教育では国語・歴史・簿記・お金の学習が必要 ~大人になっても学びは必要

教育では国語・歴史・簿記・お金の学習が必要

教育では国語・歴史・簿記・お金の学習が欠かせないと思っています。
ええ。

これらの科目は必須ですね。
ちなみに学校で学ぶ必要があるのを整理しますと、

・国語
・古典
・歴史
・お金
・算数
・簿記
・論理学
・MMT(現代貨幣理論)
・政治
・経営

だと思っています。
上から大切順ですね。

国語は一番大事な科目

もうね国語は超必須。
英語は、必要な人が学べばいいんでやんすよ。

でも国語は絶対に必要。
欠かせない。
マジで。

国語が弱いと、いろいろと問題が出てきます。
まず複雑な概念や観念を理解できなくなります。
読解力も弱くなります。

相手が言っていることの理解も弱くなります。
コミュニケーションに問題が出てきます。
人間関係の構築にも影響を及ぼします。

語彙の少なさが、そのまま教養の低さにもつながります。
で、脳の発達にも影響を及ぼします。

国語が弱いと、もう大変。
国語は、基本中の基本。

国語だけは、みっちりと学んだほうがいいんですね。
もう小学生から高校までは超必須科目。

歴史では人の営みを学ぶ

で、古典も大切です。
古典と関連して歴史。
歴史も超重要。

歴史では、人の営み、息づかいがわかるところから
学ぶ必要がありますね。

上辺の言葉や年号を憶えたって、あんまり役に立ちません。
せいぜい物知りになるだけですね。

そうではなく、人の営みを知ることです。
そうすると、「歴史は繰り返す」の意味がわかりますからね。
ええ。

人の営みは、奈良・平安時代から変わりません。
表向きの形が変わっているだけで、構造は同じ。
本質は同じ。

そんな人の営みを観察して学ぶ。
これこそが歴史を学ぶ面白さであって、醍醐味でやんすよ^^

簿記・経済も必要

あと算数と簿記も必須ですね。
簿記は知っておいたほうがいいんですよ。
簿記も役に立ちます。

簿記がわかっているとMMT(現代貨幣理論)はスグに理解できます。
MMT(現代貨幣理論)を理解している国会議員に、
自民党の安藤裕さんと、同じく自民党参議院の西田昌司さんがいます。

なんと、お二人とも元税理士です。
ほら。

会計・簿記を知っていると、
MMT(現代貨幣理論)がスグに理解できるんですね。

で、MMT(現代貨幣理論)とも関係しますが、
政治や経営についても知っておくといいですね。

これらは「お金」に直結します。
ええ。

で、経済の仕組みがわかると、世の中のことがわかるようになります。
おもしろくなりますよ。

世の中の仕組みや構造を知ることは大切ですからね。
ええ。

お金のことこそ学校で教える必要がある

で、「お金」について、「お金の稼ぎ方」についても、
学校で教えたほうがいいんですね。

でも学校では一切、教えませんからね。
本当は、肝心要の「お金」のことを教えないといけないんですよ。

結局、この世界は「お金」です。
お金で成り立っている世界ですね。

なので「お金」のことについて熟知していないといけないんですわ。
ええ。

しかもお金はMMT(現代貨幣理論)や政治、経営とも関係があります。
MMTも必須です。

MMTがわかると政府の欺瞞を見抜くこともできる

MMTがわかると、政府が行う国民騙しの財政政策を見破ることができます。
「緊縮財政」なんか、騙しです。

で、緊縮財政については、三橋貴明さん、藤井聡さんらの話しを
総まとめもしましたね。
結構、時間がかかりました。

総まとめになると、ポイントを集めて、構成して、文章を作成していくと
整理もされますね。

でも勉強になりますね。
ええ。

結局、日本が緊縮財政路線を取っている理由は3つ。
1.財務省が推し進めているから
2.上級国民・グローバリストにとって都合がいいから
3.政治家の心理によることと社会科学な理由から
この3つに集約できます。

お金、MMT、政治、経営、論理学、簿記、算数。
これらは関連しています。

こういったことを小学生の頃から学んでいけば、
大人になったら、「大したもんだ」な人になりますね。

ええ。
もう太鼓判を押しちゃいます^^

運動・瞑想・徳学も必要

で、これらは知的な学びですね。
で、これらに加えて、

・運動
・瞑想
・徳学

の履修がおすすめですね。
運動は、体育なんていわれています。

が、いわゆる「体育会系」のノリぢゃあダメ。
それじゃあセンスなさ過ぎ^^;

ハートフルなノリがいいんですわ。
慧観(けいかん)のノリですね。

で、こんな感じで併せて「瞑想」の実習。
「いまここ」ですわ。

で、さらに「徳学」。
真我がもたらすエッセンスを、まず言語レベルで学ぶ。
下地を作っておくわけです。

運動と瞑想を続けていく中で、一瞥体験が起き、
それまで学んでいた徳のことがサーっと理解できるようになります。

これらを学べばすごい人になる

以上のことを学んで、習得すれば、超人レベルになりますね^^;
ものすごい人になります。

で、これは子どもに限りません。
大人にも適用できます。

ええ。
大人になっても、学ぶことができるんですね。

人は、何歳になっても学びです。
いろいろと学び、知識を豊かにし、知性を高めて、
そうして真我を体得し、智慧を深め、慈悲を深め、
この世界で務めを果たし、世界に貢献していく。

これが、この世界に生を受けた意義の一つであろうと思います。

と、独り言を書くつもりだったのですが、
なんだか教育の話しになってしまいまスタ^^

ま、そんな脱線傾向があっし流でやんすよ。
あなかしこ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です