コロナで国会議員の給料2割削減がダメな理由と真実【藤井聡】

コロナで国会議員の給料2割削減がダメな理由と真実

2020年4月14日に、「国民に範を示す」ために、
自民党の森山裕と、立憲民主党の安住淳が、
「国会議員の給料を2割削減」とすることを表明しています。

で、議員立法化によって、今年の5月から1年間、実施するといいます。
⇒国会議員歳費、2割削減へ 5月から1年間「範を示す」

ところが、京都大学大学院教授の藤井聡さんは、
「待った!」をかけて異議を唱えています。

そもそも「国会議員は給料2割削減」でなく、
国民を救うために『財務省』と戦うべし!」と鋭く指摘。

あと、東日本大震災のときに、公務員の給与を削減した後、
復興増税を仕掛けています。

今回も同じで、国会議員の給与を20%カットした後に、
コロナ増税を仕掛ける懸念があるとしています。

コロナによって国会議員の給料2割削減という話しが出ていますが、
これがダメな理由と真実を藤井聡さんが解説しています。

藤井聡さんの詳しい説明は、こちらの動画にあります。
で、こちらの動画をみると「ごもっとも」。
説得力があります。

政治家は「給料20%減」でなく、国民を救うために「財務省」と戦うべし!
藤井聡(京都大学大学院教授)

とても示唆に富んだお話しですので、
以下に要点をまとめてみます。

国民に範を示すために国会議員の給与を20%カット?

自民党の森山裕さんが、
「議員の給料を20%カット」すると言っていた。
その理由は、
・国民が苦しんでいる。
・国会議員も国民を同じ気持ちにする必要がある。
・だから国会議員も20%カット。
・財務省が持っている財布(予算)にお金を戻す。寄付する。
・国民と苦しみを分かち合おう。
・国民が池で溺れているので、国会議員も一緒に溺れよう。

また立憲民主党の安住淳さんは、
・議員の給与をカットすることで国民に「範を示す」。
・国民に手本を示す。
・だからこそ議員の給料を20%カットする必要がある。
・国民が池で溺れているなら、国会議員も一緒に溺れるのが筋だ。

であるとか。
一見すると立派に見える言い分。

しかしこの言い分には「欺瞞」がある。
そもそも「おかしい」。

国民が苦しんでいるから議員も苦しむの理屈はおかしい

第一に、「国民が苦しんでいるから議員一緒にも苦しむ」
という理屈はおかしい。

国会議員の仕事は「国民の苦しみを解放する」こと。
つまり「お金を配る」こと。
国民がお金で苦しまないように働きかけることが、国会議員の仕事。
議員給与を20%カットして寄付するなんて、真逆。

国民に100兆円の現金を渡してから、議員の給与を寄付するならまだわかる。
国民の飢えを満たないで、一緒になって飢えようとするのはおかしい。
まず国民の飢えを満たすこと。
それが国会議員の仕事。

議員給与カットは偽善であり「おためごかし」

うがった見方に見えるかもしれない。
が、こういうのは典型的な「おためごかし」
偽善。

「おためごかし」とは、表面は、いかにも相手のためであるかのように偽って、
実際は自分の利益をはかること。
詐欺師。
「あなための為よといいながら、自分の利益を得る偽善」。
これを「おためごかし」という。

議員給与20%カットは、典型的な「おためごかし」。

所得ゼロになっている人がいる。
所得がゼロになっている国民がいるにも関わらず、
「苦しみをわかちあう」というのはおかしい。
「善人」ポーズ。

議員2割カットは国民を救わないという決意表明

議員2割カットは、国民を救わないという決意表明。
国民をもっといじめてやるという決意表明。

なぜなら、今の時点で「給与2割減」を表明することは、
これから国民がこれから苦しむことを前提にしているから。
だからこそ、議員の給料を20%カットと言う。

けれども、国民が苦しまないようにするというのが本来の筋。
しかし、「国民が苦しむこと」を前提にしている。
どう考えてもおかしい。

とゆーか、国会議員は「国民を救うこと」が仕事。
国民の利益になるように動くのが国会議員の仕事。
経世済民が仕事。

事実、欧米では国民にお金を配っている。
イギリスでは、飲食店に300万円を渡している。

貨幣観が間違っているから間違った政策をしてしまう

結局、国会議員のほとんどが間違った「貨幣観」を持っているから
おかしなことをしてしまう。

財務省が持っているお金は有限で、
そこからしか「お金を出せない」と思っている。

しかしこれこそ「商品貨幣論」
お金が金貨銀貨のようなモノで、有限とみなす貨幣観。
しかし、これが間違い。
この貨幣観こそが間違い。

貨幣とは「信用貨幣論」が正しい。
そもそも貨幣は「国家が供給しているもの」。

国家は通貨発行権がある。

しかも今はデフレ。
しかも、死にそうな人が目の前にいる状態。

この状況ではインフレになりようがない。
破綻リスクがあるといっても、今は死にそうな人を救うこと。

「将来、財政破綻するからお金を出さない」というの
人道的にいってもマズい。
見殺しにしてしまう。

まずは救うこと。
国民を救うこと。

日本が財政破綻しないことは財務省が明言している

実際は、財政破綻しない。
自国通貨建の通貨を発行している日本では、財政破綻は起き得ない。

そもそも財務省自身が、公式文書で、そのように言っている。
「日・米など先進国の自国通貨建て国債のデフォルトは考えられない」
と明言している。
このことは財務省のHPにも明記されている。
⇒財務省HP

