発達障害(自閉症スペクトラム:ASD)をテストする「チーズケーキ問題」の設問と質問の日本語がおかしい

発達障害をチェックする「チーズケーキ問題」

発達障害をチェックできる簡易問題に
「チーズケーキ問題」あるいは「チーズケーキ課題」というのがあります。
ネットに出回っているんですけけどね。

◆大人のアスペルガー診断テスト 自閉症スペクトラム障害かも?と思ったら(ASD)発達障害
https://matome.naver.jp/odai/2136236619414716301

で、この問題(課題)では、
・社会的刺激(情報)の処理能力・・・空気を読む能力のこと
・コミュニケーション理解力
における発達障害のチェックができるといいます。

で、「社会的刺激(情報)の処理能力」なんていいますが、
要するに「空気を読む能力」のことですね。

こうした業界では、難しい言い方をするのがお約束ですので^^;
このような抽象的な言い方をするんですけどね。
 

で、くだんの「チーズケーキ問題」とは、こういうクイズです。

・恵さんの家におじさんが遊びに来ました。

・恵さんはお母さんに手伝ってもらって、チーズケーキを作りました。

・恵さんは食卓で待つおじさんに言いました。
・「おじさんのためにケーキを作っているの」。

・おじさんは「ケーキは大好きだよ。
 チーズが入っているのはダメだけどね」と言いました。

ここで質問です。
・気まずいことを言ったのは誰ですか?
・なぜ気まずいのでしょうか?

答えは、、、保留しておきますね^^;
簡単なんですけどね。

チーズケーキ問題は設問自体がおかしい?

しかし、この設問自体が、実は厳密にいえばおかしいんですね。
ええ。
日本語が破綻しているんです。

「掛かり」がおかしいんですね。
時制が合っていませんし、一致していない。

なのでこの「おかしな設問を読み解く」能力も要求されているのかな、
なんて勘ぐったりもします。
 

この設問のどこがおかしいのかを具体的に言いますと、そもそも
「恵さんはお母さんに手伝ってもらってチーズケーキを作りました」ではなく、
「作り始めました」が正しい言い回しですね。

で、「チーズケーキを作りました」を、そのまま過去形(過去完了)としたとしても、
やっぱりおかしんですね。
その後に出てくる「おじさんのためにケーキを作っているの」という現在進行形と、
時制が一致しなくなるからです。
この場合は、「作っているの」ではなく、「作ったの」が正しくなります。
過去形にしないと時制が一致しません。

設問文自体が破綻しているんですね^^;
「なんじゃこりゃ?」なわけです。
 

ただ、この設問では、「チーズケーキを作りました」を、
「作り始めました」という意味に取るように仕向けて、
ファジーな解釈(曖昧な意味の真意をつかむこと)ができるかどうかを
テストしているとしたならば、別の意図を持った設問にもなります。

ファージーな文意を読み取る「文章読解」のテストにもなります。

もしそうならば、発達障害テストのみならず、曖昧な文章の意図をくみ取る
文章読解をも目的とした、複数の意図が込められた設問になります。

しかし、そんなことをしては、狙いである発達障害テストができるの?
定型発達(健常者)ですら、この設問は読み違えます。
 

しかも「質問」もおかしい。
唐突過ぎるんですね。

「気まずいことを言ったのは誰ですか?」と、
いきなり「気まずいこと」として決めつけているわけですね^^;

なーんか、質問もおかしいんですね。

大丈夫かな、この設問^^;
それと質問。

これは設問と質問の文章を作成した人自身が、
ちょっと変な気がするんですね。

この設問の答えはわかります。
しかし設問と質問自体がおかしい。
これをアカデミックの世界でテストしているとすれば、
「大丈夫?」と言いたくなります。

テストしている側がおかしい。
こういうテストの結果は、レッテル貼りになりやすいものです。
おかしな設問や質問文でテストをしちゃいけないでしょう。

チーズケーキ問題のオリジナルはNHK?

この設問と質問は、設問と質問自体に「問題」があるのですが、
ところが、オリジナルがあるみたいですね。
アリジナルはNHKの番組であるとか。

で、こちらのサイトに、NHKで放送した時の文意が載っています。

◎奥村隆「息子と僕のアスペルガー物語」
【第9回】まったく悪気なく「ひどいこと」を言ってしまう理由(奥村 隆)
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/34414?page=4

【問題】 まず、次の文章を読んでください。

Aさんという女の子の家に、おじさんが遊びに来ました。
Aさんは、おじさんに食べてもらおうと思ってお母さんに手伝ってもらい、
チーズケーキを作り始めました。

作りながら、Aさんは、食卓で待つおじさんに言いました。
『私、おじさんのためにチーズケーキを作っているのよ』

おじさんはこう答えました。
『ケーキは大好きだよ。チーズが入っているのはダメだけどね』

Aさんも周りの人たちも黙ってしまい、その場の雰囲気は一気に気まずくなりました」

ここで質問です。
この場を気まずくさせたのは誰だと思いますか?

