スッタニパータ「犀の角」「慈経」~本当は難しいお経だが日本で人気の小部経典

仏教書では不滅のベストセラー「スッタニパータ(ブッダのことば)」

スッタニパータ。
日本では有名なお経ですね。

スッタニパータは、日本では、中村元先生の邦訳
「ブッダのことば」として、大変よく知られています。

この本ですね。
岩波文庫から出ています。
初版が1984年。
相当、昔に出ています。

で、この書が、今でもベストセラーになっています。
アマゾンでも常に上位にランキングしています。
⇒仏教

不滅のベストセラーって感じです。
不思議ですね。

で、このスッタニパータには「慈経」というお経が含まれています。
第一章「蛇の章」の八番目ですね。

「慈経」は、昔から馴染んでいます。
今日は、そんな馴染みのある「慈経」のお話し。

スッタニパータはパーリ仏典の小部経典に属するマイナーなお経

ところで、スッタニパータ。
このお経は、パーリ仏典の小部経典に属するお経です。

で、小部経典は主流ではありません。
つまり、スッタニパータは主流じゃないんですね。

主流は、長部、中部、相応部、増支部の四部。
小部経典は、四部経典に収録されなかった経典を集めてセットにしたものです。

その非主流の中にあるのがスッタニパータ。
四部経典に収められなかったものや、経典の素材を集めたようなお経です。

で、スッタニパータはマイナーなお経なんですね。
しかも、スッタニパータを読んで、「仏教がなんたるか」を理解できる人は、
実は、かなり仏教を本格的に勉強したり修行した人になってまいります。

初めて仏教に触れる人が読んでも、雲をつかむ感じを受けると思います。
で、「仏教は深遠だ」といった漠然とした感想を抱くようになるでしょう。

本当は難解なお経になるのですが、
それなのに、こんなに人気があるのが不思議でしょうがないわけです。

スッタニパータ((ブッダのことば))は初心者には難解なお経~誤読もしやすい

日本ではスッタニパータが「もっとも古い」という喧伝で、
人気があるんだと思います。

初めてお経に触れる人が、何を最初に読めばいいかわからないとき、
「最も古い」なんていうキャッチーな言葉があれば、
そりゃ手にしたがるのも当然でしょう。

これは岩波文庫による販売戦略の巧さもあるかもしれません^^;

しかし、スッタニパータは、初心者にとっては、
ハードルが高く、理解の難しいお経だったりします。

中村元先生の和訳は、平易な言葉で記しているものの、
初めての人が読むには敷居の高いお経だったりします。

出家向けに説かれているお経がスッタニパータ

というのも、そもそも収録されているお経のほとんどが、出家向けだからです。
在家向けではないんですね。

出家向けにお話しされていることを、
在家がそのまま受取り、鵜呑みにするのは危険だったりします。

後述しますが「犀の角」は、その代表です。
「犀の角のようにただ独り歩め」は出家向けのアドバイスです。
しかも阿羅漢となった者への言葉です。
修行途上の者は、善友とともに修行していくことが述べられているくらいです。
ここを違えると、仏教の本質を誤解し誤読します。

誰に向けて説法されたのかもわかりにくいスッタニパータ

また誰に向けて言った言葉なのかもわかりにくい。
そもそもブッダは「随機説法」といって、
相手を見て、相手に応じて説法をされています。

そのお話しが「お経」になっているのですが、
スッタニパータの中には、誰に向けて説法したのかが
わからない、わかりにくいも説法も多かったりします。

平易な言葉で書かれているが実は難しいスッタニパータ

スッタニパータは、言葉は平易なのですが、
その意味は、出家特有の生活スタイルや
修行が進んだ人に特有の状態などを踏まえませんと、
凡人には到底理解できないことも多かったりします。

しかも「詩(ガータ)」の形式を取っていますので、
意味をつかむのが容易でない箇所も少なくありません。

悟った者の心境なのか、誰かに向けて説かれた言葉なのかの
区別もしにくいお経もあります。

また、そのお経が誰かに向かって説かれたとしても、
どういう人に向けて説かれたのかも、説かれた背景も
他のお経と比較していっそうわかりにくく、
上辺の言葉だけで理解すると、
トンデモナイ勘違いをしてしまうリスクもあったりもします。

さらに、断片的に書かれてありますので、
仏教を実践して何かを体感体現したり、深く勉強した人でないと、
その意味をきちんとつかむことができない箇所も少なくありません。
平易な言葉で和訳されていても、本当は難しい。
活用や適用する際に、慎重になる必要もあったりします。

一言でいえば、平易な言葉で邦訳されていても、
内容は出家向けで、高度な教えが詩で表現されたものもあって、
活用や運用していくにあたって、慎重さと注意が必要なお経だったりします。

上辺の言葉だけで理解しますと、誤読率が高くなるお経といっていいでしょう。
スッタニパータは「難解な」お経だったりします。
それが、日本では不滅のベストセラーになっています^^;

