お母さんに抱っこされなかった無視(ネグレクト)世代~昭和39年~昭和60年生まれは暴力より悪い影響を受けている

お母さんに抱っこされず無視された昭和39年~昭和60年

いやあ、驚くべき話しを聞きましてね。
それは何かといいますと、昭和39年(1964年)から昭和60年(1985年)
においては、間違った子育てが方が推奨されていた
ということです。

どういうことか?

な、なんと、昭和39年(1964年)から昭和60年(1985年)の約20年間、
母子手帳の小冊子には、「赤ちゃんを無闇に抱っこしてはならない」
「添い寝をしてはならない」という指導が記載されていたといいます!

どっひゃー!

これは「抱き癖がつくから、やっちゃダメ」というのが理由であると。
おいおい・・・。

で、これがまた、厚生省(現、厚生労働省)による育児指導だったため、
本気に受け止めて実践したお母さんも多かったといいます!

なんていいますか。
いやはや。

昭和39年から昭和60年の間に生まれた赤ちゃんの多くは、
厚生労働省の指示で「赤ちゃんを抱っこしてはダメ」
という育児が推奨されたいたというのは、本当に驚きです。
まさに「無視(ネグレクト)世代」。

このことは、こちらの動画でも言及しています。

第39回 その3 池川明氏・戦後に確定された一面的な育児観の問題点 【CGS 神谷宗幣】

うーむ。

非行・校内暴力・家庭内暴力などの問題児が多かった昭和39年から昭和60年

確かに、昭和39年(1964年)から昭和60年(1985年)の世代には、
問題児が多かった。

校内暴力、家庭内暴力、非行、不良、シンナー、無気力、しらけ世代、
少女売春、ブルセラなど、暴力、性の問題、自虐、自堕落、自己破壊が関わる
厄介で深刻な問題が世を賑わわしたものです。

この現象は「異様」だったものです。

というのも、生命の根源レベルから、否定、破壊、自虐的になり、
まるで自死するかのような暗黒っぷりがあったからですね。

単に思春期の不安定さから来る反抗レベルじゃなかったわけです。
識者は、急速に社会が変わったためとか言っていたものです。

が、そんなことを言ったら、今の情報化社会だって、
2000年頃から驚異的な変化が起きているわけです。
が、今の時代の子どもや若者のほうが何倍も安定しています。
いい感じです。

昭和39年(1964年)から昭和60年(1985年)の世代は「特異点」。
異様だったわけです。

で、この世代は「異様な世代」としたほうが納得できるわけです。
事実、この世代が作った昭和特有の「DQN風土」があったわけです。

お母さんに充分に抱っこされないと問題児となる

で、こうした問題が起きたは、この世代の多くが、
親の愛情をしっかりと受けていなかったというのが、
最も腑に落ち、最も納得できる理由なわけです。
で、実際、これが原因です。

お母さんに抱っこされる経験が不足していた。
だから、この反動から問題行動を引き起こしたわけです。

テレビやメディアの問題もさることながら、子育てという重要な期間に、
致命的な育てられ方をしていれば、おかしくなるのも当たり前です。

で、お母さんが抱っこしないことは、実質「無視(ネグレクト)」なわけですね。
無視。
ネグレクト。
「最悪の虐待」といわれています。

で、抱っこしない育児をしないさと、厚生労働省が指導。
厚生労働省が引き起こした重大な人道的な過ち。

トンデモありません。

無視(ネグレクト)は暴力よりも悪影響のある「最悪の虐待」

無視(ネグレクト)は、暴力よりも質が悪く、
「最悪の虐待」ともいわれています。

ネグレクト(無視)は、実質、虐待です。
しかも、最凶の暴力です。
暴力を使わない暴力、それが「無視(ネグレクト)」。

赤ちゃんの頃から、無視(ネグレクト)を受け続けると、
重篤なメンタリティ問題を抱えるようになります。

それは、
・暴力
・過激
・粗雑
・落ち着きの無さ
・性への異常な開放
・依存
・冷酷
・無気力
・無関心
・漠然とした不安
・コミュニケーション障害
・自虐
・自滅
・自己破壊
・生きることへの否定
・自閉症スペクトラムの高い傾向(自閉症、アスペルガーなど)

といった傾向です。

で、これらはスピリチュアル的にいえば、まさに「ガキ、修羅」そのものです。

和39年~昭和60年は間違った子育てが横行していた

この事実を知って愕然としたものです。
昭和世代は「ガキ、修羅が多いなあ」と感じていたのですが、
これは子育ての仕方そのものが、ガキ・修羅になるような育児だったわけです。

