新型コロナウイルス感染予防にはビタミンC 1グラム2回が効くらしい

新型コロナウイルス感染予防にはビタミンC 1グラム2回が効くらしい

新型コロナウイルスの感染が拡大しています。

ところで新型コロナウイルス感染予防には、・ビタミンC 1グラム(1,000mg)を1日に2回摂取するのが効くという話しがあります。

これは岐阜大学・科学研究基盤センターの犬房晴彦教授による話しです。YouTube動画も出ていますので、ご紹介いたします。

「新型コロナウイルス肺炎は間質性肺炎」岐阜大学 抗酸化研究部門 特任教授 犬房春彦

「新型コロナウイルス予防にビタミンCは効果があるのか?」岐阜大学 抗酸化研究部門 特任教授 犬房春彦

お聞きの通りですね。以下にポイントを挙げてみます。

新型コロナウイルスによる肺炎は間質性肺炎

新型コロナウイルスによる肺炎は間質性肺炎といいます。どういう特徴があるかといえば、次の通りです。

  • 肺が白くなって間質組織の繊維化が起きる疾患
  • 特発性間質性肺炎は日本では難病に指定
  • ウイルスが原因になり得る
  • 細菌感染性肺炎の治療は効果が無い
  • 特発性間質性肺炎はステロイドが有効
  • 酸化ストレスが非常に高くなる

新型コロナウイルスに感染しやすい人

また感染しやすい人や重症化しやすい人は、次の通りといいます。

  • 酸化ストレスが高い人
  • 免疫が低下している人
  • 高齢者
  • 脳梗塞、糖尿病、高血圧などの基礎疾患がある人
  • タバコを吸う人
  • 深酒をする人
  • 太りすぎ(肥満)の人
  • 睡眠不足
  • ストレスの多い人
  • 体を冷やす
といった傾向のある人といいます。またこれらの傾向のある人は
・重症化しやすい
・死亡にも至りやすい
ともいいます。

要するに
・酸化ストレス
・免疫力
がキーワードになるようです。

ビタミンC 1g(1000mg)を1日2回は効果が高い

しかし
・ビタミンC
・ビタミンE
などの抗酸化物質を摂取することで、新型コロナウイルスの感染の予防と、肺炎の予防ができるといいます。

ビタミンCを使った対策では、ビタミンC 1g(1000mg)を、1日2回取ると効果が高いといいます。抗酸化力はすぐに下がるものではないので、1日2回でいいようです。

イワキ(岩城製薬) / ビタミンC「イワキ」は使いやすい

ビタミンCは粉末タイプがおすすめです。ビタミンCは、アスコルビン酸ともいいます。岩城製薬から粉末のビタミンCが出ています。

これはサジ一杯が0.5g(500mg)です。サジ2杯で1g(1000mg)摂取になります。

新型コロナウイルス予防対策のまとめ

その他の予防対策を含めて整理すると

  • タミンC1,000mgを1日2回取る
  • 体を冷やさない(体を温める)
  • 睡眠をしっかり取る
  • ストレスをため込まない
  • 深酒する人はお酒を控える
  • タバコを止める
  • 太りすぎ(肥満)を改善する
といったことも免疫力を高め、酸化ストレスを減らすようです。

新型コロナウイルスを必要以上に恐れる必要はない

あと犬房晴彦教授は、「高齢者・基礎疾患のある方以外は大げさに恐れる必要はないというエビデンスがイタリアから出ています。やはり酸化ストレスが高い方が亡くなっています。」と言われています。

確かに、このことはニュースにもなっています。⇒イタリア致死率8%の「なぜ」 高齢化に加え、院内感染原因か
イタリア国立衛生研究所の3月17日の発表によると、感染による死者のうち、
・3つ以上の疾患を抱えていた人・・・49%
・全く疾患がなかった人・・・0・8%

また死者のうち
・高血圧・・・76%
・糖尿病・・・36%は
だったといいます。

感染者の平均年齢・・・63歳
死者の平均年齢・・・79・5歳

となっています。

コロナの感染源は酒場が多い?

以上がポイントの整理になります。で、新型コロナウイルスは、
・酸化ストレスの高まり
・免疫力の低下
によって感染し、間質性肺炎も引き起こしやすくなるというのは、本当のことじゃないかと思います。

なぜならコロナの感染源は、酒場(スナック、クラブ、バー)が多いとされているからですね。

⇒新型コロナ、約30%が「夜の街」で感染。都内で感染源が不明な患者
⇒東京の経路不明感染の3割 キャバクラ・クラブ

ご覧の通りです。コメディアンの志村けんさんも、銀座の高級クラブに通って、そこで感染したのではないかとも言われています。

お酒を飲むと、体が酸化し、免疫も下がります。なのでコロナが感染しやすくなるのかもしれませんね。

健康のためにも酸化ストレスを減らし免疫力を高める

新型コロナウイルスに関しては、まだわかっていないところもありますが、上記の動画と考察は、参考になるのではないかと思います。

今すぐにでもできることは、
・ビタミンC1,000mgを1日2回取る
・体を冷やさない
・睡眠をしっかりと取る
・ストレスをため込まない
になると思います。
酸化ストレスを減らして、免疫力を高めることは、新型コロナに対策のみならず、健康を維持する上でも大事ですね。

健康的であるためにも、
・酸化ストレスを減らす
・免疫力を高める
ということは心がけてまいりたいですね。

1 Comment

モモちゃんタロちゃん

20から35歳まで2gをとったり摂らなかったりしてました。確かに嘉瀬は引きにくかったですが、便秘はあるし、持病の片頭痛はあるしの状態でした。35歳から、ビタミンCを5~10g、その他ビタミンもメガ摂取、ミネラル、プロテインも摂るようになると劇的に体調がよくなりました。便通はよくなるし、しかも便の色は黄色(腸内細菌が善玉菌優勢に)、片頭痛も激減、医者いらずを驀進中です。新型コロナもぜんぜんこわくないんですよね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です