ゆるっとラウンジ

ゆるっとした感じで日々思うことや感じることを書いています。

「仏教」の記事一覧

仏教が説く「善」とは「心を浄める」ことだが裏側に天晴れ・陽気・生命力の発露がある

仏教が定義する「善」とは? 仏教では「善」のことを明確に定義しています。 それは、 ◎善・・・心が浄らかなこと、物事を巧みに行うこと このように定義しています。 ま、定義といいますか、 仏教は、心をきよめて悟る(解脱する […]

潔癖と清浄は似て非なるメンタリティ

「潔癖症が多い日本人」からの続きになります。 長年、仏教に触れています。 仏教には「戒律」というのがあります。 「あれやっちゃいかんよ」という「べからず集」として受け止められていますが。 ですが、戒律は、決して「べからず […]

自分を知り自分を磨くためには「異熟」を知る

「異熟」とは、前世における死の刹那に形成された「来世の種(因子)」であり、 その人を形作る重要なファクターとなっていきます。 そんな「異熟」ですが、実は、その生涯における 幸福感につながる心でもあったりします。 簡単かつ […]

求不得苦・欲求不満と自然体・足るを知る喜び

代理出産のことを書いていて、思いましたが、 かなわないことは、時には、いさぎよく諦めることも大切なんじゃないかと。 もちろん、なんでもかんでも諦めるというのは、どうかと思いますが、 頑張っても頑張っても、どうしようもない […]

縁起の意味~「物事はただ起きている」:トニーパーソンズ風の言い方こそ「縁(よ)りて起こる」という意味

縁起。 仏教の言葉ですね。 「縁起」と聞けば、「縁起がいい」「縁起をかつぐ」といったように、 未来に吉兆を期待する意味に理解するかもしれません。 が、こうした使い方や意味は、 本来の「縁起」ではないんですね。   […]

原始仏教の問題と再考~2500年前の教えを現代人が理解する場合は注意が必要

しかし、最近、思うのことは、原始仏教は確かに有益な情報も多いのですが、 現代に合わないということですね。 長い間、検証し続けてきましたが、今の結論としては現代社会では無理。 少なくとも日本では無理でしょう。 それと、仏典 […]

先祖供養は餓鬼となった先祖を救済する行為~ルーツは原始仏典にある

怪しいと思われるようになってしまった先祖供養 日本には先祖供養の習慣がありますね。 しかし、昭和の時代に入ってから、 なんだか霊感商法の一つとして使われることも出てきて、 随分と歪められてきた感もあります。 先祖が祟って […]

比丘の世界と戒律と律蔵~失敗を認め・反省し・許し合う生き方にこそ真の成長がある

比丘とは戒律を守る仏教の出家修行者 比丘(びく)というのは、日本では馴染みのない言葉かもしれません。 比丘。 比丘とは、出家した仏教の修行者をいいます。 ブッダが現存した時代の修行者は比丘といっていました。 現在では、タ […]

本当の仏教の歴史~パーリ仏典は本当に正しいのか?仏教史の真実と誤解、日本仏教再生への提言

仏教史。 仏教史には、随分と誤解や勘違いが広まっている印象があります。 たとえば、 ・インドでは大乗仏教が勃興した後、原始仏教(部派仏教)は滅んだ ・日本には大乗仏教が伝わっている ・パーリ仏典はブッダが説いた本当の言葉 […]

スッタニパータ「犀の角」「慈経」~本当は難しいお経だが日本で人気の小部経典

仏教書では不滅のベストセラー「スッタニパータ(ブッダのことば)」 スッタニパータ。 日本では有名なお経ですね。 スッタニパータは、日本では、中村元先生の邦訳 「ブッダのことば」として、大変よく知られています。 この本です […]

怒りの本質は「嫌い(拒否・拒絶・排除)」という感情~長所はサバイバル機能だがハートを育むことが大切

怒り。 誰でも、怒ったりすることはありますね。 むしろ、怒らないという人は、滅多にいないと思います。 で、この「怒り」の本質は「嫌い」という感情だったりします。 本質は「拒否」「拒絶」です。 「受け入れることができない」 […]

今ここ・マインドフルネスは達成主義とは真逆~現在のありように感謝 vs 未来に期待し現状をないがしろにする

学校教育の問題点の一つに、 「達成主義」というのがあると思っています。 「達成主義」とは、何か目標を定めて、それを達成することで評価するシステムですね。 逆に、達成しないと評価しないシステムです。 テストの点だけで「優劣 […]

仏教が説く「あの世の世界」とは?~輪廻転生はお釈迦さまが世界で初めて解き明かした

さて唐突に「あの世」の世界。 ふっと「亡くなった後の世界」について書いてみようかなと思いました。 「あの世」を解き明かした名著の数々 「亡くなった後の世界」については、著書も何冊か出ていますね。 有名なところでは、  ・ […]