ビートたけしと安住アナも「国債を発行すべき」とテレビで言っている

緊急事態な今、「国債を発行すべき」というのが筋。
事実、ビートたけしさんもテレビで言っている。
「お金を発行するとは、国債を発行することだろ。
だったら国家が貨幣を供給すべき。」

安住アナウンサーも同調して言っている。
「自分の通貨を自分で刷っていますので、何も問題がないんじゃないんですか。」

その通り。
今までは、こうした正論や正しいことを言えば、
財務省がテレビ局に怒ってきた。
説明に来た。
テレビ局は財務省にいじめられる。
なので既存メディアは、真実を言うことにためらいがある。
言えない。

けれども、コロナによってテレビ局も緊急事態。
背に腹を変えられない状態。
だからビートたけしさんは言えた(言わせることがでいた)。

「本当のお金の発行」については、一般のメディアでは隠蔽されている。
本当は、国家は必要な分をお金を供給できる。
国民に供給できる。
こういう事実を今回、ビートたけしさんや安住さんらはテレビで言った。
これはすごいこと。

まさに国会議員の範「としてやること」は、寄付することではない。
「お金を調達して国民に配ること」。

議員の給与2割削減は「コロナ増税」の布石

「議員の給与2割削減は増税の布石」ということ。

事実、東日本大地震のときに復興増税をした。
公務員の給料をカット。
その後「復興増税」を仕掛けた。

今回も「コロナ増税」の布石。
だから国会議員の「所得2割減」の提言。

やがて国家公務員の2割減。
地方公務員の2割減。
となって、国民から増税という流れになる。

麻生大臣は税金で全てをまかなおうとしている

国債を発行してお金を供給するということを言うのはタブーになっている
「お金を刷ってまかなう」というのはが何故かタブー。

で、「税金で全部やらないといかん」という
おかしな論理がまかり通っている。

しかしこれは言語道断。

EUは、3月下旬に財政規律は気にしないと発表。
なぜなら「コロナは戦争だから」。
戦争中では財政規律を撤廃しないと対応できない。
日本も財政規律を撤廃して、日本国民を守るべき。

松原議員が、麻生太郎に財政規律撤廃を進言。
しかし麻生太郎は「撤廃する気はない」と眼下に却下。

今は非常事態。
今、守るのは「財政規律」ではない。

今、守るのは「国民の生命と財産」。
そうして国家。

麻生太郎は、税収の範囲でなんとかしようとしている。
この考えが国会議員の多くに染みついている。
だから増税しないといかんと思っている。

で、増税しないといけないので、
その皮切りに「国会議員が給料20%カット」と言い出した。
「そうすれば国民も付いてくるだろう」と思っている。

彼らは「国民を甘えさせたらあかん」とも言っている。
勘違い甚だしい。
⇒コロナ経済対策が不十分な理由は政治家の甘えだった
⇒自民党幹部議員に見る高齢者の甘えの問題

国会議員は国債発行してお金を作るように働きかけるべし

議員の給与20%減は、典型的な「おためごかし」。
国民を助ける気持ちはない。
「増税していじめてやろう」と思っている。

恐慌になればGDP25%が無くなる。
国家全体で100兆円減る。
年収400万の人は300万になる。
そんなことになったら大変。

だから国会議員は、国家が国債を発行してお金を作るように
働きかけるべき。

国会議員は財務省が怖い

あと何故、国会議員は「自分の給料を2割返す」とか言っているのか。
国に「100兆円を出せ」という政治活動ができないのか。
これらのもう一つ理由がある。
※この話しは、こちらから始まります。

それは「財務省が怖い」から。
財務省がものすごく怒るから。
財務省を怒らせると、政治家一人など潰されてしまう。

主要な党の幹部は、財務省と結託している。
幹部に一杯いる。
だから昨年の消費税増税も行われた。

国会議員は、財務省に脅されて、嫌々やっている。
「党の幹部に怒られたらどうしよう」。
そうやって永田町と霞ヶ関には緊縮全体主義に染まっている。

恐怖政治。
財政規律を守るという恐ろしい状況下。
国会議員は財務省に恐怖している。

だから「国民」よりも財務省」の顔色をうかがう。
財務省に与している国会議員や政党幹部におもねってしまう。

国会議員が、これに刃向かうのはものすごい高いリスクがある。
怖い。
そんな怖いことをするんだったら、給与2割払っておいたほうがマシやな。
と思っている人が多い。

国会議員は保身に走るな!国民のために戦え!

しかし国会議員は、自分の立場とか立ち位置とか忘れなさい。
国が潰れそう、国民が死にそうなんだから。

国民を守るために、財務省と戦う。
党の幹部と戦う。
国民を守る仕事をしっかりとしていただきたい。

その仕事をしっかりとしていただいた上で、2割を寄付するなら
心から感謝申し上げます。

以上は藤井聡さんのお話しの要約です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です