に地方債を買い取らせて財源にするとも言っています。ごもっとも。王道ですね。

けれども、さてどうなんでしょうか。テレビや新聞を見る世代は小池さんを支持するんじゃないのかな。都知事選は、都民の情報源が「ネット or 既存メディア」なのかを知る機会でもあります。

東京は一極集中のデメリットも言われています。江戸時代から栄え続ける不思議な都市東京。いろんな意味で東京には注目。

さて、今日の都知事選はどうなることやら。ま、小池さんが再選するんじゃないないかと思います。で、天変地異が起きると。

そうなって欲しくないですが、よろしくない人が首相や大事なポジションに就くと、大概、おかしなことが起きますからね。なんだかなーな流れですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です