サイコパスとなってしまう理由~無慈悲、無慚・無愧、反社会的な信条、間違った成功法則・瞑想が招く

サイコパスの10の特徴

「サイコパス」という言葉は、今では一般的になっていますね。
ちなみに「サイコパス」とは「反社会性パーソナリティー障害」のことをいいますね。
「サイコパス」というと、ちょっと曖昧になってしまいますので、
「反社会性」といったほうが適切かと思います。

「サイコパス(反社会性人格障害)」がどういうものかは、いろいろといわれています。
こちらのサイトはわかりやすくまとめています。
⇒サイコパス(精神病質者)の10の特徴と診断基準

◆サイコパスの10の特徴
・表面上は口達者
・利己的・自己中心的
・自慢話をする
・自分の非を認めない
・結果至上主義
・平然と嘘をつく
・共感ができない
・他人を操ろうとする
・良心の欠如
・刺激を求める
◆サイコパス(精神病質者)の3分類
・A群|奇妙で風変わりに見える人
・B群|感情的で不安・演技をしているように見える
・C群|不安定で怯えているように見える

こうした分析は時々みかけますし、
学術的には、このような分析と分類になるんじゃないかと思います。

映画になっているサイコパス

こうした「学術的」な分析による「サイコパス(反社会性人格障害)」は、
人によってはちょっとわかりにくい場合もあるかもしれません。

その点、映画などで見ると、
もっと感覚的に「サイコパス」がわかるかもしれませんね。

サイコパスは昔から映画の題材にもなっています。
少し前にやっていた「悪の教典」もそうです。

悪の教典

あるいは、白石和彌氏のノンフィクション作品、
「凶悪-ある死刑囚の告発-」を映画にした「凶悪」もそうですね。

凶悪

ちなみにこの映画、キャスティングがピッタリなんですね。
山田孝之、ピエール瀧、リリー・フランキーという面々。
全員、そっちの素養のある人達です^^;
この映画は、出演者が見事です。
この前、逮捕されたピエール瀧が出演しているは意味深なんですね。

他には「冷たい熱帯魚」があります。
これ、監督が「園子温」ですのでね。
屈折した心理やサイコパス系は、園子温は得意としています。

冷たい熱帯魚

サイコパスを扱った映画は、こういうのがあります。
他にもあるかもしれませんが、こうした映画では、
サイコパスを分かりやすく表現もしていますので、
おおよそのアウトラインを知ることができるのではないかと思います。

ただ映画ですのでね。
デフォルメされて、オーバーに演出されているとは思います。

サイコパス傾向を簡単に見抜くたった一つのサイン~無慈悲

映画で描かれるサイコパスは、わかりやすいですが、
ただ極端なケースになっていますね。

学術的な表現や映画による描写もいいのですが、
しかしながら「サイコパス」を、もっとわかりやすく簡単にいってしまいますと、
暴力団、暴走族、ヤンキー、チーマーのようなタイプになります。

具体的にいいますと、
・陰湿なイジメをする、人を責めて攻撃することに快感をおぼえる
・他人への思いやりや共感性が無く、人の痛みがわからない
・反社会的なこと、他人の迷惑になることを好み、楽しむ、
・刺激や快感を重視し、人に対してはモノ感覚なところがある

こうした気質を持った人になります。

もっと簡単にいいますと
・ハート、慈悲、思いやり、親切心が無い(わからない)
という気質が核にあって、反社会的なことを好む人をいいます。
一言でいいますと「無慈悲」です。

「無慈悲」が大なり小なりの「サイコパス」傾向を示すフラグです。
だから、冷たい人で、悪びれることもなく反社会的なことをする人は、
「サイコパス傾向がある」と言えるんですね。

サイコパスは、残念なことに企業経営者に時折みられるといいます。
あるいは冷徹で、執拗に部下をいじめぬく上司や同僚にもいます。
「サイコパス傾向を持った人」は、意外と身近にもいます。
知らずに被害を被っている人も実は多かったりします。

ハート・慈悲が何故大切なのか?