この設問ならOKですね。
質問も自然です。
問題ありません。
時制も一致していますし、状況の説明も入っています。
設問自体も、質問そのものも違和感がありません。
納得。

ということは、最初に挙げた設問が、アレだったんでしょうかね^^;

自閉症スペクトラム(ASD)

しかし最初に挙げた設問には、関連情報として
自閉症スペクトラムのことが載っています。

◎自閉症スペクトラム(ASD)児者の聞こえ方を疑似体験してみる

自閉症スペクトラム(ASD)では、入ってくる音を全部ひろってしまうために
人の声などが聞こえにくくなると言われます。

いや、こういうことが起きているのは、知りませんでした。
これでは、相手が言っていることを受け止めること自体、難しくなりますね。
で、聞き間違いも多くなります。
コミュニケーション・トラブルも多くなってしまいますね。

初めて知りました。
で、こうしたことを知っていると、自閉症スペクトラム傾向のある方との
対応の仕方とかがわかります。
「なんだ?」と違和感だけが先行する、失礼な対応を取らずに済みます。

自閉症スペクトラム(ASD)の特徴

あと自閉症スペクトラム(ASD)の特徴もあげられています。

◎自閉症スペクトラム(ASD)
•嫌な出来事のフラッシュバック
•変化に過敏,音・触感・強い光に過敏
•言い聞かされたことの理解が悪い
•まばたきが少ない
•服装がシンプル
•聞かれたこと以外をよく喋る
•不適切な敬語や独特の言い回し
•会話の流れに関係なく話そうとする

◎要はどう理解したらいいのか?
•「空気(人のご機嫌)は読めないけど…,
•音や触感,光に過敏だけど…,
•基本的には人が良くて(騙されやすくて)…,
•自分の“課題(タスク)”と思ったら妙に粘り強くて…,
•社交的じゃないくせに寂しがり」
•Cさんは,悪気は全くありません。
•自分の話に他の人が関心がないと気づけないのです。
•自閉症スペクトラムの人は,「人の関心やご機嫌」をキャッチできない世界に
 生きているのです。

なるほど。
これを見ると、いろいろと学びになりますね。

確かにこうした傾向の方はいらっしゃいます。
それで、ちょっと合点したものがあります。

ただ、こうした傾向は、健常者(定型発達)と言われている人にもありますからね。
「どこが分岐点なのか」ということになるんだと思います。

エネルギーで分析する自閉症スペクトラム(ASD)

思うに、心のベクトルが、狭く、細く、内向きになっているんでしょう。
また慈悲・ハートがうまく機能していなく、知性に傾いています。
重たい波動の状態です。

このことは、心理学の世界で提唱されているかどうか知りませんが、
「心のエネルギーと性質」という観点がありませんと、
解明できないんじゃないかと思います。

どういうことか?
心には、エネルギーと、その方向性(ベクトル)と性質があります。

で、重たく、低い波動を発する心の状態が続き、
その心が収縮する感じで内向きにエネルギーが向かいながらも、
狭く、細くなると、自閉症スペクトラム(ASD)の状態になるはずです。
悪い意味での独り、孤独、共感性の無さが、まさに、この状態なんですね。

要は心のエネルギーの方向性と性質が形作っているってことです。

なので心の性質が変わり、心のエネルギーベクトルが変わると、
こうした状態は改善するんじゃないかと思います。

自閉症スペクトラム(ASD)の改善には天啓気療がおすすめ

手っ取り早い方法は、天啓気療を何度か受けることですね^^
実際、天啓気療を何度も受けて、自閉症、引きこもり、うつ病などが
改善しているケースが多いんですね。

もしもこうしたことでお悩みの方がいらっしゃれば、
天啓気療がおすすめですね。

きっと良い方向に進んでいくと思います。

◎天啓気療院の営業日など詳細スケジュール
http://www.tenkeikiryoin.jp/new_page_4.htm

◎天啓気療院北沢勇人 – YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCuom4_TOQ4NgCp75dvoMtRw/videos