参政党を取り上げないメディアがついに放送

参政党を取り上げないメディアがついに放送

参政党のことはメディアは取り上げないんですよね。

選挙期間中、主要メディアは参政党のことをまったくといっていいほど報道していませんでした。

が!選挙が終わった後、ついに参政党を報道。

ABC放送(関西系の朝日放送)が取り上げています。

【密着】結党から2年で議席獲得「参政党」とは? 街頭演説に黒山の人だかり ベースは今の政治への“不信感”【参院選2022】


これですね。
ドキュメンタリー仕立ててでよくまとまっています。

しかし、選挙期間中に放送していたら、参政党はブレイクしたでしょうね。3議席獲得したでしょう。

選挙終わってからの放送。惜しい。てかズルい^^;

参政党はウソをつかない正直さが好印象

動画の中で「パフォーマンスでない」「心底思っていることを正直に伝えている」と評している人がいます。

これこれ。
まさにこれですね。

参政党の神谷さんを筆頭に、本心から言っています。で、それがズドーンと響くんですよね。

参政党を見ていると、「正直さ」の徳の大切さを思います。

また、志(こころざし)の高さが気持ちいいんですね。

政治の世界はウソやダマシ横行し、また低次元の争いや活動を多く、これらがキモいんですね。

が、百鬼夜行がうごめく政治の世界で、参政党の正直さを貫く姿勢は胸を打ちます。

決してパフォーマンスでないことは、伝わってきますからね。

だからこそ、聞く者の胸を打つんだと思いますね。

が、ピュア故に、意地悪な人達が獲物にしてもてあそぶことも。たぶん、そんな悪意を持った人達にも取り囲まれるのではないかと。なかなか厳しくなるかも。

参政党は「参加する政党」?

参政党は「参加する政党」といっています。

が、政党ですので、実態は選挙活動が中心になるでしょうね。

また政党も組織ですし、政治はいろいろとややこしいことも絡みますので、規律や縛りも多くなるでしょう。軍隊や宗教団体といった団体活動に近くなりますね。体育会系。

参政党も政党ですので、上意下達、規律を守って全体行動を取ることに馴染む人は、参政党の活動は合うと思います。

参政党は軍隊化するのは必須の流れ?

で、こうした体制は仕方ないでしょう。

いかんせん参政党は、既得権益者や利権と戦う覚悟を持っています。

だから、党員が一致団結して、軍隊化することは必然の流れになるんじゃないかと思います。

個人的には、全体主義は感心しません。

が、グローバル全体主義に対抗するためには、愛国全体主義で対抗するしかない。つまり「毒を以て毒を制する」。

現実的には、愛国全体主義で対抗するのが最も有効なんでしょう。推測になりますが、これが参政党の実態になるのではないかと思います。

で、共鳴できる人は、参政党に馳せ参じて「侍(サムライ)」になるとよいのではないかと思います。

しかし、党勢拡大していろんな人が入党するに従い、全体主義の体質は改善されていくのかもしれませんね。わかりませんが。

日本の真の問題に目覚める人は35%~40%必要

ところで、林千勝さんは、「国民のうち35%~40%が目覚めないと、つまり日本では約4000万人~5000万人が目覚めないと、グローバル全体主義を改めることはできない」と言っています。

これはアメリカやローロッパで起きた現象を元にした考察ですね。

で、今回の選挙で、参政党に票を投じた人は175万人。日本の総人口の約1.5%です。

まだまだ、これからです。1.5%から35%、40%と拡大させていく必要があります。

で、これは参政党の政党活動だけでは無理です。政党活動に馴染む人は限られてくるからです。

ほとんど多くの人は、ボランティアの政党活動には抵抗を示します。

非公式の参政党ファンクラブが必要?

だから、非公式のかたちでの応援クラブみたいにして、自主的に勉強会を開催するほうが現実的です。また広まりを見せると思いますね。

国民の35%~40%の目覚めが必要です。

そのためには、林千勝さんが言っている通りで、政治活動だけではダメ。政治とは別の草の根の「拡散運動」が必要。

参政党を広めたのは市井のYouTuber

ちなみに今回の選挙においても、参政党を広めたのは、参政党の党員ではない市井のYouTuberですからね。

参政党とは関係の無い人達が、実は最大の貢献者なんですね。

だから参政党に入党しなくてもいいんです。いえ入党すれば、団体活動の縛りが入ります。合わない人は、無理に入党する必要はありませんよ。

もっと自由に、気楽なかたちで応援していくような「ゆるい」有り様でいいと思いますね。

参政党への疑問

参政党は、イチオシしています。しかし政党活動となると、私は微妙ですね^^;

政党活動は縛りがあります。軍隊ですね。

それと参政党が言っていることの中には間違っていることや、精査不足、疑問に思うところもあります。で、党内で、これらを吟味したり話し合うことはおそらく不可能じゃないかと思います。

体質からいって、外部からの指摘を受けて見直すということが多くなるんじゃないかと。

参政党は、特攻隊精神にあふれる、それこそ「鬼滅の刃」を地で行くような人達の集まりになると思います。

ゆるい形で参政党を応援したい

ワタクシとしては、ゆるやかなつながりと、自由な意見が言えて、自由な発想が活かされる、そんなやわらかい感じの集いがいいですね。

で、そんな感じで応援したり、自主勉強会を開催していくほうが「いいなあ」と思っています。

非公式のゆるいファンクラブみたいのがいいんじゃないかと^^;

仏教やスピリチュアルほど詳しくはありませんが、参政党が言っているようなことは、2005年くらいから勉強もしています。発信もしています。

今後、機会があれば、この手の勉強会やセミナーも、有志の間で行おうかなあと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です