「ハート、慈悲、思いやりが無い(わからない)」というのは、
基本的に相手への共感共鳴ができません。
この上に「反社会性」が加わりますと、「サイコパス」になります。

しかし、核にあるのは「ハート、慈悲、思いやりが無い(わからない)」
という傾向なんですね。

で、逆にいいますと、何故、「ハート、慈悲、思いやり」が大切なのか、
ということなんですね。

「ハート、慈悲、思いやり」がありませんと、
・サイコパスのように反社会的なことを好んで行うようになる
・他人に迷惑をかけても一向に気にしない
・他人に共感共鳴できないところから生じる尊大な自信やブレない信念
・礼節がウザったく感じられ、無礼なことをしてしまう(それを自然体であると思い込む)
・目上の人に対しても尊大な態度になる

こうした行動も出てくるようになります。

仏教の煩悩で言いますと
・無慈悲・・・慈悲が無い、欠けている
・害・・・生命を傷つけいじめたくなる心
・無慚・・・恥ずかしい、マズいという心が無い
・無愧・・・悪いことをしても怖いと感じない、ヤバいと思わない
といった煩悩が盛んな人になります。

こうしたことを簡単にいってしまいますと、
サイコパス(反社会性パーソナリティ障害)は
無慈悲・強欲さという素地があるところに、間違った信条を抱いたり、
不適切な成功法則や瞑想を行ったりすると、なりやすいというのがあります。

面倒で厄介な人間です。
本人は自信にあふれて自己満足して気持ちがいいのでしょうが、
関わる人や相手になる人、周囲は大変です。
甚大な迷惑を被り、被害すらも受けます。

「ハート、慈悲、思いやり」が何故、大切なのか。
おわかりいただけるのではないかと思います。

不適切な成功法則・瞑想・信条はサイコパスにしてしまうこともある

こうした「サイコパス」は、強欲さ、無慈悲さが下地にあって、
それが反社会的な言動となって表面化しています。

で、こうした下地を開花させてしまうものに
不適切な「成功法則」の使い方、誤った「瞑想」の仕方、反社会的な「信条」があります。

不適切な成功法則や成功哲学がサイコパスを生み出す

成功法則や成功哲学は使い方が適切ですと、性格を明朗にし、人生をハッピーにします。
使い方が適切ですと、優れたメンタルテクニックになるんですね。

けれども過剰に行ったり、力を入れて緊張してバリバリに行ったり、
分不相応な巨大な願望を持ったりしますと、途端に危険なテクニックになります。
人間性に歪みがでてきて、欲望が過大となって、
サイコパスのように異常な人間にしてしまうことがあります。
こうしたことは、以前、こちらにも書きました。

プラス思考・ポジティブシンキングのデメリット・危険性~自己愛・煩悩が肥大化し人格障害になる

元祖の成功法則や成功哲学は自然体な有り様のおすすめだった~現代版は欲望が肥大化する危険性がある

瞑想のやり方を間違えるとサイコパスを生み出す

「瞑想」も、やり方が不適切になりますと、同じように人格を歪め、
慈悲のかけらもない冷酷な人にしてしまいます。
あるいは万能感が出てきて尊大となり、人に迷惑をかける言動をしても平気となって、
反社会的な行動に出るようになります。
反対に、枯れ木のように死んだような状態にしてしまうことも起き得ます。

瞑想のやり方を間違えると、とかく人間性に問題が出てきて、
反社会的な行動を取るようになることは、古来より言われてもいます。
室町時代に登場した一休宗純など、この典型です。

「魔境」に陥っているのですが、本人にはその自覚がありません。
むしろ「悟った」とか「智慧に優れている」思い込むようになり、
これが無意識のうちに尊大な自信をもたらし、慈悲や慚愧を軽んじるようになって
破天荒な行為を繰り返し破戒をしまくります。
誠に困った存在になります。

反社会的な信条・思想がサイコパスを生み出す

あと成功法則や瞑想のほかに「信条」があります。
反社会的な思想た信条に共感共鳴しますと、
背徳で悪徳な生き方が「格好いい」「正しい」「悪くない」と信じるようになって、
平気で反社会的な行動に出るようになります。

この手のことは、映画やドラマの影響を受けることも多かったりします。
昭和の時代には、この手の背徳、悪徳を「格好いい」「ヒーロー」と思わせる設定のドラマも多く、
実は昭和世代は、サイコパス的な無意識を有している人が少なくありません。
サイコパスの素地のある人は、本当に反社会的な行動に出るようになります。