有名な「犀の角」は阿羅漢の心象風景とインド人気質を踏まえたお経

たとえば「犀の角」。
「犀の角」は有名なお経ですね。

「修行者や求道者はただ一人歩め」といった教えとして、
多くの人達の人口に膾炙されています。

しかし、かなり誤読されているんですね。

というのも、「犀の角」は、阿羅漢となった者の心得・心象風景なんです。
ええ、完全に悟った人(独覚)の世界なんです。
また、内省的なインド人向けの姿勢なんです。

なので、凡人や、日本人の多くが、これを真似ようとしても、
土台、無理だったり、困難になりやすいスタンスなんです。

で、そもそもなのですが、修行途上の者は
「善き仲間とともに修行しなさい」というのもあるわけなんですね。

で、次第にサンガに属して共同生活しながら修行することがが、
お釈迦さまの教えと指導の軸にもなってきます。

事実、この「犀の角」経ですら、後半の「47」詩句に、
「朋友を得る幸せをほめ称える。
自分よりも勝れあるいは等しい朋友には、親しみ近づくべきである。
このような朋友を得ることができなければ、罪過のない生活を楽しんで、
犀の角のようにただ独り歩め」

とあるくらいです。

このお経は、最初に「犀の角のようにただ独り歩め」とありますので、
この言葉のインパクトを受けてしまいがちなのですが、
全体を通して読みますと決してそうではないことがわかってきます。

で、インド人の性格は、内向的で、個人主義的ですので、そうした民族的な気質も、
「犀の角のようにただ独り歩め」の背景にはあると考えられています。

「善友がいなければ一人で歩む」というのが、
本当の意味なのでしょうね。

独りの修行は間違いを起こし独善的になりやすい

しかし、このことは、よくよく考えてみれば当たり前のことですね。

そもそもサンガがあります。
共に修行する環境です。
仏教の構造を見ただけでも「独り行」は、
基本的に推奨されていないことがわかります。

そもそも、一人で修行していたならば、勘違いやら間違いを引き起こすことがあります。
こういうことは結構起きがちです。
独りよがりになりやすい。
で、高慢になってしまうことも少なくありません。

当たり前なのですが、善い仲間と共に修行し研鑽するのが
奨められるのは自明の理なんですね。

現代でも、出家した比丘であっても、常にどこかのサンガに必ず属するように推奨されています。
出家した比丘といえども「独り行」は推奨されていません。
やはり間違いが起きやすいですし、独善的になることが多いからです。

また、日本人の場合は、共同体感覚が昔からあります。
個人主義的な姿勢は、本質的にそぐわないところがあります。

しかしながら、孤独であることの言い訳として、
このお経の「ただ独り歩め」が使われていることもあります。
「どうなのかなあ」と感じることが多いといえましょうか。

おわかりでしょうか。
有名な「犀の角」ですら、誤読・誤解が広まっているんですね。
日本では随分と誤読・誤解が広まっています。

で、出家向けの教えを、在家向けの教えとして受け止めますと問題が起きます。
そもそも仏教は、2500年前のインドの社会情勢と
インド人の気質を踏まえて整理された宗教です。
インド産の宗教です。
よくよく中身を吟味しませんと、大変な勘違いをしてしまいます。

慈経の「生きとし生けるものは幸福であれ。安泰であれ。安楽であれ」

そんな問題といいますか、誤読しやすいスッタニパータなのですが、
何故か、日本では大人気だったりします。大変不思議な現象です^^

岩波文庫の「最も古くて新しい」といったキャッヒコピーが功を奏したのかもしれませんね^^ 
あと、これだけ最も有名になりますと、
「これでいいのかな」とよくわからずに購入されている方が
多くなるのも当然かもしれません。

マーケティングとしては、ほぼオートで販売促進となっている、
良い事例として紹介できるほどですね^^;

そんなこともありますが、しかしながらスッタニパータには、
短いながらもよいお経もあります。
その一つが「慈経」です。

中村元先生の翻訳では「慈しみ」となっています。
うーん、ここはズバリ「慈経」とか、
もう少し格調高い言葉で訳して欲しかったですかね。

で、「慈経」には、有名な言葉があります。
それは、

「生きとし生けるものは、幸福であれ。安泰であれ。安楽であれ。」
「生きとし生けるものが幸せでありますように」

これですね。

昔、この言葉に大変感銘を受けて、それ以来、ひんぱんに唱えています。
そうして、自分の中に、慈悲を奮い立たせるようにしています。
もう四半世紀以上、毎日、唱え続けています。

ちなみに、「生きとし生けるものは、幸福であれ。安泰であれ。安楽であれ」は、
他にも翻訳があります。
言い方はどれでも良いと思います。
大切なのは、この言葉から得られる心の状態ですね。

言葉は大切です。
言葉によって、心が動きます。
変わります。

方便的な道具であっても、この道具を使うことで心を変えることもできます。

言葉は大切ですね。
善い言葉は、繰り返し、繰り返し唱えるのがおすすめです。

慈経と吉祥経は在家にもおすすめのお経

で、スッタニパータは、在家向けの善い言葉が記された短いお経もあります。

・慈経(第一蛇の章 八.慈しみ)
・吉祥経(第二小さな章 四.こよなき幸せ)

この2つは、勝れた徳を示したお経で、
在家が読むにもふさわしいお経だと思います。

ただし、中村元先生の翻訳は、平易な言葉過ぎますので、
もうちょっと格調高い翻訳をしていただいたほうが
よかったのではないかと思いますね^^;