宝塚歌劇団の25箇条は美しさの真理~お釈迦さまが説く美容法と本質は同じ

宝塚歌劇団の25箇条は美しさの真理

宝塚歌劇団の舞台裏には、「こうなってはいけない」といった「25箇条」が「張り紙」として貼られているといいます。このことは本にもなっています。

ちょっとドキっとするようなストレート表現もありますが、決して歌劇団や女性だけに向けたものではなく、男性にも当てはまりそうですね。その「25ケ箇」とは、これです。

1.笑顔がない
2.お礼を言わない
3.おいしいと言わない
4.目が輝いていない
5.精気がない

6.いつも口が『へ』の字の形をしている
7.自信がない
8.希望や信念がない
9.自分がブスである事を知らない
10.声が小さくいじけている

11.自分が正しいと信じ込んでいる
12.愚痴をこぼす
13.他人を恨む
14.責任転嫁がうまい
15.いつも周囲が悪いと思っている

16.他人に嫉妬する
17.他人に尽くさない
18.他人を信じない
19.謙虚さがなく傲慢である
20.人のアドバイスや忠告を受け入れない

21.なんでもないことに傷つく
22.悲観的に物事を考える
23.問題意識を持っていない
24.存在自体が周囲を暗くする
25.人生においても仕事においても意欲がない

表現としてはちょっと過激なところもあります^^;、しかし歌劇団では戒めとして25箇条が掲示していて、この25項目を犯す劇団員は「美しくない」としています。

宝塚歌劇団の25ヶ箇には容姿や表情に関することが2つしかない

ところで、興味深いのは容姿や外見に関することがたったの2つしか無いことです。

 「4.目が輝いていない」
 「6.いつも口が『へ』の字の形をしている」

容姿に関する戒めは、この2つだけ。
ほぼすべてが「心のあり方」に関することなんですね。

元より、宝塚歌劇団に入る女性は、皆さん、お美しいですからね。

改めて容姿に関することは言及していないのかもしれません。

けれども、容姿や顔の作りとは違って、「表情の良し悪し」はありますよね。

どんなに美人であっても、表情が悪いと、それだけ美しさは目減りします。

ですので、表情に関する戒めは多くあって然るべきと思うのですが、歌劇団の25ケ箇には、その表情に関することしらも、たった2つしかありません。

心の美しさが容姿や表情の美しさを生み出す

結局「心」なんですね。
この2項目も心と関係しています。

美を極める宝塚歌劇団の訓戒が、「心を綺麗にしなさい」と心の有様の美しさを説いているのでしょう。

実に興味深いことです。

このことは経験的に導かれた訓戒なのか、それともいつも外見上を気にしているため内面的な美しさを求めることへのバランス回帰としてあえて訓戒にしているのでしょうか。

本当のところはわかりません。

しかし心が綺麗であるなら、容姿も綺麗になるというのは、実は本当にこの通りだったりしますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です