Amazonのサクラレビューを見抜く「サクラチェッカー」

Amazonのサクラレビューを見抜く「サクラチェッカー」

通販サイトとしては巨大かつ定番となったAmazon。
 
しかし今では中華企業も多く入り込んで、粗悪な商品も出回るようになっているとか。サクラレビューで騙されて、「アマゾンで買って失敗したー!」という声も増えています。
 
ところが、そんなサクラレビューを見抜くサイトがあるといいます。それが
 
◆サクラチェッカー | やらせ サクラ評価 口コミが丸わかり
https://sakura-checker.jp/
 
こちらですね。
「サクラチェッカー」

で、「サクラチェッカー」を実際に使ってみました。ざっと使っただけの感想ですけどね。

でもどうなんでしょうか^^;
レビューを目視して「これちょっとヤバくね?」と分かるものが「危険」判定されているかのような。

これならツール使わなくても判断できます。

が、ツールを使うと、いちいち目視してチェックする必要がなくなりますね。

そういう意味で便利です。

サクラレビューで厄介なケース

ところでアマゾンで厄介なのは、関係者やライターが一般人のふりをしてヨイショ・レビューしている、まさに「サクラ」なんですよね。

こーゆーのは、なかなか見抜けません。
 
ワタクシ的には、低レベル評価をしているレビューが、真っ当な感じを受けるかどうか。これを品定めの目安にしています。
 
が、アマゾンは、タックスヘイブンを使ったり、日本に法人税を払わないことが長かったため、印象が悪く、何年も前から使用を控えています。

アマゾンは古書市場としては最大

もっとも「古書の購入」に使っています。何だかんだといってもアマゾンは、古書市場としては日本最大かつ最強ですからね。
 
ちなみに古書は、こちらも使用しています。
◆日本の古本屋
https://www.kosho.or.jp/

ネット通販の風向きも変わってきている

なおネット通販は「ヨドバシドットコム」か「楽天」を使っています。日本の企業のヨドバシには、陰ながら応援しています。負けるな「ヨドバシ」。
 
アマゾンは、サクラレビューの横行が酷くなり、もはや地雷源と化しているかのようです。そんな地雷探知機として、サクラチェッカーは多少なりとも役立つのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です