サイコパスの素地があると何かがきっかけで表面化する

成功法則や成功哲学、瞑想、信条もそうですが、そのやり方を間違えたり、不適切になると、
性格に歪みが出てきて、強欲となったり、無慈悲となったり、慚愧を欠いてしまって、
厄介な人間になってしまうことがあります。
中には「サイコパス」や「サイコパス傾向」の性格に変貌してしまうこともあります。

元より「サイコパス傾向」がある人の場合、何かがきっかけで表面化することがあります。
そのトリガーとなるのが、間違った「成功法則」「成功哲学」や、
誤った「瞑想」のやり方、あるいは反社会的な信条や思想、表現だったりします。

こうしたことがきっかけとなって「サイコパス」になってしまうこともあります。
危ないですね。

お釈迦さま諭した「無慈悲」「無慚・無愧」の危険性とサイコパス

結局、
・「ハート・慈悲」に欠ける(無慈悲)
・悪徳背徳を恐れる心と反省心に欠ける反社会性(無慚・無愧)

といった状態になりますと、人は誰でも
人格障害(パーソナリティ障害)になるってことだったりします。

サイコパスは、「慈悲」が無い上に、「慚愧」という反省心を欠いた状態も加わった
人格障害の筆頭になります。
しかし歴史の中の英雄には、サイコパスもいます。
織田信長はその典型でしょう。

こうした心の有様は仏教的見地から見ても、首肯できないものです。
英雄といわれる人々は、スピリチュアル的にみれば、
不幸であり、真似てはならない人間になります。
 

ちなみにお釈迦さまは2500年前に、
「政治家や有名人には近づくな(親しくするな)」と諭されています。

なぜなら「不幸になるから」といいます。

もっともすべての政治家や有名人がそうであるとは限りませんね。
これは言うまでもありません。
政治家や有名人には強欲で慈悲を欠いた人が多いため、
それで諫(いさ)められているわけですね。

で、結局、お釈迦さまがこう言われる理由の根底には、
「強欲」や「無慈悲」が引き起こす様々な不幸やトラブルを喝破しているからですね。
こうした視点から鋭く指摘するお釈迦さまの言葉は至言です。

形となって見える成功・業績・実績もさることながらその「動機」が大切

世の中には、本来、尊敬してはならない、目指してはならない人間を、
尊敬し礼賛する風潮もあります。
戦国武将など、そうでしょう。

人は、成し遂げた事の大きさや規模から、尊敬の念も抱きやすいものです。
しかしこういう認識を持つこと自体が、不幸の始まりとお釈迦さまは見通します。

形となって目に見える業績・実績・成功も大切ですが、
これ以上に大切なのが、その「動機」です。
心根。

どういう心で、どういう動機で、どういうモチベーションで行ったのか。
これが大切。
ここがポイント。
で、これを見抜く。
感じる。
そのために「自己観察」
 

言うまでも無く、資本主義的な価値観にあんまり染まるのはよろしくありませんね。
「成功」「業績」「実績」といった「かたち」をとことん追求するのは、
最終的に全員を不幸にしてしまうことも少なくありません。

こうした見た目の「成功」のみを礼賛する傾向が強くなりますと、
成功法則や成功哲学を過剰に行っておかしくなっても問題を感じなくなります。
また誤った瞑想をして自我が肥大になって尊大な自信を得て、
「無我だから」「空だから」「智慧があるか」といって無意識のうちに自己を正当化し、
傍若無人な態度に出てもまったく省みることがなくなったりします。
あるいは反社会的な信条や思想に共鳴しやすくもなってしまいます。
そうして性格や考え、欲望が歪むようになって、
人によっては「サイコパス」になってしまうことがあります。
もし、こうなったなら、最終的に人生は破綻してしまうでしょう。

できることなら「足(たる)を知る」ことが広まって欲しいですね。

「足(たる)を知る」。
ささいなことにも「ありがとう」と感謝する日々の向こうに、
「足(たる)を知る」がありますね。
そうして落ち着いた幸せが得られますね。

成功法則や成功哲学を過剰に信じることなく、
この思想に含まれている誤った教えに注意をし、取り除き、
本来の自助努力型の道徳的な生き方に戻すことで
成功法則や成功哲学は健全性が得られるのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です