ゆるっとラウンジ

ゆるっとした感じで日々思うことや感じることを書いています。

「映画・アニメ・アート」の記事一覧

秋野不矩と美術館~光輝く黄色と青色が神々しい高次元の精神を表現した日本画家

秋野不矩美術館~浜松市天竜区二俣にある美術館 さて、この前の日曜日に、浜松市天竜区二俣にある 秋野不矩(あきのふく)美術館に行ってきましたね。 実は、この美術館に行ったのは今回が初めて。 存在は昔から知っていました。 が […]

サザエさんの真実~磯野家は年収1500万円以上で土地資産価格2億の豪邸に住むプチ富裕層の勝ち組だった

しかし、ホント、ようつべ先生には、何でもありますね^^; こんなのもありました。 磯野波平様邸 サザエさんの磯野家です。 間取りなどをCGで見せています。 で、磯野家の住所は、 ・東京都世田谷区桜新町あさひが丘3丁目 で […]

ウルヴァリンSAMURAIの感想~日本人俳優やモデル(真田広之・福島リラ・岡村隆幸)が活躍の日本が舞台な映画

2013/09/14 09:22:56 待望の「ウルヴァリンSAMURAI」。 上映初日、早速、見に行ってきました。 「ウルヴァリン」は、元々、ミュータントが超能力を発揮して スッタモンダする「X-メン」からのスピンアウ […]

修道院の修行とシャルトルーズ修道院の映画「大いなる沈黙へ」

2014/12/27 07:01:00 映画「大いなる沈黙へ」のシャルトルーズ修道院 今日、市内の市民映画館で、「大いなる沈黙へ」という映画を見ました。 「大いなる沈黙へ」。 これ、修道院の映画です。 映画『大いなる沈黙 […]

スター・トレック イントゥ・ダークネスの感想~紳士的な60年代とは異なり刺激にあふれた過激な描写もある今風の作品

2013/08/31 22:30:00 お得感タップリな東宝シネマレイトショーで「スター・トレック イントゥ・ダークネス」を観賞 スター・トレック イントゥ・ダークネスをこの前、 東宝シネマのレイトショーで見ました。 東 […]

アニメの一話完結作品を見たいが探すのが大変~作品数の多さ、鑑賞時間が長くなるTVアニメ多さ、ネット情報も多すぎてわからない

わたしゃ、アニメをあんまり見なかったりします。 いえいえ、興味はあるんです。 見たいんです。 が、どれを選んだらよいのかがわからないんです。   普段からアニメを見ているほうではないんです。 たまに見る派。 & […]

「ヒューゴの不思議な発明」は「リュミエール兄弟の機関車」「月世界旅行」をリスペクトする映画を愛する者のオマージュ作品

ヒューゴの不思議な発明。 映画『ヒューゴの不思議な発明』予告編 日本では2012年に公開された映画です。 ブライアン・セルズニックの小説「ユゴーの不思議な発明」が原作。 第84回アカデミー賞で最多の11部門にノミネート。 […]

アイアンマン3の感想~ロバート・ダウニー・Jrの皮肉なセリフが効いたマーベル社らしい映画

マーベル社の「アイアンマン」。 「アイアンマン3」も面白かったものです。 2013年の作品。 マーベル社のキャラは面白く、単純明快で痛快なストーリーです。 最近は、映画の見せ方もウマイですので、娯楽としては逸品ですね。 […]

クラウドアトラス~輪廻転生・カルマを扱うも予定説(宿命論)を説くプロテスタントとの狭間で生まれたスピ映画

クラウドアトラス。 ちょっとサブカル的なカルト映画。 2012年に公開されています。 輪廻転生とカルマをテーマにした映画です。 6つの生涯が描かれていますね。 つまり、6つの物語になっているってことです。 6つの生涯が描 […]

映画スライヴ:合気道の精神が世界を救う~フリーエネルギー・通貨発行の問題に切り込むドキュメンタリー

長引くデフレ経済。 企業の自社株買いによる株主優遇とその正反対の従業員への賃金低下。 また北朝鮮問題やTPPなどの経済協定など、 国内でも様々な問題が指摘されています。 公正に報道するはずのマスコミ自体に偏向が強く、 正 […]

納棺師を描いた映画「おくりびと」を今になって見た~自然な作りとコントラストのある設定が功を奏した傑作

遅まきながら映画「おくりびと」を見ましてね。 「納棺師」という葬儀に関わる知られざるのお仕事が舞台の映画です。 「おくりびと」といいますと、今では年収1億を超えた「億り人」という言い方も出てきているほど定着した言葉にもな […]