「鶏が先なのか卵が先なのか」わかりかねますが、
ガキや修羅になりやすい育児方法が、世間一般の常識となっていた世代が、
昭和39年(1964年)から昭和60年(1985年)ということです。

身震いします。
で、このことは、こちらでも池川明さんが述べています。

◎池川明 – ヒーローズインタビュー
https://www.heroesinterview.com/list/4/ikekawa-akira/
池川明さんは、ここでのインタビューに答えられていますね。

で、昭和39年から、母子手帳と一緒に「小冊子」が
配られるようになったといいます。

で、その小冊子には
「赤ちゃんの幸せのために、添い寝、抱っこはやめましょう」
と書いてあると。

おいおい・・・。

厚生労働省の罪は深い。
甚大。

仰天!添い寝・抱っこされなかった子どもが大人になると我が子を虐待する

で、「添い寝」「抱っこ」されないで育った子どもが大人になると、
我が子を虐待するケースが多くなるといいます!
で、これも統計が取れていて、次のような傾向尾があるといいます。

・生後2日以内に、母親と12時間以下しか触れ合っていない子どもの場合
・・・その子が成人した後、自分の子どもを虐待する

・生後2日以内に、母親と12時間以上触れ合った子どもの場合
・・・その子が成人した後も、自分の子どもを虐待しない

つまり、お母さんとの触れ合いが少ない子供は、
自分がお母さんになっても、子どもとの接し方がわからなくなるということです。

で、これをもっと掘り下げていいますと、お母さんとの触れ合いが少ないと、
・愛情が乏しくなる
・子どもが嫌いになる
・心の深い部分で愛情に飢えている

このようになってしまうということですね。

抱っこされないで育った人は心のリカバリーが必要

お母さんに抱っこされないことが引き起こす問題は深刻です。
昭和39年(1964年)から昭和60年(1985年)の約20年間に生まれた世代は、
こうした重篤な精神的な問題を抱えている人もいるってことになります。

・親の愛情不足
・無視(ネグレクト)

こうした心の傷を抱えている人は、
何らかの精神的な修練などを通して
リカバリーしていくことが必要になります。
で、こうした精神的な修養では「浄化」がテーマになってまいります。
潜在意識や深層意識にある歪み、抑圧意識、偏り、濁り、暗さといった
エネルギー意識を解放していくことです。

で、この方法として、
・善行
・積徳
・ハートの実践
・自己観察
・瞑想
・ヨーガなどのボディワーク
・アファメーション(ポジティブシンキング)
・祈り
・神霊からの加護
・ヒーリング

などがあります。

しかし、本当のことをいえば、長期間にわたる修行、実践、修養が必要になります。
10年、15年とかかることも少なくありません。

が、10年、15年の継続となると、続けることができる人は、
どうしても限られてきます。

先天的に強い精進力がありませんと、そもそも続きません。
あと創意工夫や優れた洞察も必要となります。
智慧も強くないと、続けていくことがなかなか難しかったりもします。

天啓気療ヒーリング~トラウマ・深い意識にある心の傷をも癒やすお勧めの方法

けれども、もっと簡単な方法があります。
ええ、そんな裏技的な方法があるんですね。

それが天啓気療」
ヒーリングです。
ヒーリングでも特殊なヒーリング。
スピリチュアル・ヒーリングという特殊なヒーリングです。
これがおすすめです。

◎天啓気療院北沢勇人
https://www.youtube.com/channel/
◎天啓気療院/場所
http://www.tenkeikiryoin.jp/new_page_4.htm

メンタル的なことは、ほぼすべて解決します。
自閉症も治っています。

トラウマ、心の傷、こだわり、悩みなどなど、
メンタル的なことのお悩みは、ほぼすべて解決します。

メンタルだけでなく、ほとんどの悩みや問題も解決します。
素晴らしいヒーリングです。

10年、15年とかかる自己浄化、無意識の開放や浄化が、
短期間でできてしまうのが天啓気療です。
https://www.youtube.com/channel/UCuom4_TOQ4NgCp75dvoMtRw

お金がかかるとか、遠方だとか言っちゃあいけないかなと思います。
じゃあ自分で10年とかかけてやりますか?
それができる方は、どうぞ、されてみてください。

けれども長年、こうしたことを続けてきた私としては、
天啓気療の凄さをマジマジと実感しています。
もちろん効果には個人差があることは事実です。

今は「恵のハート」が降り注いでいる時代です。
やさしく、ハートフルである人であればあるほど、
その恵は何らかのかたちで巡ってきます。

天啓気療は現代の奇蹟ですね。
ホント。
マジで。
まずは3回を目処に受けてみることがおすすめです。

関心のあります方は、どうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です