世界一戒律の厳しいシャルトルーズ修道院の映画「大いなる沈黙へ」

「大いなる沈黙へ」は世界一戒律の厳しいシャルトルーズ修道院の映画

以前、市内の市民映画館で、「大いなる沈黙へ」という映画を見ました。

「大いなる沈黙へ」。
これ、修道院の映画です。

映画『大いなる沈黙へ』
https://eiga.com/movie/79766/

映画の中身や説明は、公式HPに書いてあります。
こちらを読まれると分かるかと思いますね。

とはいっても、映画の中身を言いますと、
修道院の生活のドキュメンタリー映画です。

フランスにあるシャルトルーズ修道院の生活をドキュメンタリーにした映画です。
無声映画に近いですね。

興味の無い方には、宇宙レベルに退屈な映画となること請け合いです(笑)
いや、さすがに私も、途中で少し眠りそうになったくらい。
数秒くらい寝たと思います。
それくらい、眠気を誘う1800円の映画。

Youtubeには、映画の予告動画があります。

映画『おおいなる沈黙へ』オフィシャル予告編(公式動画)

シャルトルーズ修道院は11世紀に建てられた

で、「大いなる沈黙へ」。
フランスにある、グランド・シャルトルーズ修道院のドキュメンタリー映画。

実のところ、2006年頃の作品のようですね。
ヨーロッパ映画賞ドキュメンタリー賞を受賞しているとか。
数々の賞に輝いた異色のドキュメンタリーであるとか。

で、日本では、ようやく、今年(2014年)に上映です。
いやはや、なんとも^^;

で、映画の舞台となったシャルトルーズ修道院。
フランスにあります。
カトリックの一派であるカルトジオ会に属しています。

1084年に修道院を建設。
隠者だったジョルダーノ・ブルーノと、
その弟子たちのために建てたようです。

ちなみにジョルダーノ・ブルーノは、記憶術にも興味を持っていた人です。
てか、記憶術は、キリスト教の教えを暗記するために活用された歴史もあります。

話しを戻しますが、シャルトルーズ修道院は
男子専用の修道院です。
世界一、厳しい修道院とか。

シャルトルーズ修道院よりも原始仏教の戒律が厳しい

シャルトルーズ修道院の戒律が厳しいといっても、
原紙仏教の戒律のほうがもっと厳しいですね。
原始仏教は、もっと厳しいです。

伝言の依頼、計算、政治に関する発言、そういったことも禁止ですから。
はてまた花の香りをかぐことも禁止。
他の修行者に触れることも禁止です。

原始仏教における戒律から見れば、
修道院の中でも最も厳しいとされる
シャルトルーズ修道院であっても、
やさしい印象です。

事実、映画のラストの辺りでは、
スキーを楽しむ姿も映されています。
またピニクニックに外出したり。
声高に笑う声もあったりします。

で、こういう様子すら原始仏教では、
問題行動に挙げられます。

戒律の遵守は取り組みを間違えると心をひずませる

あと、戒律を遵守するというのは、
一歩間違えると、心をひずませてしまうこともあり得えます。

教条主義といいますか、形式主義のようになってしまうと、
むしろ心を悪くしてしまうことが起きます。

戒律を守るという、ものすごいことに挑戦されてるとしても、
禁欲、抑圧になり、「我慢大会」になってしまうことがあります。
下手をすると、かえって心を歪ませることも。

ですので修道院もそうですが、戒律の厳しい出家生活を、
教条的に行うのは、よろしくなかったりします。

まず、修行が進まなくなります。
本末転倒な現象が起きるんですね。
実のところ。

戒律では形式主義や教条主義は御法度

シャルトルーズ修道院の様子を見ていますと、
ちょっと、こういうのが気になったものです。

いえいえ、戒律を守ることは、なかなか出来ることではありません。
挑戦すること自体は素晴らしいと思います。
が、「何が目的、目標か」ですね。

修習の点において、形式主義や教条主義になってしまいますと、
屈折したかたちで、下品になっていくことがあります。
抑圧、禁欲になり、意識下に煩悩を封じ込めるからですね。

「自己を神に明け渡す」ということを、
意識の変容を伴いながら習修していきませんと、
戒律がかえって足かせになってしまいます。

ここを理解した上で、指導するならまだしも、
型式主義や教条主義に徹してしまいますと、
とかく問題が起きるようになります。

映画「大いなる沈黙へ」の舞台シャルトルーズ修道院

シャルトルーズ修道院は、こうした修道院です。
映画「大いなる沈黙へ」の舞台が、
シャルトルーズ修道院ということですね。

ここは、フランスのアルプス山脈にあるようです。
映画を見ても分かりますが、寒冷地ですね。
雪に多いですし。

で、映画「大いなる沈黙へ」のことは、こちらのブログがいいんじゃないかと。

映画『大いなる沈黙へ』 – charisの美学日誌

「大いなる沈黙へ」は、DVDにもなっていますね。
また、「沈黙すればするほど人は豊かになる」として、
ラ・グランド・シャルトルーズ修道院の奇跡を記した書もあります。
これらはぜひとも見てみたいですね。


2014/12/27 07:01:00

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です